ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【ばくあね2】感想&紹介__「女の子は好きな人に振り向いてもらう為だったら、いくらでも悪女になれるんだよ♪」

  • プレイ時間 11時間
  • ジャンル  抜きゲ―・姉・お姉さん・純愛
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★★
  • えっち回想 57回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190807135634j:plain

注。いつもより画像が多くてかなり重い

目次

 

〇概要

彼女との初えっちに失敗したトラウマを克服するために姉たちとえっちレッスン!

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190807182630j:plain

バニーガールコスプレパンスト破きハーレムえっちの計1回。姉たち3人でお尻をくっつけて中出し懇願とかエロすぎやろ。

 

 

〇よかったところ

真白お従姉ちゃんルート最高

主人公の従姉の真白お姉ちゃんはキャラも個別ルートも神過ぎて尊い。真白お姉ちゃんの魅力を挙げていく。

1つ目、主人公への愛が尋常じゃないくらい重い。主人公と小さい頃にした結婚の約束を20代後半(?)になった現在でもそれをずっと信じている純粋さが魅力的。ちゃんと主人公のために処女を守っていて、しかも主人公と結婚するまでは本番はしないと強く決めている

f:id:isyky2858:20190807145954j:plain

主人公が彼女持ちであるにも関わらず、めげることなくずっと主人公一筋に想い続けて、もし主人公とえっちする機会がきたときのため道具を使って主人公を満足させられるようにひたすらイメトレでえっちの練習する、まじで純粋すぎて惚れるわ。主人公が他の女を抱いているかもしれないのにメンタルすげぇ

f:id:isyky2858:20190807150459j:plain

f:id:isyky2858:20190807145623j:plain

2つ目、主人公と毎朝一緒に通学通勤しようとさりげなく主人公が家を出る時間に合わせようする健気さ。中高校生かよ!

f:id:isyky2858:20190807150321j:plain

3つ目、主人公が彼女持ちにも関わらず自分の重すぎる想いを我慢して、基本的に主人公の恋路を応援してくれている大人なところ。主人公から挿入を持ちかけてくるまではけっして真白お姉ちゃんから挿入はしないというように、しっかり主人公の彼女のことを配慮しているところが素晴らしい。ふつうなら寝取っちゃえって手を出すもんだけど、それだけちゃんと主人公に振り向いてほしい、本気の愛なのだという真剣さが伝わってくる。

f:id:isyky2858:20190807150533j:plain

f:id:isyky2858:20190807150720j:plain

4つ目、主人公のことを甘やかしてくれるし、主人公に甘えてくる両刀使い。甘やかしてくれる象徴としては授乳手コキが印象的で、「おっぱいに甘えていいんだよ」とささやいてくれるのが好きすぎる。またおっぱいで主人公を抱擁するシーンが最高の一言。

f:id:isyky2858:20190807150835j:plain

f:id:isyky2858:20190807151341j:plain

対照的に2〇歳とは思えないほど少女らしく主人公に駄々こねるシーンが印象的。主人公が真白お姉ちゃんのお願いを断ると「やだやだ」と駄々こねるシーンが普段の包容力あるお姉さんの雰囲気とのギャップでこれまた最高。大人の魅力いっぱいなのに少女のようなこどもらしさも残している、そんなお姉さんです。

f:id:isyky2858:20190807150418j:plain

そんなキャラについて恵まれている真白お姉ちゃんだが、個別ルートの内容も恵まれている。真白お姉ちゃんの魅力として、主人公の恋路を邪魔しない大人なところを挙げたが、ある日主人公とお風呂に入っているときの誤って主人公が真白お姉ちゃんに挿入してしまい処女が奪われる。

主人公と結婚するまでは決して挿入えっちしないと強く心に決めていたにも関わらず、その誓いを破ってしまい最初は「やめて抜いて」と心は抵抗するも、何回もシュミレーションして長年一途に想い続けた相手との挿入えっちが気持ちよくないわけがなくて、おまけに主人公の彼女のためにいままで我慢してきた想いが爆発してしまい、身体は主人公とのえっちを受け入れて淫れまくってしまう、心と身体のギャップがまた最高だった。

f:id:isyky2858:20190807151250j:plain

f:id:isyky2858:20190807151311j:plain

主人公は主人公の彼女との初えっち失敗のトラウマを克服するために真白お姉ちゃんにいろいろしてきてもらってきたわけだが、レッスンの成果が出て主人公との彼女のえっちに成功し主人公は幸せかと思いきや、真白お姉ちゃんのドスケベボディが忘れられず、かなり巨乳でかわいい大学の彼女がいながらも現在の彼女に何か物足りなさを感じる描写が大変良い。主人公が意識していなくても徐々に真白お姉ちゃんの魅力の虜になっている侵食感が心地良い

f:id:isyky2858:20190807145654j:plain

破瓜後は気持ちが吹っ切れて、真白お姉ちゃんの魅力で主人公をメロメロにし主人公の彼女から奪い取ると宣言、いままでの大人だった部分が弱くなり、一人の女として積極的に主人公を誘惑するようになった真白お姉ちゃんがまた最高にエロい。主人公はそんな真白お姉ちゃんと全力の誘惑に耐えて耐えて耐えまくるけど、身体のほうはほとんど負けていてあっけなく真白お姉ちゃんに欲情して射精させられてしまうところがシコい

f:id:isyky2858:20190807151426j:plain

f:id:isyky2858:20190807145911j:plain

真白お姉ちゃんと今の彼女で心が揺れ動くなか、主人公の彼女が2~3年留学することを告白し帰国するまで主人公に待っていてほしいと告白するのだが、そこで真白お姉ちゃんがぶちぎれて「主人公を奪う!」と主人公の彼女に宣戦布告をかますシーンが熱い。それに乗っかって主人公の彼女も「負けません!」と対抗してくるところがまた面白い。

f:id:isyky2858:20190807144127j:plain

負けフラグ

そして堕とすまでもう時間がないと悟った真白お姉ちゃんは主人公を堕とすための最後のチャンスが欲しいと主人公に頼んで最後のえっちをするのだが、主人公が彼女をふって真白お姉ちゃんと結婚すると認めるまで寸止めを繰り返して追い詰めるシーンがくっそシコい。真白お姉ちゃんのドスケベボディに負けちゃう主人公好きよ、こんなん勝てるわけないやん。

f:id:isyky2858:20190807151405j:plain

この最後のえっちシーンで真白お姉ちゃんに中出ししないと真白お姉ちゃんと結婚のハッピーエンドにたどり着けない構成からも真白お姉ちゃんというキャラに気合が入っていることがわかる。

f:id:isyky2858:20190807143930j:plain

一番好きなえっちシーンはお風呂で水着えっち。お尻が大変強調された構図がシコすぎる

f:id:isyky2858:20190807144619j:plain

また、もう一つのルートでは真白お姉ちゃんとのえっちレッスンの成果が発揮されず、彼女との2回目のえっちに失敗した主人公は母親のように甘やかしてくれる真白お姉ちゃんの母性に逃げてしまい、彼女がいながら真白お姉ちゃんとのえっちを続けてしまう、ちょっとバッドエンドっぽい

f:id:isyky2858:20190807143628j:plain

真白お姉ちゃんはあくまで主人公にとっての母親のような存在でしかなくて本当に心の底から一人の女として主人公に愛されているわけではないけれど、真白お姉ちゃんの主人公一筋な気持ちからやっぱり主人公を突き放すことはできないし、主人公とえっちできることはうれしいから関係をはっきりさせないままずるずると主人公と肉体関係を続けてしまう、そんな少し悲しい雰囲気のある終わり方が印象深い。

f:id:isyky2858:20190807143721j:plain

本当は一人の女としてちゃんと主人公に愛されたかっただろうに(´;ω;`)歪んだ関係でありながらも主人公のことを第一に考える真白お姉ちゃんの優しさが身に染みた

f:id:isyky2858:20190807143705j:plain

 

真白お姉ちゃんルートの名言

「あのね、女の子は好きな人に振り向いてもらう為だったら、いくらでも悪女になれるんだよ・・・♪」

f:id:isyky2858:20190807144240j:plain

この一言で【ばくあね2】という作品のすべてを表しているといっても過言ではない。

 

ダークホース・沙也加ルート

公式HPのキャラ紹介にすらなかったダークホースでありながらえっちシーンが4つもある優遇っぷり。ニュースキャスターの真白お姉ちゃん経由で主人公と知り合ったタレント女優さん。まったく期待してなかった分、個別ルートの強烈さ・沙也加さんの悪女っぷりのインパクトが大きい

f:id:isyky2858:20190807142807j:plain

沙也加さんが役作りのために主人公に手伝いをお願いするのだが、「彼女持ちの男との浮気」「姉と弟の恋愛」を要求してくる。最初は一緒にデート程度の軽い付き合いで主人公もそれぐらいならと思って油断していたけれど(彼女持ちなんだからダメだろ)、徐々に要求が過激になりついには沙也加さんの処女を奪うにまで至ってしまう

f:id:isyky2858:20190807143144j:plain

f:id:isyky2858:20190807143558j:plain

ずるずると流されてしまう彼女持ち主人公に少々イラつくけど、演技のためという名目とやはり有名な女優さんとえっちできるという誘惑に負けてしまったと思えば納得できる。

f:id:isyky2858:20190807143009j:plain

初えっち後は沙也加さんのほうが主人公とのえっちにメロメロになってしまい、いつものキリっとした態度から一片してただの発情した牝に豹変して主人公のち〇こを貪るようなるのがかなりシコい。

f:id:isyky2858:20190807143533j:plain

主人公をその気にさせるためにこっそり媚薬をしこんだりノーブラやえっちな水着で誘惑してきたりというような沙也加さんの悪女っぷりがグッド。

f:id:isyky2858:20190807142636j:plain

そんな沙也加さんの積極的な誘惑を影響を受け、気づいたら沙也加さんの虜になってしまい戸惑う主人公、もう沙也加さんなしでは生きていけないと気づき、彼女持ちながら沙也加さんとセフレ関係・共依存関係になって性欲に堕落していく二人が印象に残る。やっぱり欲望に負けちゃうエンドは良い。

f:id:isyky2858:20190807142843j:plain

 

最後まで近親相姦の悩んだ律香姉さんルート

勉強一筋でまったくエロ知識皆無だった律香姉さんが主人公とのえっちレッスンを通してエロが覚醒してしまうけれど、主人公は律香姉さんとのレッスンの成果で彼女との初えっちに成功して主人公が律香姉さんから離れてしまい、逆に律香姉さんのほうが欲求不満になって主人公を強く求めるようになってしまう。

f:id:isyky2858:20190807141806j:plain

主人公が彼女とのえっちになぜか満足できないと律香姉さんに相談すると、欲求不満と主人公への想いが爆発してしまい、えっちな下着で主人公を押し倒して中出しさせてしまうところがくっそエロい。律香姉さんは普段は真面目で凛々しいため主人公を求める発情した女に豹変するギャップがエロさを引き出している。

f:id:isyky2858:20190807141750j:plain

f:id:isyky2858:20190807140542j:plain

主人公を襲った後に冷静になった律香姉さんは真面目な性格から猛省して弟と距離を取ろうとして仕事に打ち込むも、身体を壊してしまう。このままでは律香姉さんが壊れてしまうと見かねた主人公が覚悟を決めて「律香姉さんを堕とす!!」と高らかに宣言すすところが熱くてかっこいい。普段は受け身の主人公だからこそ映える場面だ

f:id:isyky2858:20190807140644j:plain

しかし主人公とのえっちでいままで抑え込んでいた理性が崩壊し、逆に律香姉さんが主人公を堕とそうと、やっぱり主人公が受け身の構図に変わるところも面白い。

f:id:isyky2858:20190807140747j:plain

抑圧から解放された律香姉さんがエロ水着で「挿れて・・・」と主人公を誘惑してくるシーンが最高

f:id:isyky2858:20190807141902j:plain

理性が崩壊し主人公に積極的にアプローチするようになった律香姉さんだが、それでも弟と姉の近親相姦に悩み続ける。それは律香姉さんが弁護士という職業故なおさら深く考えるのだろう。

f:id:isyky2858:20190807140906j:plain

  • 結婚して子供を身籠っていて幸せそうにする友人と律香姉さんが会話するシーン
  • 律香姉さんの事務所に弟と姉のカップルが相談にくるシーン
  • 主人公と彼女が幸せそうに腕を組んで歩いているところを目撃し律香姉さんが落胆するシーン

以上の3つの描写から近親相姦の異常性・近親相姦に対する社会の冷たい目が表現され、結婚もこどもをつくることもできない近親相姦の辛さを感じ、姉として彼女持ちの弟を奪っていいのか、近親相姦にまじめに悩む律香姉さんが印象深い、ちゃんと近親相姦している作品は好き。

f:id:isyky2858:20190807140940j:plain

f:id:isyky2858:20190807141028j:plain

律香姉さんはくそ真面目だから、主人公の良き姉として良き母親代わりであろうとする理性がやはり最後まで捨てきれないところが魅力的。そんな律香姉さんの不安を吹き飛ばすかのように主人公からプロポーズされて、嬉しさのあまり泣きながらガチの子作りに貪る律香姉さんがくっそエロい

f:id:isyky2858:20190807141729j:plain

エピローグでは主人公と結ばれたことが周りから祝福され、本来タブーで決して望んではいけないと諦めていた主人公との子作りに成功し、本当にうれしそうに主人公とボテ腹えっちする律香姉さんがとてもよかった。ふつうのボテ腹えっち以上に深い気持ちがあるとわかる。

f:id:isyky2858:20190807141711j:plain

 

深蘭先輩ルート

主人公の彼女・深蘭先輩と挿入以外のえっちを重ねて初回のえっちの失敗トラウマを乗り越えようとする。えっちの内容が3人の姉とのえっちレッスンをしっかり活かせている点がよかった。真白お姉ちゃんとの授乳手コキの経験をいかした授乳パイズリ・律香姉さんとの玩具プレイの経験を活かしたロータープレイが該当する。

f:id:isyky2858:20190807135718j:plain

授乳

f:id:isyky2858:20190807135741j:plain

PIZR

f:id:isyky2858:20190807135802j:plain

ロータープレイ

また、主人公によくしてくれる姉たちに嫉妬心丸出しの深蘭先輩が可愛く、姉たちとえっちなレッスンをしていることがバレたら独占欲丸出しで主人公にお仕置きをしようとするところがまた良い。

f:id:isyky2858:20190807134517j:plain

f:id:isyky2858:20190807134636j:plain

f:id:isyky2858:20190807134122j:plain

f:id:isyky2858:20190807140231j:plain

挿入えっちが成功したあとはそれまでのおっとしした清楚系の雰囲気とは異なり、主人公に常時甘えてくるように、大学だろうが発情してえっちを求める、しかもえっちするたびに「孕ませて」とせがむほどドエロに変わってシコい

f:id:isyky2858:20190807134032j:plain

f:id:isyky2858:20190807135528j:plain

f:id:isyky2858:20190807135455j:plain

エピローグで主人公と結婚し、こどものCGが出てくることからメインヒロインの座をなんとか守れているようでなにより。ヒロインとのこどものCG大好き。

ただ、初回のえっちのトラウマを克服するために主人公は深蘭先輩をお姉ちゃんだと思いこんでえっちするようになったことが気になる。結局姉じゃないと興奮できない姉フェチ体質は克服できてないのね・・・まぁそれだけ主人公の姉たちの魅力は半端ないということでしょう。

 

もう和奏姉ぇなしでは生きていけなくなる依存ルート

主人公が姉たちのレッスンを終えて彼女とヨリを戻そうとしても和奏姉ぇはあきらめきれずに、主人公の彼女の変装をして主人公をだまし初えっちする。もう一つのルート同様かなり強引なところは好きになれない。

f:id:isyky2858:20190807201242j:plain

変装

しかし間違いとはいえ和奏姉ぇと初えっちを済ませた主人公は性欲が強くなってしまい、より強い満足を得ようと今の彼女とのえっちを過激するけれども、主人公の性欲に彼女がついていけなくて、他の姉ルート同様にやっぱり今の彼女にものたりなさを感じてしまう。最初に高いレベルの満足度を得てしまったから、満足度レベルを低くすることはできないのは仕方ない。そこまで計算して無理やりでも初えっちに持ち込んだ和奏姉ぇは悪女だけどそこが好き

f:id:isyky2858:20190807201356j:plain

まさにその通り

f:id:isyky2858:20190807201442j:plain

それで一度経験した和奏姉ぇとのえっちの快感が忘れられなくて、彼女との関係をつづけながら恋人でもない和奏姉ぇとのえっちにずるずると依存してしまう主人公がよかった。

f:id:isyky2858:20190807201826j:plain

刺していいと思います

 

 

〇よくなかったところ

和奏姉ぇルート

他のヒロインたちと異なり、主人公の彼女をまったく応援しないで主人公を奪うために主人公に猛烈なアプローチをする。主人公のためのえっちなレッスンをしない、自分勝手なところが少々腹立つ「ダーリン」って呼ぶヒロインにろくなやつおらん。

f:id:isyky2858:20190807175507j:plain

f:id:isyky2858:20190807174653j:plain

個別ルートではプロテニスプレイヤーである和奏姉ぇを支えるために主人公はアメリカにいくのだが、そこで和奏姉ぇにハメられて主人公の意志とは無関係にまんまと初挿入えっちさせられてしまうところも強引すぎるし、最初の「主人公から迫ってくるまでは挿入えっちはしない」誓いはどこにいってしまったのだろうか。

f:id:isyky2858:20190807175315j:plain

その後は、抜きゲ―でよくあるえっちをしたことでパフォーマンスが上がった現象が起こり、主人公と和奏姉ぇがテニスの試合に勝つために毎日えっちするようになって、気づいたら主人公は和奏姉ぇに身体に夢中になってしまったという結果に

f:id:isyky2858:20190807175335j:plain

最終的に和奏姉ぇのことは恋人としては好きになれないけど家族以上に大切で世界で一番好きな人というそれどんな人だよと突っ込みたくなる曖昧な終わり方がしてモヤっと。主人公の初えっちを失敗させた元凶のくせにあまり待遇がよくない。

f:id:isyky2858:20190807174442j:plain

まぁテニスの試合は抜きゲ―なのにしっかりCG使ってなぜか気合が入って描写されていたところは良かったけど。

f:id:isyky2858:20190807173854j:plain

キャラはあんまり好きになれなかったけど、えっちシーンは好きなやつが多くて逆にむかついたけどエロかったから満足できた。特にトレーニングウェアやテニスウェア等運動服でのえっちが映えていた。

f:id:isyky2858:20190807175537j:plain

テニスウェアえっち

f:id:isyky2858:20190807175632j:plain

水着尻コキ

f:id:isyky2858:20190807175654j:plain

レーニングウェアバック

f:id:isyky2858:20190807201919j:plain

テニスウェアえっちパート2

f:id:isyky2858:20190807201951j:plain

レーニングウェアバックパート2



〇総評

年上好きの私としてはドストライクすぎる作品でした。またどのキャラの魅力も高くて、真白お姉ちゃん>深蘭先輩≒沙也加さん≒律香姉さん>>>>(越えられない壁)>>>>和奏姉ぇ、の順番でほとんどキャラは大好き。本作は姉との近親相姦だけでなく、主人公が彼女持ちで浮気・不倫要素があるところがスパイスになっているところが良い味を出していた。

【ひとつまみ ~リラクゼーションシリーズ~】感想&紹介__優しい風俗の世界

  • プレイ時間 4時間
  • ジャンル  抜きゲ―・純愛・人妻
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 30回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190804191944j:plain

目次

 

〇概要

人妻風俗嬢と客の主人公が客と嬢の関係からプライベートで相思相愛になる。

 

〇パンスト

  • バニー×網タイツで太ももコキ

f:id:isyky2858:20190804215938j:plain

  • 競泳水着×パンストのふくらはぎコキ

f:id:isyky2858:20190804214211j:plain

  • スーツ×パンストの脚コキ

f:id:isyky2858:20190804220023j:plain

  • スーツ×パンスト破きのえっち

f:id:isyky2858:20190804220047j:plain

以上計4回ほどパンストを含むえっちシーンがある。やっぱりスーツとパンストの組み合わせを映えていて、パンストでふくらはぎコキはなかなか見ないえっちで新鮮だった。

 

〇よかったところ

客と嬢の関係から始まって徐々に惹かれ合う過程

仕事の疲れからミスが連発していた主人公は上司からストレス発散・癒しのために人妻風俗に誘われ、そこで2人の綺麗な人妻風俗嬢と出会う。最初は仕方なく行く程度だったが何回か風俗サービスを受けていくうちに、身体と心の相性がバッチリなせいか一人の女性として惹かれてしまい人妻風俗嬢にガチになってしまう

具体的な二人の変化の以下のようになる。

  • 最初のころは腕しかくまなかったのに恋人繋ぎするようになる

f:id:isyky2858:20190804212259j:plain

腕組

f:id:isyky2858:20190804212135j:plain

恋人繋ぎ
  • 最初はお互いの本当の名前を知らなかったのにお互いの名前を知るようになる

f:id:isyky2858:20190804212725j:plain

  • プライベートで一緒にお酒を飲むようになる

f:id:isyky2858:20190804212823j:plain

  • 日中でも時々会って一緒に食事をしたりお茶するようになる

f:id:isyky2858:20190804213142j:plain

  • お互いのプライベートの話(仕事や家族の話)を共有するようになる

f:id:isyky2858:20190804213052j:plain

  • 風俗関係なくお金を払わないでプライベートで人妻風俗嬢とえっちするようになる

f:id:isyky2858:20190804213358j:plain

しかし、人妻風俗嬢がよくしてくれるのはあくまで主人公が風俗の客であるからで、所詮はサービスの延長線上でしかないと弱気になってなかなかアタックできない主人公がよかった。ただの風俗嬢ならまだしも人妻ということがさらにヒロインのプライベートに踏み込みにくくさせているのが設定として面白い。

f:id:isyky2858:20190804213558j:plain

f:id:isyky2858:20190804213624j:plain

こんなこと言われればそりゃ勘違いしたくなるわ

 

主人公が一方的に癒されていたわけではなく人妻風俗嬢も主人公で癒されていた

風俗嬢というと本当はやりたくなくて嫌々やっていて、風俗でさらなる疲れを背負っているようにイメージがある。しかし本作の人妻風俗嬢はその逆で、風俗で主人公の相手をすることでヒロインが仕事や家事や夫のストレスを解消し癒されていて、逆に日常でストレスを溜めている。風俗の客の主人公が癒されることはもちろん、風俗嬢側も癒されているためお互いがお互いを必要として惹かれ合っていく、人妻で風俗嬢なのに純愛の雰囲気がとても心地よい

f:id:isyky2858:20190804215902j:plain

f:id:isyky2858:20190804213946j:plain

そして最初は主人公が癒されていくことを重点に置いて描写されえっちも基本ヒロイン攻めだったのに、二人の関係が進んでいくとヒロインのワケありが明らかになっていき、今度は客だった主人公が人妻風俗嬢を支えて癒す側に回り、えっちでも主人公が攻めになるというように、二人の立場が少し変化するところも面白い。

f:id:isyky2858:20190804215840j:plain

 

コスプレの豊富さ

警官、バニー、ナース、スーツ、競泳水着、エロ下着。ヒロインがプロの風俗嬢だから演技のほうもノリノリでやってくれてなかなかシコい。

f:id:isyky2858:20190804214517j:plain

f:id:isyky2858:20190804214540j:plain

f:id:isyky2858:20190804220136j:plain

f:id:isyky2858:20190804214637j:plain

f:id:isyky2858:20190804214340j:plain

 

挿入以外のえっちシーンでどこまでエロくできるか

人妻風俗嬢ということで挿入えっちはあまりできないようになっているようで、回想上で9/30ということからも挿入えっちの少なさが顕著にわかる。かといってエロくないわけではない。むしろ挿入シーンよりもそれ以外のえっちシーンのほうがエロいシチュもあるくらい。特にヒロインが主人公の身体を愛撫するシーンでは、CG差分を使ってヒロインが愛撫する主人公の身体部位を変えていることを表しており臨場感があってこだわりを感じる。

f:id:isyky2858:20190804214759j:plain

f:id:isyky2858:20190804214823j:plain

f:id:isyky2858:20190804214839j:plain

 

響子さんかわいい

エッチにさばさばしていて主人公を尻に敷く、スーツがよく似合う人妻風俗嬢の彼女だが、お酒に酔って主人公を誘ってくるときの表情が普段のシャキっとしてる時とギャップがあってシコい。さらに実はさみしがり屋というギャップがまた良い。頬を染めて「意識しちゃんだよね」なんて言われたら普段のギャップスリーアウトチェンジだわ。

f:id:isyky2858:20190804221033j:plain

f:id:isyky2858:20190804221006j:plain

f:id:isyky2858:20190804220927j:plain

f:id:isyky2858:20190804221410j:plain

おねだりとお尻がシコい


 

〇よくなかったところ

いずみさんルートの打ち切りエンドのような終わり方

いずみさんは失業してDVばかりしてくる夫の代わり人妻風俗嬢として働いている。夫のDVに関して主人公がなんとかしたいと悩むも、自分は所詮風俗の客でしかないわけで軽い気持ちで口をはさむべきではないと見守ることにする。ここまでいい。

f:id:isyky2858:20190804215117j:plain

しかし、ある日いずみさんが夫に捨てられ独りになってしまったことを機に、主人公が空いたいずみさんの心の隙間を埋めるために、それまで一度もやったことがない中出しえっちをしてめでたく主人公といずみさんが結ばれる。これはおこぼれを貰っている感じがして微妙

f:id:isyky2858:20190804214954j:plain

夫に捨てられて心が寂しいのでえっちしてくださいだと人妻要素をまったく活かせていない。人妻は夫がいるから成立するブランドであるから、人妻要素を活かすなら夫と一緒に住んでいる状況でヒロインと中出しえっちまでこぎつけてほしかった。なんか投げやりなえっちという感じがしてもったいない。

f:id:isyky2858:20190804215235j:plain

 

展開が早すぎる

コンセプトも設定もいいのにもったいない。ヒロイン目線で夫との日常生活の苦痛の描写、ヒロインが風俗嬢になったころの過去話、どうしてヒロインが主人公に惹かれるようになったのかをわかるようにいままで相手をしてきた無礼な風俗の客の描写等ヒロイン目線がとにかくほしい、まだまだ話を膨らませることは可能なのに。

 

 

〇総評

コンセプトは素晴らしいのに明らかにボリューム不足で残念な作品。ミドルプライスではなくロープライスだったら相応だった。OPムービーを作っている余裕があるならもう少しえっちシーンを多くしたり、より丁寧にキャラ描写して話を長くしてくれ。風俗嬢の部分は活かせていたが人妻要素を活かせておらず、下手すると人妻ではなくただの風俗嬢でもよかったと思える。原画がいいばっかりになおさらもったいない。もっと話を膨らませられる。

【対魔忍ユキカゼ2 Animation】感想&紹介__女子、三日会わざれば刮目して見よ

  • プレイ時間 11時間
  • ジャンル  抜きゲ―・寝取られ・姉・お姉さん
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 23回
  • Hアニメ―ション 平均して回想1つにつき1個
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190803181216j:plain

目次

 

〇概要

淫魔王と主人公の幼馴染ゆきかぜの母を追って学園に潜入していた姉と幼馴染が淫魔たちに寝取られる。

 

〇シナリオに関して

共通ルート

同シリーズ1においてヒロイン2人に埋めこまれたチップの製造元を突き止めるために主人公がとある学園に潜入して、その後に製造元を破壊するために追加で姉か幼馴染の対魔忍が学園に派遣されるまで。

主人公より先に潜入していた新キャラのベテラン対魔忍がとても良い。ベテラン対魔忍さんは突然現れたラバー女によって媚薬を注入され、仕方なく主人公とえっちすることになるのだが、主人公は童貞でしかも幼馴染の対魔忍と姉の対魔忍に想いを寄せているためなかなかベテラン対魔忍さんとのえっちを了承しない。

f:id:isyky2858:20190803192330j:plain

しかし、童貞であること、幼馴染と姉のことをバカにされ火が付き、「俺の女にする!!」という意気込みで犯しまくる。ベテラン対魔忍さんがイキまくって「やめて・・・」と懇願するなかでそれを無視して朝まで徹底的に犯すシチュがシコい。主人公はあまりそういうことやらなさそうなのに。

f:id:isyky2858:20190803203957j:plain

このベテラン対魔忍さんは普段は学園の教師として潜入し、童貞の主人公を身体で誘惑してからかうなど日常的には主人公より優位に立っているが、最初のえっちではその立場が逆転し主人公が完全優位になっているギャップがさらにエロさを引き立てている

f:id:isyky2858:20190803192422j:plain

最初のえっち後は主人公が「やりすぎた・・・」と頭を冷やすも、逆にベテラン対魔忍さんの方がその気になって主人公を誘惑し毎日えっちするようになる豹変ぷりもまた良い。主人公の気持ちは幼馴染や姉にありながら、快楽には勝てずにずるずるとベテラン対魔忍さんに流されていってしまうのも無理はない。

f:id:isyky2858:20190803193033j:plain

f:id:isyky2858:20190803193233j:plain

f:id:isyky2858:20190803193306j:plain

こんなえっちな下着と胸で迫られたら想い人が居てもそりゃ我慢できんわ

まぁこんな流されまくってえっちしちゃう主人公は幼馴染と姉が寝取られても文句言えない、自分がすでに浮気しまくってるから自業自得ではあるんだけど。

 

姉寝取られルート

学園に後からメイドとして潜入した姉が頭にチップを入れられ、メイドとして仕えている特待生(淫魔王)に寝取られる

f:id:isyky2858:20190803193639j:plain

主人公目線で姉が寝取られていく様子を見てから、次は姉目線で寝取られていく様子を見ることができる。主人公目線とヒロイン目線の分離は寝取られゲ―の王道をいっていて良い

f:id:isyky2858:20190803193826j:plain

主人公目線

f:id:isyky2858:20190803194704j:plain

ヒロイン目線

幼馴染ルートと異なって主人公と姉は頻繁に接触しているため、最初は快くえっちを受け入れてくれていた姉が不自然にえっちを拒むようになったり主の特待生(淫魔王)の味方をしたりえっちな下着を着るようになったりと、主人公目線で徐々に変わっていく様子がよい。

f:id:isyky2858:20190803193900j:plain

そして仲間だと思っていたベテラン対魔忍や姉がすでに洗脳されていて敵の手におちてしまったことが発覚した主人公目線のラストではインパクトが大きく、「なんで・・・?」と困惑する主人公が滑稽、そしてそんな主人公を「粗チン」などと罵倒する洗脳済ヒロインが強く印象に残る。

f:id:isyky2858:20190803193610j:plain

姉目線ではチップで理性をそぎ落とされながら間男のデカチンとテクに堕ちていく様子が描かれる。チップの効果でヒロインは基本間男に逆らえず従順になるしかないため、寝取られの過程もクソもないけど。

f:id:isyky2858:20190803204527j:plain

身体は即堕ちでも対魔忍ということで強靭な精神と主人公と愛し合っているという主人公への想いを糧に少ない理性で最後まで心は抵抗していたけれど、ベテラン対魔忍と主人公が毎日えっちしている浮気事実を姉が知ってしまい、姉の精神支柱が崩れて最後のわずかな理性が崩壊して間男に完堕ちする展開は共通ルートが活かしながら姉の心を完全にへしおっていて好き。正直チップなくても寝取れてる展開だと思うし、むしろチップが邪魔している。

f:id:isyky2858:20190803194800j:plain

f:id:isyky2858:20190803204324j:plain

またベテラン対魔忍と同様に姉もラバー女に媚薬を盛られて主人公とえっちすることになる展開があるのだが、実は間男の能力によって主人公は姉と初えっちしたと洗脳されていて、実際に媚薬を盛られた姉とえっちしたのは間男であり、主人公は一回も姉とえっちできていないところに主人公の完全敗北感が現れていて寝取られゲ―としてよくできている。

f:id:isyky2858:20190803204228j:plain

f:id:isyky2858:20190803204208j:plain

 

幼馴染寝取られルート

学園に後から特待生として潜入した幼馴染が頭にチップを入れられ、幼馴染に仕えている従者(淫魔)に開発され、主人公の親友(?)に寝取られる

f:id:isyky2858:20190803205236j:plain

こちらも姉寝取られルート同様の構成になっており、最初は主人公目線で幼馴染が寝取られていく様子を見てから、次は幼馴染目線で寝取られていく様子を見ることができるのは良い。

f:id:isyky2858:20190803205115j:plain

潜入していることを悟らせないように学園の方針に従っていたら学園主催の乱交パーティーに巻き込まれて快楽漬け・開発されてしまい、一日のうちに処女喪失→20人輪姦中出し→主人公の前で絶頂→媚薬漬け→アナル調教まで経験するという怒涛のスピードで身体と心が堕とされる

f:id:isyky2858:20190803210841j:plain

破瓜

f:id:isyky2858:20190803210926j:plain

主人公が近くにいながら他の男の精液を垂れ流してイク幼馴染

f:id:isyky2858:20190803211013j:plain

あなるえっち

同シリーズ1をやってないからわからないが、幼馴染と主人公はすでに付き合っているらしい。しかし学園にいる間は姉に比べて主人公との接点が少ないため、主人公目線で寝取られの経過を確認できない、というかほぼ1日で堕とされたようなもんだから経過もクソもないけど。後で間男が撮影した動画でようやく知れる程度。

f:id:isyky2858:20190803211117j:plain

姉ルート以上にチップに頼り、そのほかにクスリ・魔界産の乳首ピアス等不思議アイテムに頼りすぎている傾向があって少し萎える。 エロいからいいんだけどさ。

 

共通ルートではまったく寝取られで負けそうにない主人公

共通ルートにおいてベテラン対魔忍をえっちで自分の女に堕としている主人公の描写から、主人公は少なくとも牡として割と有能なことがわかる。主人公の自称では平均よりもち〇この長さが長いらしく、ヒロインたちをえっちで満足させられないわけではないだろう。

f:id:isyky2858:20190803204023j:plain

そんな寝取られそうにない強めの牡の主人公がさらに強い牡に負けるから面白い。最初からこいつ寝取られそうだなと思えるような弱い牡の主人公から寝取られても微妙なのです。

f:id:isyky2858:20190803204410j:plain

 

チップいらない

本編曰く、快楽漬けにしたところで完全に理性を崩壊させることは無理らしいので、理性を崩壊させるには洗脳するしかないと。洗脳されていることが自分からも他人からでもわからないというのは面白い設定だと思う。まぁ最後のほうでは対魔忍3人ともみんな自分がチップ埋め込まれていることに気づいているけどさ。

f:id:isyky2858:20190803204844j:plain

私はNoクスリ、No暴力、No催眠術の条件を満たす寝取られものが好きなので、催眠術と同じようなチップという洗脳は寝取られには合わないと思う

 

ゆきかぜの母親の堕ちる過程はどこ

主人公の幼馴染ゆきかぜの母親が敵に洗脳された状態で現れ主人公たちと戦う。ゆきかぜの母親のえっちシーンが一応あるのだが、そこではゆきかぜの母親は調教が進んでいるもののまだ敵に堕ちていなくて抗っているころのものであり、ゆきかぜの母親がどのようにして敵の手に堕とされたのかの過程がごっそり省かれている。それは同シリーズ3で詳しく描かれるのだと思うけど。自分が母親フェチなのでがっかりしただけ。

f:id:isyky2858:20190803203919j:plain

 

 

〇エロに関して

姉はメイド服かガーターベルトでのシチュが半分、もう半分は対魔忍服のシチュからなり、幼馴染に関しては制服など、学園に潜入しているせいか対魔忍服以外での服が多く着エロが充実していてうれしい。

f:id:isyky2858:20190803204638j:plain

ガーターベルト

f:id:isyky2858:20190803210343j:plain

制服

お尻を意識した構図が素晴らしく、特にベテラン対魔忍さんの肉つきの良い少し垂れたお尻がありえんほどシコい。残念ながらベテラン対魔忍さん専用のえっちシーンは共通ルートの1回しかないけど(´;ω;`)

f:id:isyky2858:20190803192144j:plain

f:id:isyky2858:20190803211219j:plain

姉は男1:女1のシチュが多めで、幼馴染は男複数:女1のシチュが多めとキャラごとにすみわけが出来ている

対魔忍シリーズでありながらアヘ顔は比較的弱め、そこまで過激で残虐で心を痛めるようなシチュもない異種姦もほぼなし、というようにエロはごく普通の抜きゲ―レベルを逸脱しない、尖った性癖を持っている人向けではなく一般性癖者向けとなっている。

Hアニメーションのクオリティはまずまず高めでありながら数が多いのがうれしい。射精の直前にならないと動かないけど、射精時の小刻みな震えの表現はよくできている。アニメーションなくても十分エロい。ただ、アニメーションするところではアニメーションしない場所に比べてCGの解像度やモザイクが粗くなり、一長一短なところはある。

 

 

〇総評

対魔忍モノというよりただの寝取られモノの色が強い。ロープライスでありながら大ボリューム、おそらくいままでやってきたロープラ作品の中で一番長い。各えっちシーンの密度が高くてお腹いっぱい、バトルシーンはCG差分を惜しむことなく使って盛り上がり、潜入しているシーンは敵がいつ出てくるかの緊張感があり、えっちシーン以外も楽しい。

f:id:isyky2858:20190803210505j:plain

ただ結局最後に淫魔王(ラスボス)を倒せずにエンド、同シリーズ3に続く!という終わり方はムカつく。早く3を発売してくれ。あと3ではベテラン対魔忍さんのえっちシーン+ゆきかぜの母親のえっちシーンが増えてほしい。

f:id:isyky2858:20190803190911j:plain

【さまぁ☆ソルト】感想&紹介__同人ゲームだと思ってなめてた

  • プレイ時間 6時間
  • ジャンル  抜きゲ―・寝取られ・人妻・母親
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 9回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190719210610j:plain

とても寝取られゲ―とは思えない爽やかなタイトル画面

目次

 

〇概要

都会に疲れて田舎に移り住んできた主人公が、田舎で人の優しさに触れて傷が癒えてきたかと思いきや、さらなる心の傷を負ってしまうお話。

 

〇よかったところ

寝取られ展開に入るまでの前座がしっかりしている

とある事情で上司ともめた結果、無職となり田舎に逃げてきた主人公が、田舎で出会った少年少女と触れ合うことと通じて、主人公の心の傷が癒えてくる過程が心温まる。これほんとに寝取られ展開になるのかと疑うレベルで、田舎のゆったりとした空気が画面から伝わり、ほっこりする

f:id:isyky2858:20190728193125j:plain

ここは寝取られには直接関係してこない部分であり、プレイしている当初は「早くえっちシーンこないかなぁ」とうずうずする。しかし、間接的には後の寝取られ展開の人間関係に関わってきて欠かせないことに気づくため、上手に作られていると感心した。

f:id:isyky2858:20190728193258j:plain

そして、なにより主人公の心の傷が癒えてきて、新しい目標と新しく共に歩みたいと思えるパートナーを見つけ、絶望から希望溢れる世界にかわったかと思った矢先に、ヒロインが間男(主人公がもめたかつての会社の上司)とえっちしていること・主人公以外の精子で妊娠していることが主人公目線で発覚し、主人公がさらに絶望に突き落とされる落差が非常に際立つ

f:id:isyky2858:20190728204411j:plain

f:id:isyky2858:20190728204246j:plain

寝取られには直接かかわってこない長い前座が、寝取られのインパクトはより大きくしている。

 

ウェブサイト

本作では、主人公がもめたかつての会社の上司を間男1、ヒロインの喫茶店を救う代わりに再婚を要求する地主おじさんを間男2、ヒロインの息子の友達である丸刈りショタを間男3とすると、計3人の間男が登場する。

f:id:isyky2858:20190728211045j:plain

ショタと会社の上司

間男1は、有能な部下である主人公が退職した責任を押し付けられ、退職させられたことを嫉み(厳密には少し違うけど)、自分がすべてを失い絶望している中で、逃げた主人公だけがのうのうと新しい目標や新しいパートナーといった希望を掴んでいくことが許せなくなり、主人公の大切なものを主人公が気づかないうちに穢して優越感に浸ろうと、ヒロインと寝取ろうとする。

f:id:isyky2858:20190728210725j:plain

その一環で、ヒロインとのえっちを撮影し、主人公がヒロインの喫茶店の経営を立て直そうと作り上げた、いわば主人公とヒロインの愛の結晶である喫茶店のウェブサイトに隠しページをつくってそこに写真を投稿する。徹底して主人公を貶す間男1の執着心はとても好き。

f:id:isyky2858:20190728194354j:plain

f:id:isyky2858:20190728194433j:plain

このウェブサイトは何がすごいかといえば、主人公目線でプライヤーが実際に触れる機会があることである。作成当初は当然隠しページなんてないけど、いつのまにか隠しページが生まれていて、それを主人公目線でプレイヤーも気づける構造がよくできている。

f:id:isyky2858:20190728210357j:plain

 

主人公の部屋の上の部屋でヒロインと間男がえっち

間男1は主人公の部屋の上の部屋に引っ越してきて、そこにヒロインを連れ込んでえっちする。主人公は部屋で新しく見つけた目標とパートナーのために必死に勉強しているなかで、主人公の上の部屋では間男1とヒロインが貪るようにえっちしているという激しいギャップの構図がエロ度を上げている。

f:id:isyky2858:20190728210137j:plain

となりの部屋とか、主人公が寝てる横でえっちは割と見かけるけれど、上の部屋というのは斬新だった。上の部屋でえっちすると、たとえヒロインが喘ぎ声を必死に我慢したとしても、ベットの軋みが下の主人公の部屋に確実に伝わってしまい、上で何をしているかバレてしまう。

f:id:isyky2858:20190728205441j:plain

つまり、主人公は上の部屋でえっちしていることは知れるけれど、まさかヒロインが上の部屋でえっちしているなんて露にも思わないでいる状態になる。間男1目線では、主人公に対する優越感を感じられ、寝取りとしてかなり興奮できるシチュエーションだった。

f:id:isyky2858:20190728205706j:plain

 

漫画風えっちシーン

普通のエロゲーのえっちシーンに飽きた人にはぜひやってほしい。

普通のエロゲーのえっちシーンでは、基本的に一つの回想シーンでCG2~3枚程度つかって体位を変更しながら、あとは差分で表現している感じになる。このことによって、文章とCGに間で齟齬が発生してしまうことがよくある

f:id:isyky2858:20190728204833j:plain

しかし、漫画風えっちシーンでは、一つのえっちシーンで惜しむことなくCGを投入し、テキストとCGが非常にマッチしている。例えば口から精液をふき取るとテキストに書いてあってもそれがCGで表されることは普通のエロゲーならまずない。そんなとこにCGを割くのはもったいないから。

f:id:isyky2858:20190728204527j:plain

そして、擬音文字もいい味を出していて、エロ度が格段に異なっている。漫画風えっちシーンの弊害として、えっちシーンが少々短めな気がしないでもないけれど、総合的に普通のエロゲーのえっちシーンになれて飽きてきた人としては、斬新かつ新鮮で大変楽しめた

f:id:isyky2858:20190728204721j:plain

 

背景画面を有効活用したえっちシーン

こういったえっちシーン以外の普通の会話シーンで使われている背景をそのままえっちシーンに使いことで、日常の中にエロを溶け込ませてそのギャップによりエロさが上がっている

f:id:isyky2858:20190728195840j:plain

f:id:isyky2858:20190728200047j:plain

f:id:isyky2858:20190728200255j:plain

 

寝取られ部分は意外とシンプル

前座が長く登場人物が割と多くてごちゃごちゃしている印象を受けるけれど、寝取られ部分に関してはストレートな展開になっていてわかりやすい。この部分だけ抽出しても十分楽しい。

f:id:isyky2858:20190728205235j:plain

要は未亡人ヒロインの喫茶店がつぶれそうで、その店はヒロインの夫の形見みたいなものだから絶対につぶしたくないと思い、地主さんに力を貸してもらおうとしたら、間男2が肉体関係を要求してきて、間男2とのえっちをネタに間男3や間男1に脅されてさらに肉体関係を要求されて、ヒロインが淫乱に開発されるというもの。

f:id:isyky2858:20190728194537j:plain

f:id:isyky2858:20190728195429j:plain

f:id:isyky2858:20190728195503j:plain

ヒロインの田舎の女たちは、もともと血筋の影響で淫乱気質があるとか男を誘惑するフェロモンをだすとかで、一回のえっちでヒロインはアヘアヘになってしまう。けれどそれはあくまで血筋によるものだから、心までは堕ちているわけではない。

f:id:isyky2858:20190728194636j:plain

とかいいつつ、段々と理性が薄れて、本能のまま性欲を解消しようとえっちに積極的に淫乱になっていく未亡人ヒロインは大変えっちだった。

f:id:isyky2858:20190728204921j:plain

 

寝取られが発覚して終わり、ではない

主人公がヒロインと間男2とえっちしているところに遭遇した後に、主人公はまた心に傷を負う。自分がこの田舎に逃げてきたせいで、結局また傷ついてしまった、自分のせいで他の人を不幸にしてしまったと自分を責める。しかし、ここで前座の部分が活きてくるからすごい

f:id:isyky2858:20190728193904j:plain

主人公がこの田舎で過ごしたことは無駄ではなかったと、ヒロインが別の男と結婚しようがそんなの関係なしにまたやり直せばいいではないかと、人との絆を勉強した主人公は気持ちの強さを手に入れて寝取られたショックから立ち上がる。

f:id:isyky2858:20190728193820j:plain

そして、ヒロインはいないものの、自分の夢を叶えて寝取られた別の女性と結婚(しかもその女性の告白を主人公は未亡人ヒロインのことが好きだからという理由でふっている)して主人公が幸せになる珍しい展開に驚いた。普通寝取られたらそれで世界の終わりだーとなってバッドエンド直行なのに

f:id:isyky2858:20190728193719j:plain

どうもこの主人公は別に未亡人ヒロインにそこまで惹かれていると感じられない。不謹慎かもしれないけど、未亡人ヒロインがとられたからじゃあ別の女にしよう、みたいに見える。まぁ恋愛なんてそんなもんか。

f:id:isyky2858:20190728200506j:plain

逆に、主人公以外の間男2と結婚したヒロインは、性欲が弱くなってしまった間男2に飽きて間男3のショタとえっちを貪るという、どうみてもバッドエンドにしか見えない展開がやるせない気持ちになる。主人公は幸せになったのになぁ。

f:id:isyky2858:20190728204311j:plain

 

〇よくなかったところ

ジャンルがいまいちつかめない

えっちシーンをみると寝取られゲ―といえるけれど、それ以外のストーリー展開を見ると、主人公や少年少女たちの成長ストーリーにも見える。そもそも主人公とヒロインの関係があまり濃くなく、むしろ田舎で掛け替えのない仲間となった少年少女たちのほうが関係が濃いまである。

f:id:isyky2858:20190728194138j:plain

 

ヒロインの心が堕ちる過程が雑

ヒロインの妊娠が判明してからもうどうでもよくなり、ヒロインはひたすら自身の性欲を解消するためにえっちに貪欲になるから、間男の裁量でヒロインの心まで堕としたわけではないことに少し物足りなさを感じた

f:id:isyky2858:20190728205059j:plain

 

 

〇総評

無駄なところがほとんどなく、細かい部分までこだわりを感じる良作。作品の雰囲気と人物描写がしっかりしていて、とても同人のクオリティとは思えない。ただえっちシーンに関しては大満足だったけど、未亡人ヒロインにもう少し重点をおいて描写してほしかった。あまりにも他の人物が濃すぎて肝心の未亡人ヒロインがなんか空気すぎる。

【痴漢電車2 新妻オトリ捜査官】感想&紹介__人妻というのは旦那さんが居て成立する一種のブランドなのですよ

  • プレイ時間 2時間
  • ジャンル  抜きゲ―・寝取られ・人妻
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 20回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190728001916j:plain

目次

 

前作↓

isyky2858.hatenablog.com

 

〇概要

人妻子持ちのヒロインが痴漢され、快楽に負けて、犯され、調教され、妻としてでも母としてでもなく牝として生きるようになる。

f:id:isyky2858:20190728003847j:plain

 

〇よかったところ

いちいち夫のち〇こと間男たちのち〇こを比べる人妻

人妻といえば夫に操をたてて、たとえ夫のち〇こよりも他の男たちのち〇こがどれだけ立派だったとしても、簡単には夫のち〇こと比べる発言をしないというのが人妻の鉄則だと思ってた。しかし、本作の人妻さんは最初に痴漢にあったときから物語の最後まで、毎回といっていいほど夫のち〇こと他の男たちのち〇こをしつこいくらい比べる

f:id:isyky2858:20190727235415j:plain

f:id:isyky2858:20190728001311j:plain

f:id:isyky2858:20190728002053j:plain

痴漢されて夫よりも逞しいち〇こを知る前までは、新婚で毎日夫と熱いえっちを繰り返して絶頂を迎え満足していた描写と合わさって、常に夫の存在をちらつかせて痴漢男たちによってヒロインが奪われていく実感がわいて良い

f:id:isyky2858:20190728003908j:plain

逞しいち〇こを経験した後に夫のち〇こを見て「平凡」と残念そうな顔で思うヒロインが好きすぎる。

f:id:isyky2858:20190728003502j:plain

 

ワード選択

夫のおちんちんを気持ち良くするのは家事、家庭の仕事
人妻というのは旦那さんが居て成立する一種のブランドなのですよ
排卵日が違づいたらブタとえっちして受精させて避妊する
苦痛は耐えられる、我慢できるもの。だが快楽は耐えられない、抗えないもの。
クイーフ音

 

前作とのつながり

前作で同じオトリ痴漢捜査官として活躍していたヒロインが登場する。前作のヒロインが失踪してしまったという知らせを受け、自分が寿退職したその空席を埋めるために前作ヒロインが働いてくれていたことに責任を感じて復職する流れは前作を活かしていて良い

f:id:isyky2858:20190728002909j:plain

そしてなんとか前作ヒロインと会えたと思ったら、快楽の虜に調教され痴漢男たちの仲間になっていた。ヒロインが夫と子供のために快楽に流されないように踏ん張ってたが、自分と同じような境遇の身近な人が快楽の虜になって幸せそうにしている様子を見て、自分も快楽に流されてもいいのではと背中を押す存在として前作ヒロインを登場させることも、前作を活かせていて良かった。

f:id:isyky2858:20190728003521j:plain

本作ヒロインは人妻のせいか、身体をほぼ即落ちだけど心は一応快楽に抗おうと、夫と息子のために妻と母であろうと最後のほうまで抵抗していたため、快楽堕ちする決定打に欠けていたわけである。先人がいるとなんとなく入っていきやすい空気はあると思う、この人がこうだからいいかなーみたいな。

f:id:isyky2858:20190728002741j:plain

また、前作のヒロインと並べられて犯される構図も良かった。

f:id:isyky2858:20190728002251j:plain

 

寝取られ展開

前作ヒロインと異なり、人妻という一つのブランドがつくだけでこうもえっちシーンが映えてくるとは。夫よりも大きくて逞しいち〇こに開発されて、夫とのえっちではイケなくなり欲求不満になっていくことは鉄板だけど良い。

f:id:isyky2858:20190728003818j:plain

f:id:isyky2858:20190727235751j:plain

完全に心まで堕ちると、間男に夫の粗チンを手コキするように言われるのだが、その時に夫の粗チンを罵倒するシーンがあって個人的にツボだった。

f:id:isyky2858:20190728003732j:plain

※夫に言っています

夫が寝ている上で、夫と愛し合っていたベッドの上で間男とのえっちシーンや、夫が仕事から帰ってくる通勤電車の中で、夫の前でヒロインと間男が種付けえっちはなかなかの背徳感で大好き。仕事終わりの疲れているときに自分の妻が他の男と種付けえっちしている様を、しかも電車の中で見せつけられる、なんてかわいそうな夫!!(シコシコ)

f:id:isyky2858:20190728001557j:plain

f:id:isyky2858:20190728002316j:plain

 

悲壮感がない

前作でも思ったことだけど、ヒロインが幸せそうだからこのシリーズが好きになれる。娼婦ルートでは快楽の虜になったヒロインが夫と息子を捨てて連日優秀なち〇こを貪るエンドになる、すなわち母と妻の自分を捨てて一匹の牝になることを選ぶわけだが、ヒロインは別に肉便器のように安く売りだされるわけではない

f:id:isyky2858:20190728000425j:plain

高い金でヒロインとえっちすることを買われて、自分は高い快楽を得られて多くのお金も得られる、社会のしがらみも面倒な価値観も背負う必要がない、しかも同じ価値観を共有できる仲間=前作のヒロインもいて独りではないというある種究極の幸せにたどりついた感じがする。

f:id:isyky2858:20190728002230j:plain

痴漢に遭う前のヒロインも確かに幸せだったかもしれない。しかし主婦と人妻という枷によって、良き母として良き妻として常にあらねばいけないと自分を縛りつけていたようにも見える。

f:id:isyky2858:20190727234415j:plain

 

〇よくなかったところ

システム面

  • テキストウィンドウの透過率を変更できない
  • 射精音がない

 

痴漢シーンにまったく臨場感がない

おそらくヒロインがすぐに痴漢に感じ始めることと、差分CGが少ないから痴漢によって徐々に服が乱れていくようなじっとり感がないからだと思われる。

f:id:isyky2858:20190728001941j:plain

 

 

〇総評

前作を活かしつつ前作よりもよくなっている。ヒロインに人妻というブランドをつけたこと、電車痴漢シーンの増加、マイナーなえっち(獣姦)の消滅、前作よりも展開のガバさの減少というように、私にとって良い方向にシフトできていた。身体即堕ち、痴漢シーンにまったく臨場感がなく映えていないことは相変わらずだけど。

※痴漢モノとしてはまったく面白くないです。