ユーキャンの憂鬱

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキャンの憂鬱

アニメ話を中心にマンガ、ノベルゲームなどを扱ってます キャラ中心の小並感満載、日記もたまに、I'm key信者

好きなアニメ③『School Days』

アニメ

こんにちは、ユーキャンです。

今回は好きなアニメシリーズについて書きます。

第3弾は『School Days』です!

f:id:isyky2858:20160830191023j:plain

※ネタバレは極力しません!

◼『School Days』とは?

オーバーフローという会社から発売された同名アダルトゲームを原作としたアニメです。
2007年に放送され、最終話は放送中止になったことでかなり有名でしょう。全12話。
主人公伊藤誠とメインヒロイン2人、桂言葉
西園寺世界を中心とした三角関係とその末路が
描かれています。
ジャンルは、恋愛、鬱、だと思います。
綺麗な恋愛を好む恋愛脳な人がこれを見るとかなりショックを受けるかと。


◼『School Days』の魅力

①鬱を加速させる濃いストーリー展開

全12話という短いストーリーですが、内容はかなり濃いです。一日1話ずつなんていう生半可な気持ちで見ると、12日間ひどい鬱に悩まされるかもしれません。(おおげさかもしれないけど)
1話を見ると、そんなに悪い印象はおそらく受けず、意外と普通です。しかし、問題はそれからの展開です。
楽しく和気藹々と書かれていた1話とは打ってかわって、2話ですでに雲行きが怪しくなります。
3、4話ではもうすでにアウトですw
それからはもうひたすら鬱が加速し、見ているだけで苦しくなります。
しかも、すごいのは話数が進めば進むほど鬱が濃くなることです。このアニメに救済処置は決してありません。ひたすら登場人物が負のスパイラルにはまっていくのです...


②まったく鬱感を漂わせないOP

youtu.be
一度みてみてください。

このOPからどうやってあんな鬱ストーリーになるんだよ!?

と思いたくなりますよ。

ストーリー展開もそうですが、とりあえずこの作品はギャップをよく使うんですね。
OPと本編とのギャップ、前半と後半の雰囲気のギャップ、初期主人公と最後の主人公のギャップ、
主人公の名前と行動のギャップ、などなどです。
このギャップが大きいからこそ、この作品が引き立つんでしょう。


③現実的?プラトニックラブ否定?綺麗な恋愛を否定する内容

世の中には美しすぎるほどの純愛作品は数多くあります。私の好きなアニメ『CLANNAD』だって純愛でしょう。私も純愛が好きな人で、この作品をみるまでは、純愛アニメばっかり漁ってました。
そんな私にとって『School Days』は恐ろしいほどの衝撃を私に与えました。
でも今思えばそれは必要な衝撃だったと思います。
現実はもっと生々しく、汚く、醜いですから。

例えば、好きな女性がいる。
あなたはその女性となにをしたいですか?
ただ見ているだけですか?
それはそれでいいかもしれませんが、人間の欲望って案外深く、大抵のひとが、その女性とお付き合いしてエロいことがしたい、と思うでしょう。
人間の三大欲求『性欲』は恐ろしいほどの強いんですよw(個人差ありますが)
School Days』の主人公伊藤誠もそんなことを思ったのです。普通のエロい男子です。
しかし、彼は一度女性の味(言い方汚い)を知ってから、その『性欲』を抑えられなくなってしまったんです。
無知だったころは、好きな女の子を見ているだけで満足。でも一度付き合ったら、もう見ているだけでは満足しません。手を繋ぎたいって思うはずです。そして女の子と手を繋げたら、もっと触れたいキスしたいって思います。そして最後は肉体関係を結びたいって思うわけです。
伊藤誠はこのように『性欲』に忠実に行動したのです。そして結果は...(´・ω・`)

人間の欲望(性欲)をこれでもかってくらい生々しく表現している部分が私にとっては大変衝撃的で、今ではこの作品を好きな理由です。


④様々なキャラがいるが、大抵共感できないけどかわいい子もいる(わけわからんw)

おそらく誰が見てもこのキャラ好きだ!と思う人は少ないだろうし、好意を寄せられるキャラはいません。
それはどのキャラもなにかしら歪んでいて、素直にかわいいとは言いづらいからでしょう。
しかし、私は好きなキャラいますけどね!

f:id:isyky2858:20160830202745j:plain

キャラについて少し紹介してある記事はこちら⬇
isyky2858.hatenablog.com


◼『School Days』をおすすめできるひと

鬱展開になれていて、かつ綺麗な恋愛やプラトニックラブにあきれていたひとなんかおすすめです。
逆に、綺麗な恋愛大好きなひとがみてもそれはそれでおもしろいかもしれませんがw
鬱展開にまったくなれていないひとは回れ右です。
けれど、いつかは必ず一度はみるべきです。


◼最後に

この作品は万人受けは絶対しませんが、間違いなく名作です。これほどまでにクズイキャラを産み出した作品を私は知りません。
メッセージ性はかなり強いので、視聴後に自分なりに考えてみるとおもしろいかもしれません。
しかし、わたしはもう2度とみたくない作品であります。でも、好きな作品です。


好きなアニメシリーズ
isyky2858.hatenablog.com

isyky2858.hatenablog.com

広告を非表示にする