ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【捻くれモノの学園青春物語】感想&紹介 _青春ってなんだろう

  • プレイ時間 10時間
  • ジャンル  ???・純愛
  • エロ度   ★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 21回
  • バックログからのシーンジャンプあり

f:id:isyky2858:20190102222000j:plain

目次

 

 

〇概要

f:id:isyky2858:20190102222149j:plain

 

「立ち上がりなさい、非リア充。青春の始まりよ 」

 

__雫

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190103004931p:plain

1キャラ4枠しかえっちシーンが与えられていないが、その4シーンのうち2シーン該当した。どちらも破き。パンストは前作より描き込みがよくなってると思う。着エロにこだわりのあるりびどーそふと、信じていたぞ。

 

〇よかった点

1)キャラがかわいい

タイトルの副題「俺と彼女の裏表」から、本作はおそらく、キャラの2面性=ギャップによるかわいさ、を表現したかったのだと考えられるぐらい、キャラ作りはよくできていた

f:id:isyky2858:20190103001724j:plain

ヒロイン5人とも好きだけど、特にいいなと感じたキャラは、さやかと雫

さやかは、スケッチブックによる筆談でしかコミュニケーションとれないレベルのガチのコミュ障である。しかし、この筆談が楽しい。さやかがスケッチブックを提示してるときに、さやかの口元が隠れるのだが、スケッチブックに隠れた口がどんな感情を表現しているのか、非常に気になって仕方なかった。イマジネーションが捗るね。

f:id:isyky2858:20190103001843j:plain

無口だけど、よく笑うし、頑張って会話しようとするときの一生懸命さがとても好きだ。ヒロインの中で一番素直で、守護(まも)りたくなる。

f:id:isyky2858:20190103001915j:plain

ただ、さやかは、理事長ルートにおいて、主人公に告白し、振られる場面がある。こんな場面があるのはなぜかさやかだけ。さやかだけ負けヒロインにするのやめてください。彼女だけ背負っているもの重くしちゃうし、さやかに優しくしてあげてください

f:id:isyky2858:20190103002057j:plain

次に、雫は、主人公のことを常にストーキングするようなグルグル眼鏡ロングスカート三つ編みの地味娘で、他人にすぐ突っかかるような残念系幼馴染だ。

f:id:isyky2858:20190103002239j:plain

しかし、主人公のことをストーキングするのは、主人公への愛が重すぎるからで、グルグル眼鏡ロングスカートさらし巻なのは、変な男を寄せ付けないようにするためで、そうするに主人公のことめちゃくちゃ愛してるってこと。愛の重いヒロインは大好きよ

f:id:isyky2858:20190103002357j:plain

雫は、眼鏡外して、髪おろして、おしゃれしたときのギャップが本当に大きくて、印象的すぎて、もう好き。姉っぽい。

f:id:isyky2858:20190103002442j:plain

f:id:isyky2858:20190103002520j:plain

f:id:isyky2858:20190103002825j:plain

最初は「俺ガイル」を意識しすぎだろと若干引き気味だったけど、進めていくと案外異なるキャラ像になっていて安心した。

 

2)ミニゲーム要素

最初はめんどくさいだろうなと思ったけど、マップ移動・裏暴きモード・期末テストと、どれも想像より楽しめた。公式が「ちょっと遊べる」と銘打つだけのことはある。

f:id:isyky2858:20190102225320j:plain

マップ移動

f:id:isyky2858:20190102225401j:plain

このカットイン好き

 

3)心に残る台詞

f:id:isyky2858:20190102230038j:plain

誇ります

f:id:isyky2858:20190102230238j:plain

素数が好きになった

f:id:isyky2858:20190102230446j:plain

本作品が一番言いたいことだと思う

f:id:isyky2858:20190102230711j:plain

言いたいことその2。自分も高校生くらいまではこのことに気づいてなかったなぁ

 

4)着エロオンリー

前作に引き続き、全裸えっちなし。うーん、神!w

 

〇よくなかった点

1)キャラゲーなの?シナリオゲーなの?抜きゲ―なの?

ジャンルが定まらなさすぎてる

キャラゲーとしてみるなら、キャラ作りはいいけど、肝心の個別ルートでみんなかわいさを引き出せてない内容であり、イチャラブが足りない

f:id:isyky2858:20190103002740j:plain

シナリオゲ―としてみるなら、個別ルート間で、内容の共通性がない。あるルートでは陽キャ陽キャなりに苦労してる、陰キャは努力してないだけだと陰キャ否定し、あるルートでは、陰キャ陰キャなりでええんやと陰キャ肯定してくる結局全体を通して何がいいたかったのかよくわからない、という印象が強く残る

f:id:isyky2858:20190103002906j:plain

そして、なにより物語中で頻繁に出現する「青春する」という言葉。これが非常に曖昧で、具体的に何を指すのかわからない。恋をするだけが青春とは安直に考えにくい。

f:id:isyky2858:20190103003037j:plain

抜きゲ―としては、シーン数が少ない。

 

2)王道なえっちシーンが少ない

ベッドの上で初えっちで、えっちのあとはその余韻でピロ―トーク💛なんて展開は皆無。いきなり青姦だし、青姦多いし、えっちするたびにヒロインおしっこする、あと自慰行為見せつけるシーン多すぎ。安心してみていられるえっちシーンが少なかった。別におしっこと青姦が嫌いなわけではないけど、最初はベッドでやろうな?

 f:id:isyky2858:20190103004906j:plain

 

3)捻くれ・・・???

間違いなく「俺ガイル」を意識している本作だが、主人公だけは、明らかにトレースできていない渡航の描く主人公「比企谷八幡」はこんなんじゃない。

本作の主人公の捻くれは、捻ってすらいない。ただのネガティブで、臆病なやつ。こいつの捻くれはなんか違う。

f:id:isyky2858:20190103003210j:plain

自分は最底辺じゃねーしとかいって、他の陰キャを見下す、そんな器の小さいことを「比企谷八幡」はやらない。彼は他人を見下すけど、努力してるし、何より自分が最底辺だと自覚できている。

f:id:isyky2858:20190103003318j:plain

主人公以外のキャラをトレースしたなら、主人公もちゃんとトレースしろよ・・・

ホントは捻くれについていろいろ書こうかなと思ってたけど、書いてたら自分で何言ってるかわけわかんなくなったから省いた

 

 

〇総評

素材はいい(パクリ)だけど、活かしきれてなかった印象が強く残る作品。要所要所はいい場面があったけど、全体としてみると、やはり退屈で、完成度が高くない。別につまらないわけではないんだけど、前作のようなインパクトも、温かさもない

f:id:isyky2858:20190103005201j:plain

さくやだけピロ―トークあるとか優遇されてんなぁ

りびどーそふとさんにフルプライスは合わないから、前作同様、ミドルプライスで、ヒロイン数を3人程度に絞って、姉ゲ―つくってればいいと思うよ

f:id:isyky2858:20190103003629j:plain

なんだこれかっこいいな

 

補足

プレイしてるときに暇だったから、ゲロインたる朔夜が、本編中に何回ゲロったか数えたら、13回だった。いうほどゲロってないな

f:id:isyky2858:20190103005513j:plain