ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【お姉さん先生】感想&紹介__クアトロPIZR

  • プレイ時間 8時間
  • ジャンル  抜きゲ―・姉・女教師・お姉さん
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 56回
  • Hアニメーション シーンの8割くらい
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190909001834j:plain

目次

 

〇概要

大学の先生と補習授業ついでにえっち。

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190909001149j:plain

パンスト破き騎乗位の1回のみアトリエかぐやにしてはかなり貴重なパンストキャラだったけど、描き方はあまりうまくない。パンストの艶というか脚にまとわりついている感じがぜんぜん伝わらない。女教師=パンストはもはや不変の方程式であり、もっとパンストが絡むえっちがあってもよかったのではないか。

 

〇智美(社会の先生)ルート

主人公が授業中に勃起しているところを見られてお仕置きとしてえっちな関係になる。共通ルートで数回えっちして主人公から告白して彼氏彼女の関係になった後、個別ルートでも数回えっちしておわりと本当にシナリオ展開もクソもない、いつものHTPライン。

f:id:isyky2858:20190909001426j:plain

からかっている時

智美さんは普段はクールでどちらかというと大人で冷めている雰囲気をだしておきながら、主人公に告白されてから「最初は童貞の主人公のことはからかい半分だったけど、えっちを重ねていくうちに主人公とのえっちがどんどん気に入って主人公のことが気になっていた、でも智美さんのほうが年上でしかも先生ということでなかなか本当の気持ちを言い出せずにいた」と胸の内を明かす。クールな顔しておきながら考えていることが可愛らしくてギャップ萌えでしたね

f:id:isyky2858:20190909001654j:plain

恋人になってからはそれまでは先生と生徒の上下関係やえっちで智美さんにリードしてもらう主人公という関係だったのに、恋人という対等な関係になったせいか、智美さんが甘えてくるようなシチュエーションもあり、年上のお姉さん彼女とのイチャラブえっちが楽しめた。

キスしながら騎乗位

f:id:isyky2858:20190909001459j:plain

教室でバック

f:id:isyky2858:20190909001542j:plain

全裸側位

f:id:isyky2858:20190909001739j:plain

智美さんのクールな性格と外見に似あうシチュエーションとして、ボンテ―ジ(?)を着ていたプレイが非常に映えていた。別にSMプレイとかするわけではなかったけど。

ボンテ―ジ服で主人公の身体に脚を絡ませてホールド

f:id:isyky2858:20190909001004j:plain

ボンテ―ジ服を着てPIZRフェラ

f:id:isyky2858:20190909001042j:plain

すっごい悪そうな顔してるのが好き。

ボンテ―ジ服で言葉責めされながら脚コキ

f:id:isyky2858:20190909001120j:plain

また下着が白のランジェリーでなおかつブラジャーとショーツが紐でつながっているという、なんともエロい下着を穿いているところがよかった。

f:id:isyky2858:20190908235901j:plain

 

〇愛子(国語の先生)ルート

ふわふわぽわぽわしているゆるふわビッチ感が漂うキャラ立ちがまず良い。「ぷんぷん!」とか「お手々」とか「えっちだーい好き♡」とか射精のことを「ぴゅっぴゅ」とか言っちゃう頭がゆるそうで天然はいっている。こういうキャラは男に好かれるけど女から徹底的に嫌われるタイプですね、自分は大好きです。

f:id:isyky2858:20190910000027j:plain

f:id:isyky2858:20190910000933j:plain

年上としての包容力の塊みたいなもんで年上に甘やかしてもらえる甘々なえっちシーンがよかった。えっちにも積極的でオープンなのでなお良い。

f:id:isyky2858:20190910002930j:plain

特にPIZRでの包容力が半端ない

社会の智美先生とは正反対で、主人公が告白して恋人の関係になっても主人公と先生の関係はあまり変わらない。それどころか、主人公が「恋人」や「好き」という言葉を使ってもまじめに受け取る様子がなく(主人公目線では)はぐらかしてきて、二人の関係性については終始ハッキリさせないところはキャラの性格とギャップがあった。国語の先生なのにあえて言葉で想いを伝えあったり、二人の「恋人」という関係性を言葉でハッキリさせないところは皮肉感があって面白い。

f:id:isyky2858:20190910002324j:plain

実際は智美先生と同様、主人公に遊びだと思われているのではないかと不安になっていたためだが、愛子先生のハッキリしない態度のせいで主人公も愛子先生が遊びなのではないかと不安になっている場面があってお互い様なところを見ると、やはり気持ちをはっきり言葉で伝えたり表現するというのは重要だと実感する。まぁ言葉を使わなくても二人の想いが通じあっているというのはロマンチックで好きだけど。

f:id:isyky2858:20190910002641j:plain

言葉はいらない、身体でつながればお互いの気持ちは伝わるから(?)

印象的だったのはとある事情でゴム手袋をして手コキされるシチュエーションを体験してから主人公がゴムフェティシズムに目覚めてしまい、愛子先生が身体にゴム紐を巻き付けて大事な部分だけを隠した、あまりにもえっちすぎる服装でえっちするシチュエーションが良すぎた。愛子先生は若干Mっ気があるため縛られていると見えなくもない服装だからキャラとしても相性抜群。

f:id:isyky2858:20190909235810j:plain

ゴム紐立ち絵

f:id:isyky2858:20190909235834j:plain

ゴム紐立ち絵、上半身ズーム

f:id:isyky2858:20190909235911j:plain

ゴム紐立ち絵、下半身ズーム
ゴム紐騎乗位

f:id:isyky2858:20190910002149j:plain

ゴム紐PIZR

f:id:isyky2858:20190910002227j:plain

キャラが好きだからだいたいのえっちシーンが気に入っている。

着衣フェラ

f:id:isyky2858:20190910001629j:plain

ただのフェラだけど存在感のあるお尻がたまらない。

全裸ま〇ぐり返し

f:id:isyky2858:20190910002539j:plain

胸に吸い付きながら騎乗位

f:id:isyky2858:20190910002732j:plain

主人公がお◯ぱいに埋もれるところとやはり存在感のあるお尻が好きすぎる。

筆おろし、女性器とえっちについてレクチャーしてくれる

f:id:isyky2858:20190910003005j:plain

 

〇まどか(音楽の先生、実姉)ルート

他人よりも距離感が近いけど恋人よりは距離感が遠い、姉弟独特の距離感がとれているキャラでした。個別ルートは弟が彼女なんてつくる気がなくなるくらいにお姉ちゃんが全部してあげる、という姉あるあるな内容であった。

f:id:isyky2858:20190911001323j:plain

f:id:isyky2858:20190910235254j:plain

f:id:isyky2858:20190910235424j:plain

他の先生で主人公が童貞卒業してしまったことを知って悲しむお姉ちゃんの顔がたまらない

えっちはもちろん、一緒に寝たり、一緒にお風呂入ったり、一緒に部屋でだらだらしたり、寂しいときや辛いときは甘やかしてくれたりと、本当にすべてしてくれるまどかお姉ちゃんはもはや先生という要素が死んでいるけれど姉としては良いキャラでした。最後はなんと主人公が専業主夫になってまどかお姉ちゃんに養われるまでに至るのには驚いた。

f:id:isyky2858:20190910235623j:plain

f:id:isyky2858:20190910235834j:plain

「望めば子どもだって孕んであげる」と発言していたけれど、結局妊娠せずに終わってしまったのは残念だった。

えっちシーンは愛子先生同様キャラが好きなのでだいたい気に入っている。他の先生たちと異なって主人公とまどか先生が一緒に寝ているため、朝えっちが印象的だった。

朝目覚ましフェラPIZRからの騎乗位

f:id:isyky2858:20190911001440j:plain

f:id:isyky2858:20190911000739j:plain

朝目覚まし騎乗位

f:id:isyky2858:20190911001721j:plain

そのほかお尻を強調した構図のえっちが多く拝見でき満足できました。

騎乗位

f:id:isyky2858:20190911001804j:plain

寝バック

f:id:isyky2858:20190911001833j:plain

甘やかしプレイとしては代表格の授乳手コキが良い

授乳手コキ

f:id:isyky2858:20190911001905j:plain

あとは音楽の先生という要素を活かしたプレイもなかなか。

ピアノに手をついた状態でバック

f:id:isyky2858:20190911001217j:plain

 

〇柚月(保健体育の先生)ルート

スポーツブラ(?)をしているスポーツウーマンで体育の先生だからえっちに対してサバサバした、女性としての魅力に欠けるようなキャラだろうなと思っていたら、主人公が告白し付き合ってからは意外にも恋人同士のらぶらぶえっちをして、えっちの時にはしおらしくなり普段とのギャップで可愛いキャラでした

f:id:isyky2858:20190912005136j:plain

キスしながら正常位

f:id:isyky2858:20190912011700j:plain

目覚まし騎乗位えっち

f:id:isyky2858:20190912011518j:plain

 普段は短小・包茎早漏の主人公よりも優位に立ちたいと思うあまり主人公のことをからかう傾向にある。しかし主人公が脇舐めをしたときにはこれまで経験したことのないえっちプレイだったらしく、恥ずかしがって女性らしく淫らに喘いでいる柚月先生が可愛い

脇舐めプレイ

f:id:isyky2858:20190912011718j:plain

主人公とのえっちが気持ちよくて主人公のち〇こが忘れられなくなり、職場(研究室)で机で角オナ&ペンを挿入するシーンも普段とのギャップで光っていた。自慰行為に耽っていたら主人公に見つかってしまい、主人公に見られながら自慰行為することに快感を覚えて「みちゃダメ」と恥ずかしながら潮ふきしちゃう柚月先生がまた可愛い

職場で角オナ&ペン挿入

f:id:isyky2858:20190912011542j:plain

また他の先生キャラに比べて唯一あなるえっちがあり優遇されている。

あなるえっちバック

f:id:isyky2858:20190912011637j:plain

保健の授業中に「妊娠」の項目について音読させながらPIZRして理論を学び、その後は実践として種付けえっちをして見事妊娠→ボテ腹えっちまでの流れは保健体育の先生というアドバンテージを活かせていてよかった。本作の中で唯一のボテ腹えっちがある、優遇されているキャラでした。

「妊娠」のページを音読させながらPIZR

f:id:isyky2858:20190912011618j:plain

ボテ腹えっち

f:id:isyky2858:20190912011601j:plain

 

〇ハーレムルート

科目「セ〇クス」として4人の先生の合同授業をする。主人公の早漏を治そうと試験と称して4人の先生に射精されまくる、5P祭り。何回えっちしても主人公の早漏は改善されず、早漏が治るまで追試と称してずっとえっちが続く、本作の中で一番生き生きしていた。

2人の先生に顔面騎乗位され、残り2人の先生にち〇こをま〇こで挟んでシゴかれるシチュ―エーションが5Pって感じがして最高でした。

f:id:isyky2858:20190912013244j:plain

f:id:isyky2858:20190912013255j:plain

あとは「クアトロPIZR」。ほかのアトリエかぐやHTPラインでもたびたび(というか毎回?)みるシチュエーションだが、8つのお◯ぱいが密集するシーンは圧巻、何回見てもインパクトありすぎ。

f:id:isyky2858:20190912013312j:plain

 

〇いつものアトリエかぐやHTPラインクオリティ

良いところ

  • 圧倒的な数と質の高さを誇るHアニメーション
  • 巨乳巨尻ウエスト細いナイスボディな年上お姉さんたち
  • 圧倒的PIZR力
  • 全ヒロインを並べたり複数の巨乳に挟まれて埋もれるハーレムエンド
  • 年上お姉さんたちの優しい筆おろし&えっちでリードされる

悪いところ

  • キャラの掘り下げが浅い

 

〇先生という設定の形骸化

そもそも大学の先生ってどうなのよ。高校の先生でいいだろうに。大学の先生は残念ながら先生という感じが全然しない。「このキャラは先生なんですよ」と言われないとぱっと見ではただのお姉さんにしか見えず先生とは認識できないキャラばかりである。先生という実感が少ないと、シナリオにおける教師と教え子の禁断の関係の部分がまったく共感できないデメリットが発生する。

f:id:isyky2858:20190912015314j:plain

f:id:isyky2858:20190912015333j:plain

アトリエかぐやHTPラインはいつものお姉さんゲ―に加えてプラスアルファで何か他の要素を追加する。たとえば「弟がテクノブレイクしちゃうから子作り」ではボテ腹えっちを、「お姉さん×SHUFFLE」では友達の姉・友達と入れ替わって弟のふりをするなどの追加要素がある。本作の「先生」という追加要素を活かしたえっちはかなり少ないことが残念だった。とはいっても先生じゃなければできないえっちが何かと言われるとわからないけど。

f:id:isyky2858:20190912015511j:plain

 

〇総評

いつものアトリエかぐやHTPラインのお姉さんゲ―。新しく何かが加わったかといえば何もない変わってない。我々が求めている女教師はこんなものではなかったはずなのだ・・・お姉さんという部分はよかった。