ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【ああっママになるっ!】感想&紹介__もう一度ママから産まれるしかない(??????)

  • プレイ時間 3時間
  • ジャンル  抜きゲ―・純愛・母親・お姉さん
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 12回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190331184601j:plain

目次

 

〇概要

上司をママにする。

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190331203205j:plain

えっちシーン2回、破きと脱がしでそれぞれ1回ずつ。ママモードのヒロインとのえっちがメインで仕事服でのえっちが少ないからパンストえっちも必然的に少なくなっているのが悲しい。

 

〇よかったところ

ヒロインがママ化していくにつれて主人公が赤ちゃん化していく

他人に頼ることがへたくそで毎日残業するストイックな性格の主人公を心配して、主人公の上司=ヒロインが主人公のワガママをなんでもきいてくれる存在「ママ」になって、主人公がつぶれないように癒してくれるのが大筋になる。

f:id:isyky2858:20190331202441j:plain

ヒロインは主人公より年上だが処女で交際経験もなく、最初は主人公に甘えさせることがなかなかできずに苦戦するが、えっちを重ねていくうちに主人公を甘やかさせるようになる。

f:id:isyky2858:20190331202512j:plain

それと同様に主人公も最初のぎこちなく羞恥心のあった甘えに比べて、ヒロインに甘えることに慣れてくる。意識をとばして自分がほんとに赤ちゃんになったかのように「バブバブ」言いながらえっちする。プレイの一環のフリではなく、ガチで赤ちゃんしている主人公がとても印象強い。

f:id:isyky2858:20190331203310j:plain

f:id:isyky2858:20190331203333j:plain

大人になると責任とか社会的立場が邪魔して羞恥心もプライドもあるから、なかなか他人に心から甘えるのは難しい。彼女彼氏はあくまで対等な関係であり、一方的な甘えやワガママを許すような関係ではない。実の母親に甘えようにも、いつまでも親離れしないわけにはいかないから遠慮が生まれる。

f:id:isyky2858:20190331202048j:plain

だからこそヒロインは「ママ」で、主人公は「赤ちゃん」という仮の役割を持ってロールプレイをすることで初めて甘えて甘やかせる関係になれるということなのだろう

会社のお偉いさんが普段はしっかりしてるのに、実は赤ちゃんプレイをするような人だった話と本質は同じだと思う。

f:id:isyky2858:20190331203403j:plain

母性カノジョ 子宮帰還

 

ヒロインのギャップ

本作の良い点はヒロインの普段(仕事)の姿からは甘やかしてくれるような人物に見えないところにある。仕事で厳しくキリッとしている人が、家だとえっちなことでもなんでも受け入れてくれて甘やかしてくれる人だというギャップが良い。ヒロインを独占している感じが好き

f:id:isyky2858:20190331203512j:plain

 

 

〇総評

もはや何言ってんのかわからない最高に頭悪い作品。公式HPのコンセプトは満たしていたからそれなりに満足なんだけど、ヒロインの首の長さと顎のとんがり度合がずっと気になって私はあまり集中できなかった。

f:id:isyky2858:20190331201555j:plain