ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【部下の妻と妹を寝取る上司】感想&紹介__「他人から女を奪うのに、何か理由が必要なのかね?」(本編より)

  • プレイ時間 3時間
  • ジャンル  抜きゲ―・寝取り・人妻・妹
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 24回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190812222233j:plain

目次

 

〇概要

部下の妻と妹を脅して寝取って孕ませる。

f:id:isyky2858:20190813001716j:plain

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190813001756j:plain

泥酔させてる状態で破きえっちの計1回。間男が狙っている人妻の夫の妹。OLのせいかパンスト装備らしい。だいたいのえっちではパンストぬいだ後からスタートが標準のためあまり期待はできない。あくまでおまけ程度にラッキー。

 

〇よかったところ

最初は脅されて仕方なく犯されるから脅されていることを言い訳にえっちに積極的になる

部下の人妻には言うこときかないと夫をクビにすると、部下の妹には兄=部下のことが一人の女として大好きであることをばらすと、主人公は両方ともまぁけっこう無理のある脅しをする。それらの内容は置いておいて、最初はヒロインたちは脅されて仕方なくえっちを受け入れていたのに、主人公の巨根によって快楽堕ちするようになって主人公とえっちする言い訳として脅されていることを使っているところがエロい。

f:id:isyky2858:20190812234234j:plain

要は身体と心は完全に主人公に堕ちているのに、部下の人妻なら一応人妻として夫以外とえっちしてはいけない体裁を守ろうとしたい気持ちはある、でもえっちによる快楽はほしいと相反していて、脅されているという理由なら夫以外とえっちしても仕方ないよね♪といった感じだろう。快楽には勝てない人妻好き。

f:id:isyky2858:20190813001654j:plain

妹ならば兄を好きな気持ちは変わらないはずなのに主人公とのえっちの快楽に負けていることを認めたくないから言い訳しているところだろう。

 

ゴムに穴をあける

人妻さんルートのほうで主人公が人妻さんと初挿入するシーンがあるのだが、そこではまだ人妻さんはあまり快楽堕ちしていなくて当然挿入を拒む。しかし抜きゲ―あるあるの「ゴムをしていれば浮気としてはノーカン」理論が発動し、主人公はゴムをするから大丈夫という謎理論で人妻さんを言いくるめて、ついでに人妻さんもそれまでに前戯で散々感じさせられていたため、ゴムありならまぁいいかなと許してしまう。

f:id:isyky2858:20190813001324j:plain

主人公の巨根が想像以上であっけなく感じさせられて、最後はゴムに開けられた穴を通し越して中出しさせられてしまう予想外の事態になんで?と困惑しつつも、中出しにまんざらでもなく気持ちよさそうにする人妻さんがよかった。その後は抜きゲ―あるある「1回中に出したら2回目も3回目も同じだよね」理論が発動し、ゴムなし生えっちの快楽に負けて何回も中出しされてしまうところもよかった。

f:id:isyky2858:20190813001354j:plain

 

夫とのデート中に間男とえっち

間男の命令で仕事で疲れている夫をデートに誘う人妻さん。しかしデートにいく電車の中で間男にお尻を痴漢されローターを仕込まれてしまう。

f:id:isyky2858:20190812225601j:plain

このむちむちお尻たまらん

人妻さんはローターを仕込まれた状態で夫とデートするも、もどかしい快楽を与えられて夫とのデートに集中しなくなってデートの間はひたすらイキたいことだけを考える。間男の命令とは言え、自分からデートに誘ったのにデート中に間男のことばかり考える人妻さんがえっちすぎる。

f:id:isyky2858:20190812225823j:plain

ついにもどかしい快楽に我慢できなくなった人妻さんは夫とのデート中に隙を見て間男とおちあって貪るように間男のち〇こを求めて淫れるところがシコい。デート中の夫を見捨ててまで快楽を選んでしまう点がポイント高い

f:id:isyky2858:20190813001419j:plain

f:id:isyky2858:20190812230235j:plain

 

 

夫が出張中に夫婦のベッドで間男とえっち

主人公は夫の上司だから自由に部下を出張に出せるところが強い。夫が人妻さんのために一生懸命働いている間に、乳首とクリにキャップをしている状態で、しかも夫婦のベッドで間男をえっちしてしまう、もう人妻ではなく快楽を求める一匹のメスになった構図が良い。

f:id:isyky2858:20190813001503j:plain

f:id:isyky2858:20190813001439j:plain

 

職場にデスクの下で人妻さんにフェラさせる

フェラだけならまだしもおしっこさせてるから、これはもうどう頑張っても匂いでバレるだろと常識的には突っ込みたいけど、夫が一生懸命働いている職場で人妻さんにフェラしてもらう優越感は大きい、人妻さんのほうからフェラさせてくださいとお願いしてくるからなおさら。

f:id:isyky2858:20190813001519j:plain

 

間男のち〇こを覚えさせた状態で夫とえっちさせる

これまた人妻さんルートで、間男が人妻さんを孕ませてから夫とえっちするように命令される。この段階ではまだ間男のこどもを孕んでしまったことに罪悪感を覚えているけれど、間男の巨根で快楽堕ちしている人妻さんにとって夫のち〇こは物足りなくなってしまう

f:id:isyky2858:20190813001547j:plain

より強い快楽を求めて激しいえっちをしていると、夫のほうから「おまえどうしてしまったんだ」と夫にひかれるシーンが強烈だった。また間男の調教によって肥大化してしまった乳首を夫にさらして「そんなに乳首大きかったっけ?」と突っ込まれるシーンも、お前が知らない間に別の男に調教されていたんだよと優越感に浸れて好き。

f:id:isyky2858:20190813001605j:plain

夫とのえっちの後に物足りなさを感じた人妻さんが完全に夫を見限って、より強い快楽を与えてくれる間男のところに通って「夫のち〇こではダメ」と言いながら間男のち〇こに完全に堕ちるシーンがシコい。

f:id:isyky2858:20190813001622j:plain

 

ローターを入れられた状態で接客させられる

部下の妹は人妻と違って間男に対して敵意むき出しで好戦的のため、あなる責めで屈服させていく流れになる。人妻さんはどちらかというと子宮責めがメイン。バレないように必死に快楽を我慢するところがえっち。パンスト装備をいう点もポイント高い

f:id:isyky2858:20190812232605j:plain

パンストえっちすぎる

あなる調教が進んでいくうちに好戦的な態度とあなるが共に緩くなって間男を睨まなくなる変化が良い。

f:id:isyky2858:20190813002408j:plain

 

兄と念願のえっちをするも開発された妹には物足りない

人妻さん同様、間男の調教がある程度進んだ状態で兄とえっちするように命令されるが、間男の巨根の快楽に堕ちている妹にとっては、好きでたまらなかった念願の兄とえっちが全然気持ちよくなくて満足できないことに気づかされる。その後は兄とのえっちの物足りなさを埋めるように貪るように間男とえっちするところがシコい。完全に間男に身体も心も堕ちたシーンである。

f:id:isyky2858:20190813002236j:plain

 

夫と電話しながら間男とえっち実況

寝取り寝取られでよくあるのはヒロインは間男とえっちしながら電話していて、夫や彼氏にえっちしていることがバレないように、感じているけど声を押し殺すシチュエーションである。対して、夫や彼氏に間男とのえっちを報告する際にはビデオや動画が多い気がする。つまり、電話で間男とえっちしていることを大々的に暴露するタイプは珍しい気がする。突然の寝取られ宣言に頭がついていけず、夫が心をやんでしまうのも仕方がない。動画やビデオとは異なり、夫目線では姿が見えない状態で間男とのえっちに喘ぐ妻の声だけが聞こえているところがまたいやらしい

f:id:isyky2858:20190813002307j:plain

 

 

〇総評

間男役の上司の考え方に共感できればハマる寝取りゲ―。ヒロインの夫を寝取られショックで植物状態まで追い込むほど間男が容赦ないところが特徴。安いからなんとなく買っただけで期待値が低かった分想像以上に楽しめた。

以下、間男の考え方。

f:id:isyky2858:20190812235750j:plain

「俺のことを嫌っている女が、無理やり犯されてるうちに甘えたような声でおねだりしはじめる姿なんて、何度拝んでも最高だ」

 

f:id:isyky2858:20190813000110j:plain

「他人の女を奪った方が、奪われた男の間抜け面が拝めて最高じゃないか」

 

f:id:isyky2858:20190813000306j:plain

結婚なんてしたら、自由に女を犯せなくなるっていうのに、したがる奴らの気がしれん