ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【エデンズリッター 第2章外伝 煉獄の魔王バルベリト編】感想&紹介__エルフとのHシーンが圧倒的に足りない

  • プレイ時間 4時間
  • ジャンル  抜きゲ―・触手・陵辱
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 19回(うち4回はwaffle公式通販特典)
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20200627135422j:plain

目次

 

〇概要

ヒルデガルド覚醒(変身)

ルーティア洗脳→ゼノバイド(敵)の仲間に

 

〇よかったところ

ルーティアちゃんのHシーン

やはり本作でもルーティアちゃんが心のオアシスでした。

敗北H・耳責め

ヒルデガルドとの戦闘に負け、ゾンビ化したミレイユに耳責め&キスでエネルギーを吸われるシーン。ルーティアちゃんは基本優しい(弱い)ので、武力よりも話合いで解決したがる。このシーンでも、ゾンビ化したミレイユを倒せないわけでもないのに、かつての友を信じたいという純粋な気持ち(甘さ)によって、命の危険に晒されても改心してほしい気持ちで必死に言葉で説得しようとする。

f:id:isyky2858:20200627151826j:plain

結局エネルギーを吸い尽くされて鼻水垂らしながらアヘ顔で絶頂しちゃうんだけどね、そこが可愛い。やはり気の強い女がアヘる顔はエロい。ルーティアちゃんらしさが表れているHシーンでした。

f:id:isyky2858:20200627151910j:plain

 

洗脳H

新しいゼノバイド教団の奴に洗脳され、ボルロイ(2章でルーティアちゃんに脳改造を施したやつ)の愛人になる。このシーンの良いところは、かつて自分の処女を奪い脳を改造してきた憎き敵に対して、ルーティアちゃんが下品なガニ股で、ボルロイに対して服従宣言をしながら、アヘ顔をさらして絶頂するところである。洗脳されてからのルーティアちゃんの精神描写がないので明確には言えないけれども、さぞかし心の中では「私何しているの!?こんなやつになんで逆らえないの!くっ殺せ」みたいなことを思っていることでしょう。プライドの高い彼女にとってはかなりの屈辱、そこがエロい。

f:id:isyky2858:20200627170608j:plain

f:id:isyky2858:20200627170627j:plain

触手で耳責め+脳改造

公式通販特典のHシーン。仲間のエルフたちを人質に、ルーティアちゃんも奴隷になるための脳改造をされ、記憶=人格を失う

f:id:isyky2858:20200627171207j:plain
このシーンでも素晴らしいアヘ顔をさらしてくれており、奴隷・肉便器宣言をするところがエロい。前の彼女ならこんなことは言わないだろう、下品な言葉を言わせるのがポイント高い。

f:id:isyky2858:20200627171157j:plain

f:id:isyky2858:20200627171140j:plain

 

強制排卵・受精・分娩

公式通販特典のHシーン。家畜小屋のようなところで鎖につながれたルーティアちゃんがおらゆる男の子どもを産むマシーンとなる。ルーティアちゃんの出産シーンが見れるよ。魔物とかに種付けされて出産するシーン大好き。苗床エンドは変身モノにとっては定番だけどやはり外せない。ボルロイの脳改造によって、いつでも好きな時に排卵・受精・分娩させられるらしい、もうなんでもありかよ。

f:id:isyky2858:20200627171547j:plain

 

 

〇よくなかったところ

2章外伝≒2章の焼き増し

私はあまりシナリオを真面目に読んでおらず、かつエデンズリッターシリーズに求めているものは小難しいシナリオではなく、敗北Hと「くっ殺せ」みたいなわかりやすい展開派の人である。

2章エンディングから、私はヒルデガルドVSルーティアでエデンズリッター同士のかつて友だった者同士の、そしてお互いの正義がぶつかりあう熱い対決が2章外伝で描かれるのだろうと、勝手に妄想し期待していた。

f:id:isyky2858:20200627150212j:plain

しかし、ふたを開けてみればなんということだろう。たしかにそのような展開はあった。しかしやはりなんちゃってエデンズリッターである、われらがルーティアちゃんはあまりにも弱すぎてあっさりヒルデガルドに負け、私が妄想していたような場面はあっさりとしか描かれていなかったのだ。悲しい。

f:id:isyky2858:20200627150340j:plain

ヒルデガルドVSルーティアよりも濃く描かれていたのは、ヒルデガルドの精神葛藤と精神苦痛である。ヒルデガルドのHシーンはおおよそこれであり、シチュエーション的に圧倒的にエロ度合が不足している。結局自分の精神世界で自慰行為しているようなもんだし。

精神葛藤描写自体が悪いとは言わないが、それは2章で済ませておくべきだろう。ヒルデガルドの精神葛藤描写に決着がつく→世界を破滅させる流れと思っていたが、どうやら違ったようだ。つまり、2章外伝の意義とは、ヒルデガルドが世界を破滅させるところを描くのではなく、2章で整理しきれていなかったヒルデガルドの精神を描くことだったのだ。2章エンディングであれだけ「全世界の戦線布告!!」みたいな大層なことを言っておきながら。2章外伝でユーザーが求めているものではないと思うのだが。

f:id:isyky2858:20200627145503j:plain

2章エンディングに逆戻り

 

せっかく新しく出てきたエルフの新キャラ・・・

私は2章に出てくるキャラの中で、エルフの王であるルーティアちゃんが一番好きである。そして、2章外伝ではヒルデガルド率いるガルベリアVSルーティア率いるシルマリア(エルフの国)が色濃く描かれると妄想し大きな期待を抱いていた。わざわざエルフの新キャラを3人も出してくるんだから、そりゃみんな期待しちゃうでしょ。しかし、実際はエルフの国シルマリアが堕ちる過程はほぼ描かれず、ただ「シルマリアが堕ちた」という言葉で済ませられる始末。

f:id:isyky2858:20200627160553j:plain

また、肝心のエルフたちのHシーンは、堕ちる過程は描かれず、堕ちた後しか描かれない。崇高なエルフが堕ちるシーンが一番エロいのに。新キャラの扱いも雑であり、ルーティアちゃんが堕ちるための噛ませ犬みたいな感じだった。こんなに良いキャラしているのに残念で残念で仕方がない。

f:id:isyky2858:20200627153729j:plain

ちなみに新キャラエルフが絡むHシーンは合計2つしかない(3人もいるのに)。具体的な内容は、水車に磔にされて精液プールの中に入れられるやつと、耳コキである。水車磔精液プールのやつは既視感が強く(2章でも同じようなHシーンがあった)、他にアイディアなかったんかいとツッコミたくなるが、内容としてはまぁまぁ良い。2章ではルーティア1人で磔にされていたが、2章外伝ではエルフ姉妹の2人で磔にされていた。つまり、姉妹のうちどちらかが精液プールの中にいる間に、もう片方が精液プールの外にいる。このエルフ姉妹は仲が良い設定であるため、お互いをかばい合って、姉が外にいるときは、姉が妹を助けるために自分を精液プールの中に入れてほしいと、逆に妹が外にいるときは、妹が姉を助けるために自分を精液プールの中に入れてほしいと男たちに懇願する。お互いがお互いをかばい合う美しい姉妹愛を弄ぶ、卑劣なHシーンになっている。普通に生きてて思いつかないわこんなの(誉め言葉)。

f:id:isyky2858:20200627172804j:plain

f:id:isyky2858:20200627172817j:plain

 

 

〇総評

正直プレイしなくても3章の話に問題なくついていけるであろう程度の立ち位置にある作品(外伝とは本来そういったものだけど)。結局何も解決していないし、むしろ状況が悪くなっているまである。話を進めてほしい。ルーティア率いるシルマリアVSヒルデガルド率いるガルベリアの闘いの様子をもっと細かく描いてほしかった。私の期待値が高すぎただけかもしれないけど。公式通販特典がなければ買うべきではない。