ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【恋春アドレセンス】感想&紹介 _まるで炭酸飲料のような作品

  • プレイ時間 14時間
  • ジャンル  バカゲ―+キャラゲ―・純愛・妹
  • エロ度   ★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 38回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190220143945j:plain

目次

 

 

〇概要

変人ヒロインズと主人公が深夜テンションでひたすらボケてツッコむ(突っ込む)。

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190220144624p:plain

1キャラ2シーン。破きと脱ぎで各1回ずつ。できれば破く前の完全モードのパンスト茉莉ちゃんお尻をCGで見たかった。

 

〇よかった点

1)ボケとツッコミと下ネタ

本作がだいたいどんな感じかわかる台詞をいくつか紹介する。

f:id:isyky2858:20190220145236j:plain

九「ヘンタイと聞いてやってきた」

主人公「やってこなくていい」

千冬「兄さんが青姦中出しえっちをしたと聞いて飛んできた」

主人公「飛んでこなくていい」

茉莉「泉、ダメよあんなヘンタイの近く寄ったら!妊娠させられちゃうでしょ!」

f:id:isyky2858:20190220145544j:plain

_ドッジボールにて

泉「ふごへぁっ!?」

泉「ぼばおぁっ!?」

泉「ひぎぃぃっ!?」

瞬殺かと思いきや、意外と健闘。

すべて顔面で受け止めている。

f:id:isyky2858:20190220145938j:plain

_主人公とヒロインがキスしようとしたとき

主人公「くそう、オレのハジメテがおまんじゅうなどに妨害されるとは露ほども思ってなかった・・・」

叶衣「歯磨きしてくる?おまんじゅうの代わりにハーブミントの味がするようになるけど」

今日ほどおまんじゅうとハーブミントの歯磨き粉を恨んだことはない。

 

f:id:isyky2858:20190220150349j:plain

主人公「待て待て、今の言い方だとまるでオレが頭よくないように聞こえるぞ?」

茉莉「実際よくないじゃん。よくないっていうか、凡じゃん」

主人公「なにぃ!?このオレさまをよりもよって凡人扱いとはキサマ!円周率高めの顔しやがって!

茉莉「円周率高めの顔ってなによ!?一春こそ二次関数の比例定数小さめな顔してるじゃない!

主人公「オレはそんなに顎周りに肉はついていない!」

 

f:id:isyky2858:20190220150846j:plain

千冬「なにがホワイトクリスマスだ、このあとしっぽり兄さんとホワイトに染まっちゃうってか、あの淫乱ピンクめ」

 

f:id:isyky2858:20190220151116j:plain

茉莉「う~ん・・・うーん、うーん・・・うぅぅぅ~ん」

守祢「茉莉、公衆の面前で力まないでくれる?つられてこっちも肛門がゆるんじゃいそうだわ

茉莉「だれも力んではないからね!?ただちょっと、この問題が難しすぎるだけで・・・」

 

f:id:isyky2858:20190220151643j:plain

千冬「乙女はみな心に処女膜を張っているの

 

f:id:isyky2858:20190220151812j:plain

主人公「オマエがどんなに立派で褒められることをしても、その凡乳ですべて帳消しになってしまうんだ。悲しいことにな」

泉「な、なんだってぇー!?」

九「いちいちリアクションが大げさ」

泉「うっさい隠れ巨乳!

茉莉「全然隠してるようには見えないんだけど

 

f:id:isyky2858:20190220152216j:plain

茉莉「おっぱいぷにぷにされて怒らない女の子がいたら教えて欲しいわよ!」

主人公「いるぞ、ほれ」

千冬「いやん、兄さんのえっち」

茉莉「それは女の子じゃない、妹

ついに性別の枠組みを超えたなにかとなったうちの淫妹であった。

 

f:id:isyky2858:20190220152525j:plain

未優「わわっ、ひいちゃん見てください!ワンちゃんだち〇ちんしましたよ、ち〇ちん!

柊「ホントだー!ち〇ちんしてるー、ち〇ちん!

九「ち〇ぽこち〇ぽこ

叶衣「卑猥だねぇ」

主人公「卑猥だな」

 

f:id:isyky2858:20190220152941j:plain

 九「じゃじゃん!唐突ですがここで問題です。抜くのは簡単でハメるのが難しいものなーんだ?

茉莉「え?抜くのは簡単でハメるのが・・・う~ん、これってナゾナゾ?わかんない・・・」

九「正解は~おてぃ〇てぃー

 

f:id:isyky2858:20190220153508j:plain

九「先輩お姉さんの小粋な下ネタのひとつやふたつぐらい許せっくす!

主人公「お医者さん!頭のお医者さん呼んでぇー!うちのキューちゃんが無理のある下ネタを連呼するのー!」

泉「よーしよし、もう大丈夫!いずれ名医と呼ばれる予定のお医者さん志望のこのわたしが看てあげよう!まずはパンツを脱ごうか、ぐげへへへ!

九「やーん!」

 

f:id:isyky2858:20190220153908j:plain

叶衣「しょうがないなぁ。わたしがお股でずっと温めていたとっておきの名案を披露してしんぜよう・・・」

主人公「なんか、ぬるぬるしてそうだな

叶衣「ぬるぬるはしてないよ?ぬめぬめはしてるけど

ニュアンスの違いは問題じゃねぇんだよ。

 

f:id:isyky2858:20190220154433j:plain

主人公「よう、Eカップの人

茉莉「残念だけど先月付けでFカップの人に昇進しちゃったんだな、これが

主人公「な、なにィ!?じゃあオレはもう二度と茉莉ちゃんのことをEカップの人と揶揄できなくなるのか!ヤダ、そんなの寂しい!」

茉莉「大丈夫、そのうち縮むかもしれないし」

主人公「ヨレヨレの乳房になど興味はないわ、帰れ

 これらのようなボケとツッコミと下ネタ、つまり深夜テンションが共通ルートから個別ルートに入ってもずっっっっと続く。個別ルートに入っても同じテンションを維持できるのはある意味すごい。キャラゲーによるある朝起きてどうでもいいなんでもない日常をダラーと描写するよりは飽きを感じにくく退屈はしなかった

f:id:isyky2858:20190220163942j:plain

 

2)キャラに愛着がわく

個別ルートに入ってからも、基本的にヒロインみんなでワイワイやってるからみんな好きになれる。主人公と特定ヒロインのやり取りだけが面白いのではなく、どのヒロインとのやり取りでも面白いのはすごい

主人公のソウルメイトである泉とキューきゃんはすごい気に入った。もはや男友達だろ。

f:id:isyky2858:20190220165101j:plain

 

 

3)個別ルート

特にしんみりすることもクソシリアスもなく、共通ルートのテンションにちょっと恋愛要素を加えた程度の個別ルートだが、どのヒロインも可愛さは出ていた。共通ルートであまりにも変人でめちゃくちゃだから、こいつら個別ルートでちゃんといちゃいちゃするんだろうな?と疑心暗鬼だったが、しっかりいちゃいちゃしてて安心した。

f:id:isyky2858:20190220164649j:plain

特に自分的には珍しくピンク髪キャラの個別ルートが楽しめた

茉莉ちゃんルートでは、付き合いたてのメールやり取りが楽しく、メールを送るかいつ返信がくるかどきどきしながら悩んだ自分の青春時代を少し懐かしく感じた。恋愛は肉体関係のない付き合いたてが一番楽しい

f:id:isyky2858:20190220162139j:plain

未優ルートは、しょっぱなの告白を断ったところが面白かった。後輩ちゃんはしゃべりかたから最初から可愛かったけどね

f:id:isyky2858:20190220164800j:plain

 

4)カレンダー機能

バックログからのシーンジャンプより有能。セーブいらずってすごい。

f:id:isyky2858:20190220164909j:plain

 

 

〇よくなかった点

1)ひたすら同じテンション

いい点でもあげたけど悪い点でもある。どこぞのマンガタイムきららに載っているような作品レベルでストーリーにメリハリがない。だから長時間プレイしてるとどうしても飽きてくる。ずっとケチャップ味は飽きる。つまりそういうこと

f:id:isyky2858:20190220165029j:plain

疲れた時に一日30分程度コツコツプレイすればこの弱点は解消されるから、やり方さえ気をつければずっと楽しいけど。私はやり方を間違った

 

2)ヒロインへの暴言が酷い

茉莉ちゃんへのデブいじりが最後まで続いたことがまことに遺憾である。CGでぜんぜんデブってないしわけわからん。もはやいじめだろ。その他ヒロインへも主人公の口は本当に悪い。ちゃんと乙女として扱って。まぁ主人公の周りに男友達がいなかったせいなんだろうけど男子校にほうりこんでやりたいこの主人公

f:id:isyky2858:20190220165244j:plain

 

3)えっちシーンにまで同じテンションは・・・

ボケツッコミ下ネタはえっちシーンにまで及ぶ。えっちシーンで笑わせにきてどうするんや…ちゃんとらぶらぶえっちしろ。

f:id:isyky2858:20190220165547j:plain
 

 

〇総評

プレイしているその瞬間瞬間は楽しいけど、いざプレイし終わって思い返すとなにも残っていない、一瞬で消えてなくなっていく炭酸飲料の炭酸のような作品だった。

本作のシナリオライターの思考がどのようになっているか、私気になります!と思うレベルで、本当にボケツッコミ下ネタの深夜テンションで最後まで駆け抜けて、ある意味尊敬する

f:id:isyky2858:20190220165150j:plain

ただ、レベルが低いというか、下ネタ覚えたての小中学生のような会話ばかりで、これをわざわざエロゲーでやる必要なくね?と。別に高尚な文章が特別好きなわけではないし下ネタは好きだけど、やっぱり何か違う、そう感じる作品だった

引用したテキストを読んで面白いと思えればきっと楽しめるでしょう。

f:id:isyky2858:20190220164144j:plain

茉莉「なんかよくわからないけど、みんな楽しそうでなにより」

 この一言尽きる。