ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【母爛漫】感想&紹介 __交わる前から陥落は約束されている

  • プレイ時間 15時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★★
  • えっち回想 91回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190505003806j:plain

目次

 

〇概要

未亡人義母を堕とす。

f:id:isyky2858:20190505161528j:plain

 

〇シナリオに関して

未亡人義母が母から女へ

本作の目玉の部分でシナリオの中心にあたる。人斬りによって夫が謎の死をとげたという過去にずっと囚われ続ける義母は、夫の弟すなわち義弟によって心を壊されかけていた。その壊されかけの心を息子である主人公の愛で埋め尽くそうと、主人公は義母をえっちで堕とし、夫よりも自分のことをより好きになるように仕向けて、母から女に変えるのが大まかな流れ。ゲームシステムのせいでごちゃごちゃしてるけれど、シナリオはけっこうシンプルにストレート。

f:id:isyky2858:20190505154222j:plain

義母が女になるという構図は、同メーカー作品「は~とふるママン」の主人公和姦ルートとだいたい同じ。レベルアップしていくエロも同様で、最初は一緒に寝るとかお風呂に一緒に入る程度から始めて、キスから最後はゴムなし中出し子作りえっちまで到達する。この段階を踏んでいく様子は相変わらずよくできている。

f:id:isyky2858:20190505144830j:plain

主人公からのえっちの誘いを断ると、他の女性に頼むのではないかと義母が思ってしぶしぶ受け入れるパターンが多い。夫を失って、愛する息子にまでいなくなられたら精神的にきつい、未亡人の弱点ですね

f:id:isyky2858:20190505161134j:plain

f:id:isyky2858:20190505161454j:plain

そして、徐々に理性が削られていき息子とのえっちに関して緩くなって、母親から女にじわじわと変わっていく。最後に主人公の女と認める、すなわち主人公に堕ちるシーンは見ものである。

f:id:isyky2858:20190505161241j:plain

「は~とふるママン」 と決定的に異なる点は、義母が未亡人ということでしょう。愛する夫を忘れて他の男と愛し合うことが幸せなのか、それともいつまでも死んだ夫一筋が幸せなのか、非常に難しい問題である。病気等でちゃんとお別れをできたならすぐ立ち直って再婚できるけれど、お別れもできず急に人斬りに殺されたとなってはやはり心残りが大きい。そこが本作の面白いところなわけだけど。

 

義母の葛藤を具現化

義母の葛藤がわかりやすいように、義母の主人公への純粋な想いの結晶を羽華というキャラとして表したところが上手い

f:id:isyky2858:20190505152321j:plain

義母は夫を亡くしてから夫のところに逝きたい=死にたいと思っていたけれど、愛する息子を置いていくことも辛いと感じて葛藤した結果、羽華を生み出したという。すなわち、初期段階において、義母は夫への想いがつまっていて、羽華は主人公への想いがつまっている

f:id:isyky2858:20190505153809j:plain

f:id:isyky2858:20190505153826j:plain

義母が主人公の想いを受け入れると、羽華の存在は薄くなっていき、義母が主人公の想いを受け入れないと、羽華は存在は濃くなり、本体の義母と分離する。羽華がどういう状態かでヒロインが心の中で主人公の想いを受け入れているのかいないのかが視覚化されてすぐわかるところが良い

f:id:isyky2858:20190505153346j:plain

主人公は羽華とえっちすることでえっちのスキルを高めて、義母へのえっちの練習にするだけでなく、羽華に想いをぶつけることでそれが本体の義母にも影響を与え、間接的に夫への想いという理性と息子とはえっちできない倫理を薄めようとする

f:id:isyky2858:20190505145528j:plain

主人公が義母とえっちする前から、心の本体である羽華との事前えっちで、義母は主人公のことを潜在意識下では受け入れているから、えっちする前から勝ちは確定しているというある種チートみたいなもので緊張感は皆無。ここは好みが分かれると思う。

f:id:isyky2858:20190505152423j:plain

義母とのえっちで義母は主人公をリードしようとするけれど、羽華とのえっちで義母の身体の弱点を知り尽くし、えっちのスキルも上がっているため、「えっなにこの子上手い!!」みたいに義母が主人公のえっちスキルに驚き、主人公にいいようにされるシチュがエロい

f:id:isyky2858:20190505150424j:plain

f:id:isyky2858:20190505150538j:plain

羽華のせいで話がややこしくなってはいるものの、羽華がいることで大きい義母と小さい義母の、一人物で2倍おいしい要素が楽しめる。小さい義母によちよちされるシーンが特によかった。

f:id:isyky2858:20190505152805j:plain

f:id:isyky2858:20190505155421j:plain

 

先生

サブヒロインの一人で、めちゃくめちゃ強い軍人。人斬り(義母の夫を殺害した)を始末するために潜入調査し、主人公の通う大学の先生になって主人公に剣の稽古をしてくれる。

f:id:isyky2858:20190505142438j:plain

f:id:isyky2858:20190505152851j:plain

この先生がサブキャラにしとくにはもったいない良いキャラしている。最初はかなり強い腕前のせいか冷たい言動と態度を示し、主人公にも全然心を開かないのだが、人斬り退治のときに主人公に命がけで助けられると、主人公にかなりデレる

f:id:isyky2858:20190505152219j:plain

f:id:isyky2858:20190505151641j:plain

瀕死の主人公を助けるために特殊な力を使って主人公とのつながりができたためとか諸々の事情はあるけれど、強く気高い女性が「子供ほしい」とか「受精させて」とか「中出しして」とエロエロに主人公にねだるギャップがとにかく良い

f:id:isyky2858:20190505144922j:plain

最後は結局主人公とは結ばれずに(個別エンドなし)、主人公の子供を身ごもって主人公の愛人ポジションに収まってしまったのはもったいない。主人公が一度に義母と先生の二人を妊娠させてしまう優柔不断野郎なのが悪い。

f:id:isyky2858:20190505150854j:plain

本作は、寝取られこそないものの、主人公が義母一筋という発言をしておきながら、義母以外とも平気でえっちしてしまうところが気に入らなかった。個別で先生ルートつくればよかったものを。

 

ヒロイン完全独占寝取られなし

寝取ってきそうな男は何人かいるけれど、見事に撃退するところがいつものアリスソフトとは格が違う

  • 義母の義弟が、義母と主人公とのえっちを覗いて心にダメージを追う

f:id:isyky2858:20190505143519j:plain

  • 羽華に想いをよせる男の目の前で主人公と羽華がえっちしているところを見せつける(店のガラス越しで)

f:id:isyky2858:20190505143422j:plain

  • 義母に愛撫して焦らした状態にして、義母に色目を使うおじさんたちに接客させておじさんたちをムラムラさせて、接客後に義母と主人公がえっちし優越感に浸る

f:id:isyky2858:20190505151040j:plain

  • 義母を大学につれていったときにちょっと目を離したすきに男子大学生に囲まれた義母が手を出されていないか、建物の陰にかくれて主人公がすぐに義母の膣内を確認する

f:id:isyky2858:20190505155444j:plain

主人公が巨根かつ戦闘力に優れ、一度に複数の女を妊娠させる独占欲の塊ハーレム王気質なせいか、アリスソフトの人妻ゲ―としてはかなり珍しいヒロインを独占できる作品となっている。もう何もできずにただ指をくわえるだけの寝取られゲ―ではない。

 

〇エロに関して

「母娘乱館」と同じ原画。断面図ありで上品な絵を描き、作品の時代設定をかなりマッチしている。気品のあるヒロインがエロエロに喘ぐ・淫れる様はギャップによってエロさをかなり上げている

「母娘乱館」「は~とふるママン」同様、本作も妊娠ゲ―といえるくらい「妊娠」「受精」「孕む」「種付け」「排卵」「卵子」「子宮」といった言葉をヒロインが頻繁に発言し、えっちのたびに「赤ちゃんほしい」だの「妊娠させて」だのせがんでくる。こういったシチュが好きな人から間違いなくハマる。

主人公がわりと積極的で、年上ヒロインがほとんどの割にはシチュの6割くらいは主人公主導となっている。甘やかされる系は少なめ。体位は正常位と対面が多め。

以下気に入ったえっちシーンについて。挙げ続けるときりがない。

バック(?)・義母

f:id:isyky2858:20190505151102j:plain

散乱する使用済ゴム・義母

f:id:isyky2858:20190505150506j:plain

着替え・義母

f:id:isyky2858:20190505161409j:plain

クンニリングス・義母

f:id:isyky2858:20190505155241j:plain

対面座位・先生

f:id:isyky2858:20190505150827j:plain

正常位・先生

f:id:isyky2858:20190505155340j:plain

バック排卵・先生

f:id:isyky2858:20190505160831j:plain

正常位・羽華

f:id:isyky2858:20190505150637j:plain

バック・羽華

f:id:isyky2858:20190505150708j:plain

正常位排卵・羽華

f:id:isyky2858:20190505151507j:plain

 

〇総評

同メーカー作品「は~とふるママン」の主人公和姦ルートを抽出してより濃くした義母ものに、ちょこっとファンタジーとバトル要素を混ぜた作品。年上ヒロインがほとんどだが、ヒロインに甘えるというよりはヒロインを篭絡するタイプ。やはり私は母が女に開花する作品が好きなんだなぁと実感した。相変わらずランダム要素がうざったすぎて攻略がめんどくさかったことを除けば、あとは全部満足できた。

【援女交際~亜梨紗の情事~】感想&紹介 __援助交際どこいった???

  • プレイ時間 4時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 27回
  • バックログからのシーンジャンプあり

f:id:isyky2858:20190503145941j:plain

目次

 

〇概要

援助交際で出会ったJKとおっさんがらぶらぶ共依存関係に。

 

〇シナリオに関して

都合の良い援助交際

援助交際の正の部分だけを取り上げて誇張している

主人公からすると、援助交際でたまたま出会った女の子が処女JKで、自分の手で処女を喪失させ、えっち大好きに開発できてそれだけで満足だったはずなのに、身体以外の相性もかなり良くて、援助交際の枠組みを超えてお金関係なしにヒロインにガチになる援助交際に関してはかなり緩く描かれている。

f:id:isyky2858:20190503170019j:plain

ヒロインからしたら、びくびくしながら援助交際をしたけど、想像以上に主人公がヒロインのことを考えて優しくしてくれて、えっちの気持ちよさを教えてくれる。俳優になるという夢をちゃんと応援してくれる。夢を追っていて辛い気持ちになったときに愚痴を聞いて慰めてくれる。などいままで一人で夢を追って頑張ってきたヒロインにとってはまさに都合の良い相手なのだ。そりゃお互いに共依存するわけだ。

f:id:isyky2858:20190503164752j:plain

f:id:isyky2858:20190503164849j:plain

現実味があればいいと思うか、ゲームだから都合のいい展開でいいじゃんと思うかは人によると思われる。私はちょっと都合が良すぎるとがっかりした。

f:id:isyky2858:20190503165153j:plain

 

援助交際部分が短い

全えっちシーン27回のうち、援助交際に相当するものは6回しかない。それ以外はただの恋人のようならぶらぶえっち。

最初はよくできている。俳優になるという夢を追って必死に一人で努力するヒロインが念願のわき役のチャンスをゲットするけれど、出演するためには大金がいる。いきなり援助交際とはいかずに、最初は下着売りから始め、次にデート援助とリスクの低いものを試すが、どれもうまくいかない

f:id:isyky2858:20190503165044j:plain

f:id:isyky2858:20190503165104j:plain

自分の夢と身体を天秤にかけ、まさに藁にも縋る想いで援助交際に手を出したヒロインの気持ちが良い。そしてえっちを知らないヒロインに快楽を植え付けるのも良い。

f:id:isyky2858:20190503170318j:plain

ただ、2回の援助交際の後はヒロインはえっち大好きっ子になってしまい張り合いがなくなるだけでなく、主人公とのえっち3回目以降は援助交際・お金関係なしに、ただ辛い現実を忘れさせてくれる主人公とのえっちに依存するから面白くない。ほんまチョロイン。あとはほんとにただのいちゃらぶえっちだけ援助交際どこいったの???と戸惑う。

f:id:isyky2858:20190503165533j:plain

f:id:isyky2858:20190503170849j:plain

 

第3者だからこそ話せることがある

親の援助も友達の応援もなくても夢に向かって一人で頑張るヒロイン。すべてがうまくいくわけがなく、辛いこともある、吐き出したいときがある、慰めてほしい時がある、女ならなおさら

f:id:isyky2858:20190503165421j:plain

f:id:isyky2858:20190503165450j:plain

親や友達といった下手に自分のことを知っている間柄だと気軽に話しにくいけど、援助交際という身体の関係でしかないような赤の他人のほうが話せることもあるっていうのはなんとなくわかる。割り切った関係の良さを主張しているのが面白い

f:id:isyky2858:20190503165643j:plain

 

夢を諦めることも幸せの一つ

本作は2つのエンドがあり、一方はヒロインが俳優になるという夢を追いつつ、主人公はそれを応援してお互いに支え合っていくけれど、もう一方はヒロインが俳優になるという夢を諦め、主人公と結婚して生きていく終わり方をする。そして、エンドロールが流れるのは、夢を諦める方である

f:id:isyky2858:20190503164638j:plain

夢を追い続けることが幸せだとたいていの作品は言う。夢を諦めてしまったらバッドエンドになるのが普通。けど本作は違う。夢を諦めて堅実な道を進むことだって一つの幸せの形なのだという。どっちがより幸せかはわからないけど。

夢を諦めてしまい大人になって擦れた主人公と、まだこどものままで夢を諦めないヒロインを対照させる構図は幸せに対する認識の違いを表現していて面白い

f:id:isyky2858:20190503164706j:plain

 

年の差結婚には厳しい

援助交際に関してはかなり夢を描いてくるくせに、結局主人公とヒロインの結婚は双方の両親から祝福してもらえない。年の差結婚はいまではそんなに珍しいものではなくなったけれど、やはりヒロインがまだ10代ということがいけないんだろうなぁとは思う。なぜここだけは厳しい現実風にしたのか。どうせなら最後まで夢を描いてほしかった

f:id:isyky2858:20190503165913j:plain

 

〇エロに関して

ぱちぱちそふとの塗りの良さを見せつけられる。

本作では主人公が着エロ好きということで、全27シーンのうち全裸えっちはたったの1回しかない。制服はセーラー服とブレザーの2種類あるところもこだわりを感じる。

そして、主人公が下着に対するこだわりもかなりあるせいか、行為ごとにだいたい下着が変わる。全部で10種類くらいはある。下着フェチにはたまらない。

f:id:isyky2858:20190503165605j:plain

以下気に入ったえっちシーンについて。

ウェディングドレスえっち

f:id:isyky2858:20190503164524j:plain

拘束玩具プレイver.ブレザー

f:id:isyky2858:20190503164509j:plain

立ちバックver.セーラー服

f:id:isyky2858:20190503164406j:plain

サンタコス69

f:id:isyky2858:20190503164348j:plain

青姦対面座位

f:id:isyky2858:20190503164329j:plain

 

〇総評

予想してたものと違う。援助交際モノではなく、援助交際はただのきっかけに過ぎず、ただの年の差カップルいちゃらぶモノという感じ。援助交際している主人公にしてはクソな鬼畜ではなく、ヒロインの気持ちをしっかり推し量るタイプだから珍しさという点ではよかったけど、そんな主人公に物足りなさを感じてしまった

【通淫母 ~我が子の下宿でオンナに戻る母~】感想&紹介 __子宮帰還

  • プレイ時間 8時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 64回
  • バックログからのシーンジャンプなし 

f:id:isyky2858:20190501231810j:plain

目次

 

〇概要

大学生が実母か叔母か親友の母か元担任の先生とえっち。

 

〇シナリオに関して

明穂(親友の母)エンド

実の母親を性の対象としてみるようになってしまった主人公が、わりと親しいマンションの管理人で友達の母親である明穂さんにそのことを相談した末に、主人公が母親を性の対象としてみないように、実の母親への感情を忘れるために、秋穂さんが主人公の童貞を喰い、主人公とセフレ関係になる。

f:id:isyky2858:20190501230352j:plain

この秋穂さんという人妻、かなりの淫乱で最初はかなりひいた。マンションの一室にえっち専用の部屋を設けて、主人公だけでなく他の男とのセフレ関係をつくり、童貞を喰い散らかしていたという。

f:id:isyky2858:20190501230516j:plain

主人公にさりげなく下着を見せつけ、露出度の高い服を着ていたのも、主人公の童貞を狙っていたからとか。本当に母親なのか、人妻なのか、いくら欲求不満だからって貞操観念どうなってんねんとビビる。エロいからいいけど

f:id:isyky2858:20190501230111j:plain

しかし、実は明穂さんも実の息子のことを性の対象として見ていて密かに女としての愛情を向けていたことが発覚し、主人公と明穂さんのセフレ関係は、お互いの母子相姦願望を慰め合って抑えるためのものだったという展開にもっていくのが上手い

f:id:isyky2858:20190501231714j:plain

明穂さんがたくさんのセフレ作ってえっちしまくってたのも、実の息子に対する女としての愛情をごまかし、性を発散するためだったと思うと、明穂さんを見る目が最初と180度変わって面白い

f:id:isyky2858:20190501231741j:plain

ただ最後の終わり方があまりにも酷すぎる。明穂さんの息子に明穂さんと主人公との関係がバレてしまったらしく、明穂さんと明穂さんの息子が喧嘩して突然海外へ留学し明穂さんの前から姿を消す。愛する息子から嫌われた明穂さんは壊れてさらに淫乱になり主人公とのえっちを目的もなく、ただ肉欲の任せるままに貪り続けると

f:id:isyky2858:20190501231637j:plain

途中まで明穂さんと主人公がお互いの母子相姦感情を認め合う、唯一無二の関係が築かれて良い雰囲気だったのに、なんだこれはという気持ちになった。

f:id:isyky2858:20190501231005j:plain

 

温子(元担任の先生)エンド

眼鏡がずれているのがとても気になる。明穂さんの初えっちするまえに、主人公が包茎をごかますかごまかさないかの選択肢で分岐するセンスが面白い

f:id:isyky2858:20190501233917j:plain

明穂さんから包茎を隠せそうとした主人公は、明穂さんから「嘘つき」だと非難され、10ストローク手コキした射精しなければえっちさせてくれると意地悪し、主人公はあっけなく射精。見事、男としての自信をなくし、勃起できない身体にされる包茎を隠そうとしただけでこの仕打ち、まじで明穂さん半端ない。

f:id:isyky2858:20190501232941j:plain

勃起できなくなった主人公は偶然出会った元教師の温子さんにそのことを相談し、本当に勃起しないか看てくれるという流れで温子さんと不倫関係になる

f:id:isyky2858:20190501233400j:plain

このルートはかなりぶっ飛んでいる印象が強く残る。やけに不倫に対してヒロインの罪悪感や抵抗感ないなぁと思ったら、温子さんの夫も実は浮気していて、そのことを温子さんが主人公と不倫するまえから掴んでいたという。

f:id:isyky2858:20190501233754j:plain

それで、主人公との不倫えっちをしている最中に夫から電話がかかってきたら、普通なら不倫えっちをバレないようにするのに、「今不倫えっちしてます」とわざと夫に宣言する。このパターンはあまり見たことがなくて新鮮でよかった。 夫の浮気証拠を入手しているから可能な芸当だけれども、それを実行する温子さんの度胸が素晴らしい。

f:id:isyky2858:20190501234737j:plain

さらに、温子さんの夫が温子さんを取り返そうと、主人公と温子さんのいるラブホテルの部屋までのり込んだ時に、夫にらぶらぶえっちを見せつけ、「あんたのち〇こ、小さいし、えっち下手くそなんだよ!!」みたいな言葉で罵倒するシーンが爽快すぎて大好き。夫が口悪いし態度だけはデカいクソ野郎だからなおさら気持ちいい。

f:id:isyky2858:20190501234807j:plain

「ハッ、お前みたいな年増を相手にする男がいるか。妄想しているヒマがあったら家計簿でもつけてろ

 

__温子の夫

ヒロインが浮気えっちしながら夫と電話して、ヒロインが「もし私が浮気してたらどうする?」と訊いた時の夫の返答がパワーワードすぎて好き

 

千尋(実母)エンド

本作のタイトル通りなルート。実母が一人暮らしの息子の部屋に通い、えっちしまくって母親から女になるのが大まかな流れ。

f:id:isyky2858:20190501230233j:plain

実母が良いキャラしてる。主人公の部屋に心配でやってきて我慢できなくなった息子に押し倒されるが、強い拒絶を示して流されずにえっちしない。その後、主人公が自分のやってしまったことを後悔して部屋を飛び出るも、実母はちゃんと息子のことを心配して置き手紙を書いて諭し、主人公の好きな料理をつくり残してあげるという母親としての優しさに溢れている。いきなり押し倒されてパニックになるだろうに、なかなか出来そうで出来ないことだと思う。

f:id:isyky2858:20190501235628j:plain

結局話合いの末、一回だけなら・・・と息子とえっちしていままで我慢していた・眠っていた女の部分が目覚めてしまい、そのままずるずると夫に嘘をついて主人公の部屋に通う。

f:id:isyky2858:20190502000521j:plain

最初はあまりノリ気ではなかった実母が、主人公とのえっちを重ねていくにつれて、最初の拒絶が嘘のように徐々にえっちにノリ気になっていく。主人公の誕生日に合わせて自分から進んでア〇ル拡張したり体操服を着てえっちしてくれるぐらいにノリノリ

f:id:isyky2858:20190502000335j:plain

親離れできない主人公と同じくらい、実母も息子離れできなかったのだという結論にもっていくのは上手く、最終的に夫より息子を取った理由として身体の相性だけでないとこが良い

f:id:isyky2858:20190501235746j:plain

想いが重すぎる

結婚して年数がたつと、夫婦が冷めてくるのはよくあることで、いくら尽くしたところでそれが当たり前だと思うようになる夫に愛想をつかし、まったく女としてみてくれなくなったら女としての自信を失う。人間、特に女性は承認欲求の塊みたいなものだから、相手にしてくれなくなった夫より、女として扱ってくれて感謝や綺麗といった言葉を言い、思いやってくれる息子のほうに惹かれる実母の気持ちがよくわかる

f:id:isyky2858:20190502001028j:plain

f:id:isyky2858:20190501235905j:plain

寂しさを埋めたい女の気持ちと、息子には正当な道を歩んでほしいという母親としての気持ちのぶつかり合いが良い。

f:id:isyky2858:20190502000200j:plain

 

ハーレムエンド

実母とえっちしているところを明穂さんに見られまたアナタですか)、軽い脅しをされてなんかよくわからんけど、ハーレムえっちするようになっていたルート。自分の管理するマンションとはいえ、他人の部屋が見えるように監視カメラを設置する明穂さんはやっぱり半端ない、もはやサイコパスでは?

あとこのルートではまたもやパワーワードが炸裂していてかなり笑った。

f:id:isyky2858:20190501231944j:plain

 「真っ直ぐな気持ちをぶつければ・・・親子なんですもの。絶対に大丈夫。息子なんてイチコロです

 

__千尋(実母)

 どっからくるんだ、この自信は。

f:id:isyky2858:20190501231907j:plain

「早く先生のおま〇こにおち〇ぽ提出しなさい

 

__温子(主人公の元担任の先生) 

頭悪そうなセリフ好き。

 

睦美(叔母)エンド

実母を性の対象としてみてしまっていることを叔母に相談したら、代わりにえっちしてくれたルート。

f:id:isyky2858:20190502001544j:plain

この叔母さん、少なくとも30代だと推測されるけど、なんと処女だという(完全に地雷やんけ)ことがとにかく衝撃的である。処女の叔母を自分色に染めていく快感がたまらない。

f:id:isyky2858:20190502002803j:plain

性格ががさつで男っぽくて仕事ではキリッとしてるけど私生活ではだらしない、女としての魅力皆無に等しい叔母が主人公と恋人関係になって、主人公と二人きりのときは人が変わったように甘えてくるギャップが良い

f:id:isyky2858:20190502002136j:plain

普段は叔母のほうが上で主人公のほうが下でいじめられる上下関係があるけれど、ベッドの上では上下関係が逆転し、主人公が優位になっている構図が好き。叔母にメイド服着させて奉仕プレイがよくひきたっている。

f:id:isyky2858:20190502001754j:plain

f:id:isyky2858:20190502002726j:plain

 

 

主人公の親友エンド

主人公の親友=明穂さんの息子視点で明穂ルートを見直す

親友は主人公と明穂さんがえっち関係にあること、明穂さんが他の男ともえっち関係にあることを知ってしまう。屋の中に仕掛けた隠しカメラで母親と他の男たちとのえっちを見ることで、寝取られの気分を味わえて良い

f:id:isyky2858:20190502003316j:plain

もともと重度のマザコンである親友は母親を取られた気分に、母親のことが信じられなくなり、一度は関係が悪化するも、主人公と主人公の母親=千尋さんの助けのおかげでまた寄りを戻し、お互いの気持ちを通わせてらぶらぶえっちする関係になる、めでたしめでたし。

f:id:isyky2858:20190502003613j:plain

f:id:isyky2858:20190502003632j:plain

親友視点で見ることで主人公視点での明穂エンドでは不可解だったところの謎が解けてすっきりした。親友と明穂さんの関係がうまくいくと、親友によって壊されてしまった主人公と千尋さんの関係もうまくいくという、二つの母子相姦を絡めてきたのが上手い

 

〇エロに関して

ヒロインみんな熟女、巨乳巨尻陰毛ありで熟女らしくお腹周りの肉の付き方がだらしなくてとても良い。ちょっと特徴のある顔の描き方だけれども、慣れてしまえばむしろ癖になる。

ほぼすべてのえっちシーンで見られる傾向として、ヒロインがだらしなく口から涎を垂らしながらえっちすることで、ヒロインが感じていることを表現している。口から涎垂らすことがかなりエロさを上げている。

回数はフルプライス相応はあるけれど、個々のえっちシーンの尺が短いため、終わって振り返ると回数ほどの満足感は得られない毎回射精は1~2回早漏気味、前戯も短く適当でホントにあっさり終わる。じっくりねっとりとしたえっちシーンが好きな人向けではない。

以下気に入ったえっちシーン。

黒下着正常位

f:id:isyky2858:20190501232042j:plain

着衣寝バック

f:id:isyky2858:20190501234900j:plain

黒下着バック

f:id:isyky2858:20190502000427j:plain

寝取りを意識したバック

f:id:isyky2858:20190502001122j:plain

主人公に妻になると宣言してイかせてと懇願

f:id:isyky2858:20190502001226j:plain

拘束バイブ2穴挿し

f:id:isyky2858:20190502002843j:plain

母子同時フェラチオ

f:id:isyky2858:20190502004106j:plain

母子同時ボテ腹えっち

f:id:isyky2858:20190502004145j:plain

黒下着バック、中出し拒絶

f:id:isyky2858:20190502004246j:plain

 

〇総評

母子相姦ゲ―。年上、特に熟女や母親の良さがよく表れている。原画が良く、シナリオ展開にもそれなりにセンスを感じることができて、総合の素材がいいにも関わらず、展開がいまいち早すぎて作品の尺が短すぎるところが欠点となっている非常に惜しい。もう少しじっくりねっとり描写が濃くなると、よりエロい絵がひきたってくるだろう。マニアックな抜きゲ―は今後も生き残ってほしいので頑張ってほしい。

タイトル画面、およびパッケージ絵のキャラがメインヒロインに見えて、実は他のキャラのほうが総えっちシーンが多いというメインヒロインパッケージ詐欺はなんでなんだろうか。

【ママは対魔忍】感想&紹介 __ショタ×ママ寝取りものとしてはアリよりのアリ。対魔忍ものとしてはなし。

  • プレイ時間 5時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  •  えっち回想 31回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190429212820j:plain

目次

 

〇概要

ショタ(ヒロインの息子の友達)が友達の母親を寝取る、かと思いきや・・・

 

〇シナリオに関して

共通ルート

共通ルートが個別に比べて長め。ショタに翻弄されるヒロインが描かれる。

魔物からヒロインを守ろうと身を挺してくれたショタ(ヒロインの息子の友達)が魔物の力によって発情させられ、放置しておくとショタが淫魔になってしまうという危機の状況に陥ったヒロインは、唯一の治療法であるえっちをショタとする。えっちを経て淫魔になる危険性はなくなったものの、えっちを経験したショタは性に覚醒し、ヒロインに強引にえっちを迫る。

f:id:isyky2858:20190429213249j:plain

ショタの攻め方がけっこう強引すぎるし、こいつさすがに童貞卒業してから性格変わりすぎやろと突っ込みたくなる。どれぐらい強引かと言うと、ヒロインの家に不法侵入して寝ているヒロインを手錠で拘束しレ〇プしたり、インターホンを押してヒロインが出てきたらヒロインを押し倒しそのまま玄関で家の扉を開けたままえっちする。もう少しスマートなやり方で攻めてほしさがあった。勢いだけはあるんだけど、知能がついていってない。寝取ってやる!!という勢いももちろん重要だけど。

f:id:isyky2858:20190429211627j:plain

ただ、ヒロインが逃げられない状況に追い込まれている展開は上手い。事情を知っているヒロインからしたら初えっちは治療でしかないが、対魔忍を知らないショタからしたら、ヒロインが突然レ〇プまがいをしてきたように見えるから、えっちをしてきた=ボクのことが好きなのでは?という謎理論になるのは必然だろう。

f:id:isyky2858:20190429213314j:plain

かといってヒロインは魔物のことや対魔忍のことは企業秘密で話せないことになっているから、もうどうしようもなく、性に目覚めさせてしまった責任をしぶしぶとるしかないとなる。息子の友達でもともとそれなりの交流が深かったから、手を出されたからといって出禁にも無下にもできないもどかしさが良い。

f:id:isyky2858:20190429213229j:plain

毎回流されてたまるかと意気込むも、ヒロインの上を常に行くショタにいいようにやられ、ショタとのえっちの回数を重ねていくうちに、ショタはえっちのスキルを上げていき巨根でヒロインの女の部分を刺激し、快楽を植え付ける。最初はヒロインがショタをコントロールしようとするけど、そのうち立場が逆転してショタが優位になる構図が良い。ショタにいいようにされる人妻素晴らしい。

f:id:isyky2858:20190429213344j:plain

f:id:isyky2858:20190429213459j:plain

しかし、巨根を持つショタに強引にしつこくえっちを迫られてもなかなか堕ちない。自分には守るべき家族があるからと、望んでいないのにショタにイカされ、身体がショタを受け入れようとしても、心では絶対にイッたことを認めない理性で母親として妻として踏ん張るヒロイン描写が良い

f:id:isyky2858:20190429213651j:plain

ただ、徹底的に快楽を植え付けられたヒロインは、いままで満足できてた夫とのえっちでは満足できなくなる。夫とのえっちで「え、もう出しちゃうの・・・」みたいな困惑が好きすぎる

f:id:isyky2858:20190429211606j:plain

 

ショタルート

求められるから・家族を守るために仕方なくえっちしていると言い聞かせきてなんとか理性を保ってきたけれど、ショタが突然えっちをやめようと言い出して、ショタとの気持ちのいいえっちができなくなることに耐えられなくなり、ヒロインの女の部分が妻や母の部分に打ち勝つ。完全に心まで堕ちるシーンはエロ過ぎる。

f:id:isyky2858:20190429211406j:plain

母や人妻の寝取りものは、こういったヒロインの中での女と妻・母の部分の葛藤が重要だと思っているから、本作は十分それを満たしている。ヒロインはよく頑張ったと思いますよ。

共通ルートの最初で家族に囲まれ幸せな生活・夫との幸せなえっち描写があるからこそ、ショタに完全に寝取られていままでではありえなかった家事の放棄をして、ひたすらショタのち〇こを貪るヒロインのギャップが際立つ。母・妻から女への変化が素晴らしい。

f:id:isyky2858:20190429211346j:plain

 

魔族ルート

このルートのせいで中途半端な作品になってしまった気がする。

ヒロインがショタとのえっちに強く拒絶していくと、ショタの知らないうちにヒロインが魔族のおじさん(引退した対魔忍を襲ってた犯人)に寝取られ、ショタが触手に食われる。

f:id:isyky2858:20190429233223j:plain

おまえの存在すっかり忘れてたよ

引退した対魔忍を狙っていたのは、対魔忍に魔族の子を妊娠してもらいより強い魔族を産むため、そして引退した対魔忍なら力が弱っているから現役対魔忍よりも狙いやすいとかなんとか。ショタが性格が変わったようにヒロインに迫れたのは魔族のおっさんの力のおかげで、息子の友達とえっちさせることでヒロインの心に隙を作りたかったとかなんとか。

f:id:isyky2858:20190429233701j:plain

この急展開についていけない。ついていける人がいるのだろうか。引退した対魔忍よわっ!一場面も描かれることなく魔族に堕ちちゃうんですか。現役対魔忍もえっちシーン1個で魔族の手に堕ちるし弱すぎて笑う

f:id:isyky2858:20190429233743j:plain

かなり、弱そう。

ショタルートを作成したけど、対魔忍要素が薄いから無理やり入れましたって感じがする。一応話の筋は通っているからなおさら憎めない。にしても唐突すぎる。まぁエロいからいいんですけど。

f:id:isyky2858:20190429234736j:plain

 

〇エロに関して

久々の原画さのとしひでさんによる、人妻らしさに溢れたむちむちボディと断面図ありで絵に関しては文句なし。えっちシーン中はCGのズームアップやダウンによって視点をころころ変えてくるから飽きにくい。

対魔忍ってタイトルに入っているからハードエロを想像するけれど、本作はかなりマイルドでライトエロになっている。射精の量もそこまで常識外れではない。より多くの人にとっつきやすくなってよかったと思う。

以下気に入ったえろシーンについて詳しく。

  • ベッドの上に散乱する使用済ゴム。最初は余裕ある顔して予想以上にショタが多くの回数射精できて余裕のない顔になる。

f:id:isyky2858:20190429210959j:plain

  • 手錠寝バック

f:id:isyky2858:20190429210920j:plain

  • 旅行中に同じ部屋で夫と息子が寝ている最中にえっち

f:id:isyky2858:20190429211043j:plain

  • 手マンで潮吹き仰け反る

f:id:isyky2858:20190429211439j:plain

  • 対魔忍姿でえっち

f:id:isyky2858:20190429211205j:plain

  • 息子に電話しながらえっち

f:id:isyky2858:20190429211248j:plain

  • 現役対魔忍触手えっち。エンドロール後におまけ程度にあるけどこれメインにしてくれよ

f:id:isyky2858:20190429233842j:plain

 

〇総評

ショタによる友達の母親寝取りゲ―。タイトルに騙されず対魔忍シリーズだと思わないで、ショタ×人妻ものだと思えばストレートな作品なのでけっこう楽しめる。たぶん対魔忍シリーズやったことない人のほうが楽しめそう魔族ルートなんてなかった。

ヒロインが母や妻としての理性を少しずつそぎ落としされて、最後に女に目覚めさせられて寝取る系の展開好きにはたまらないそれにしても対魔忍が片方のルートの最後にちょろって出ただけで終わりなのは笑う。

【初めての彼女】感想&紹介 __風俗嬢を彼女にするとはどういうことか?

  • プレイ時間 20時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★★
  • えっち回想 60回
  • バックログからのシーンジャンプなし 

f:id:isyky2858:20190429015835j:plain

注。だらだらと何書いているか自分でもよくわからない・・・ネタバレあり。

目次

 

〇概要

風俗嬢を彼女にした主人公と、風俗嬢になったヒロインがもがき苦しみ、壊れる。

 

〇シナリオに関して

主人公視点ルート

1周目は主人公視点固定。8年くらい片想いしてたヒロインと偶然風俗で遭遇、その後告白してオッケーを貰い、初恋の女の子を初めての彼女にできて舞い上がる主人公が描かれる。

f:id:isyky2858:20190429013739j:plain

ヒロインは母子家庭かつ母親が病気で働けなくなって借金返済のために風俗嬢となった。そのため、主人公はヒロインと実質的には恋人同士になりながらも、ヒロインは風俗嬢をそのまま続ける。他の人とえっちはするかもしれないけど、キスだけは主人公のものだと、そう約束して

f:id:isyky2858:20190429013515j:plain

お互い初めてのえっち、初デート、なけなしの金で財布や服をプレゼントして恋人を楽しむ主人公だったが、徐々にヒロインが変化していく。寝取られゲ―なら必ずほしい微妙なヒロイン変化がよくできている。

  • 以前はえっちの時に名前を呼んでくれたのに名前を呼んでくれなくなる。主人公はヒロインの名前を呼ぶのに、ヒロインは主人公を名字でしか呼ばない

f:id:isyky2858:20190429014422j:plain

  • 頻繁にメールをしていたのにいつのまにか忙しいから(主人公は仕事だろうとおもっていたが果たして?)と言ってメールをあまりしなくなる。

f:id:isyky2858:20190429014003j:plain

  • 主人公が最初にプレゼントした財布を使わなくなる

f:id:isyky2858:20190429014236j:plain

  • 香水、化粧が変わる。それどころか服装、髪の色まで変わってもはや別人

f:id:isyky2858:20190429013921j:plain

  • 初めはえっちのスキルが同じくらいだったのに、ヒロインのえっちスキルがどんどん上達していく

f:id:isyky2858:20190429014031j:plain

  • 以前は風俗の仕事が辛いと言っていたのに、風俗の仕事が自分に合っていると言い始める。

f:id:isyky2858:20190429014102j:plain

  • 性格が変わる。
  • デート中に寝る。

変化していくヒロインにどこか違和感と不信感を覚えつつも、それでもヒロインはヒロインだと主人公の想いは変わらない。

そして迎える主人公とヒロインの誕生日。バイトで必死に貯めて買った30万円の指輪をプレゼントしようとするも、ヒロインとのデートの約束を当日に断られ意気消沈。それでも気になってヒロインの部屋にいったらなんとバイト先の店長と気持ちよさそうにえっちするヒロインを見てしまって精神崩壊、という流れになる。

f:id:isyky2858:20190429015943j:plain

このルートでは、主人公視点固定はかなりよくできていて、正直どこで手をつけられ始めたかがわからない。最初は些細な変化だったけど、気づいたら取返しのつかないレベルの変化になっててかなり驚いた。

f:id:isyky2858:20190429014847j:plain

最初の部分で風俗嬢とはいえ、ちゃんとらぶらぶえっちしていて、気持ちが通じ合っている実感があり、主人公が初恋で長年片想いしてきたせいかどれだけ不信感を持っても、どれだけ親友や友達から風俗嬢はやめとけと忠告されてもヒロインのことを健気に一途に想い続けるため、主人公の誕生日に他の男、しかもいままで相談してきたりアルバイト代を貰って信頼してた店長とらぶらぶえっちしているところを見てしまった主人公の衝撃がよく伝わってくる。「まさかね・・・」と心臓バクバクさせながらヒロインの部屋に入る緊張感はかなり好き。

f:id:isyky2858:20190429015409j:plain

f:id:isyky2858:20190429015334j:plain

主人公のち〇こではイケないと、主人公のえっちスキルが下手くそだと告白しながらのえっちを見ることはかなり心にくるしエロい。キスだけは主人公だけのものではなかったのか…とヒロインにかなりムカつける

f:id:isyky2858:20190429020008j:plain

主人公も最後に気づくけど、主人公にとってヒロインは一人しかいないけど、風俗嬢のヒロインにとって主人公は客のうちに一人でしかないってことを思い知らされる。本編中の言葉を借りるなら、「水の女の子にマジになる男が悪い」なんだろうけど、なんだかなぁ…とやるせない気持ちになる

f:id:isyky2858:20190429014620j:plain

あとこのルートでは、バイト先の店長に対して主人公が完全に男として負けた、と認める場面がよかった。仮に主人公が資金力のある大人だったら、ヒロインと出会ったその日に風俗嬢をやめさせることができて、そのままヒロインとらぶらぶできたのだろう。お金、大事

f:id:isyky2858:20190429014700j:plain

 

ヒロイン視点ルート

メインルート。ヒロインが風俗嬢になって主人公のバイト先の店長に寝取られるまで、主人公視点と同じ時間をヒロイン視点固定でじっくりねっとり描かれる。主人公視点では不可解だったシーンの謎が解ける。

f:id:isyky2858:20190429022040j:plain

ヒロインが風俗嬢になる前にどれだけ苦しい想いをしてどれだけ生活に苦しんでいたかが重く描写されていて、そんな生活の中で月給30万の風俗募集みたらそりゃしょうがない、地獄の中で垂らされた一本の蜘蛛の糸にすがる気持ちもわかる

f:id:isyky2858:20190429022458j:plain

印象的だったのは、主人公のバイト先の店長。主人公とは異なる圧倒的資金力とえっちのテクニックと巨根を駆使してヒロインを堕とす。薬も脅迫もなく、純粋に巨根と「みんなやってるから」という集団心理と「きみは悪くない、悪いのはボクだ」の責任転嫁の話術を巧みに使って、主人公では与えられない快楽を植え付ける。無理やりじゃない点も強い。

f:id:isyky2858:20190429020953j:plain

f:id:isyky2858:20190429022230j:plain

普段は優しそうな態度でヒロインの悩みを察してあげたり相談にのってあげたりとヒロインのことを気使いつつも、えっちになったら意地悪になり、ヒロインが「イキたくない」と懇願しても容赦なく巨根でイカせまくるシチュがエロ過ぎた押しと引きを上手に使い分けてくる男は強い、こいつには勝てない、そう主人公が直感するのも無理はない。

f:id:isyky2858:20190429023720j:plain

ち〇こだけで正々堂々寝取ってくる間男まじで好き。えっちの最中は終始主人公と比べさてきて明らかに主人公のことを意識させてえっちしてくるところも好き。

f:id:isyky2858:20190429024026j:plain

ヒロインはヒロインで風俗嬢というお金をもらってサービスしている立場だから強くは断れないし、店長がふつうのバイトではすぐには稼げない高額を払ってくれるから、ついつい「仕事だから・・・」と言い訳して店長とのえっちを許してしまう。短時間で高額稼ぐ旨味をあじわいすぎたがゆえに、やはりお金には勝てないか。お金、強い。

f:id:isyky2858:20190429021149j:plain

主人公がせっせとレポートに取り組んでいるなか、店長はヒロインをデリヘルに呼んでえっち漬けにさせる(おまえどんだけ金もってんねん)。一週間くらい毎日デリヘルでヒロインをえっち漬けにしたらわざと一日空けて、ヒロインを欲求不満にさせる。次の日、ヒロインにデリヘルの呼び出しがかかって店長かなと期待していったらまさかの主人公。ヒロインは主人公とえっちするけど思うようにイケない。イケない。イケない。そして、主人公がえっちで疲れて寝ている間に隣の部屋で店長と上書きえっちでヒロインが完全に堕ちる。この一連の流れが神がかっている。考えたやつどういう神経してるんだ?

f:id:isyky2858:20190429023816j:plain

主人公とのえっち

f:id:isyky2858:20190429023855j:plain

完全に店長とのえっちに堕ちたヒロインは性格が変わり、同時に容姿も変わる。あれだけ風俗の仕事を嫌っていたのに、お客を手玉にとることに快感を覚え始め、主人公が客として仕事に、店長がプライベートに逆転する。性格まで変わっていってしまうヒロインを見ていくのが辛すぎて、途中読むことがかなり苦しかった

f:id:isyky2858:20190429021533j:plain

以前とまったくの別人に生まれ変わってしまったにもかかわらず、まだ心の中で引っかかるものがある描写が良い。何か大切なものを失ってしまったけどそれが何か思い出せない、自分が思い描いた未来はどんなものだったのか思い出せない、壊れてしまったヒロインの苦痛・とまどい・虚無感が心にくる

f:id:isyky2858:20190429021633j:plain

ただ終わり方がいまいち。ヒロインがいままでさんざん気持ちよくしてもらってた店長に告白するけど断られるのがよくわからない。最後までなぜもっていかない?店長という人物がいまいちつかみ切れない。本編中では「ただ人のモノがほしいだけ」と店長が評価されているところから考えると、もうヒロインは主人公から奪ったからこれ以上興味はないということだろうか。間男としてはなんだかなぁ・・・

寝取られて主人公が不幸になっても別にいい、でもヒロインには幸せになってほしいと自分は思っているので、結局最後にヒロインが寂しい一人ぼっちのまま、主人公と出会う前と同じなのが胸糞悪さを加速させる。誰でもいいから彼女を幸せにしてあげてくれ(´;ω;`)

f:id:isyky2858:20190429023925j:plain

 

自暴自棄ルート

評価が分かれるルート。途中からのヒロインの行動が意味不明。風俗嬢からふつうの女の子に戻ろうとしたけどやっぱり無理だったよ、という話。

f:id:isyky2858:20190429030052j:plain

2つ目のルートと変わって陵辱が目立つ。主人公が少し積極的になってヒロインと同棲し始めることで、店長のデリヘル、もとい寝取られを回避する。同棲することでよりお互いのことを知って好きを深め、ヒロインは主人公の友人とも友達になって、よりいっそう風俗嬢になる前の生活に戻りたいと願う、一見救済エンドかのように見える。もうこのまま終わってもええやろ・・・

f:id:isyky2858:20190429024604j:plain

しかし、幸せな生活を送る傍ら、早くもとの普通の女の子に戻りたいと焦り、風俗よりもさらに早く高額をゲットできる援助交際に手を出す。この援助交際のおっさんがただ単に金を盾に無理やりえっちしているだけだから面白くない。店長の巧みな攻め方を見習ってください。

f:id:isyky2858:20190429024650j:plain

f:id:isyky2858:20190429030920j:plain

援助交際を経て、自分がもう普通の女の子には戻れない淫乱だと、自分が汚れた存在だと自覚させられ、もう主人公のそばにいる資格もないのではないかと疲弊すが、ここで主人公が風俗嬢をやめて一緒に辛さを背負って生きていこうと告白、ヒロインもやり直せると光をみつける

f:id:isyky2858:20190429024931j:plain

しかし、風俗嬢をやっていたことが母親にバレて見限られ、援助交際を終えて晴れて普通の女の子になれるはずだったのに、希望を失い主人公の隣にいるべきではないと失踪。一度希望を持たせて絶望させ、また希望を持たせてさらに地獄におとす、鬼畜展開すぎて心が辛い

f:id:isyky2858:20190429025009j:plain

f:id:isyky2858:20190429025021j:plain
主人公から失踪した後は風俗嬢として、自分への罰として(?)主人公以外の男とやりまくり、最後は誰の男の種かもわからない状態で妊娠でバッドエンド

このルートで納得できないのは、ヒロインが失踪した後の乱交場に主人公がヒロインを連れ出すために乗り込んだはいいものの、ヒロインから妊娠していることを告白されたら主人公がなぜか怖気ついて、そのままヒロインを置いて帰ってしまったことと、ヒロインはなぜ主人公ともう一度やり直そうと思えなかったのかということ。

f:id:isyky2858:20190429025548j:plain

前者に関しては、主人公は風俗嬢というものがどういうものかを理解していたのならば、ヒロインの手をとり連れ出すことができたのではないだろうかと思えてしかたない。他の男で妊娠しているヒロインでも愛せる、そういう結論ではなかったのか・・・現実はつらいなぁ。

ヒロインが風俗を通して本当の自分を見つめなおすシーンは好き。

f:id:isyky2858:20190429025208j:plain

f:id:isyky2858:20190429025401j:plain

 

〇エロに関して

ヒロイン1人でえっちシーン60回ということで、ヒロインを好きになれるかなれないかで大きく変わってくる。内訳は主人公と24回、店長と18回、それ以外で18回。主人公とは視点が異なるだけで半分は使いまわしだから実質12回。

主人公とのえっちはあんまエロくない。店長との寝取られえっちはたいていエロい胸糞悪いけど抜ける、まさに寝取られゲ―のエロがたいてい詰まってるかと

本作の原画の人は少し変わったタイプなのか、最初のほうが絵がノッテなくて、後半にいくにつれて絵がノッテいき、どんどんエロくなっていく。普通は失速していきそうなところを。あとお尻を描くのが上手。

以下気に入ったえっちシーンについて詳しく

  • ひょっとこフェラ

f:id:isyky2858:20190429020106j:plain

  • 制服バック、孕ませ願望

f:id:isyky2858:20190429020156j:plain

  • 主人公とのデートで買ってもらった服で店長とえっち

f:id:isyky2858:20190429023512j:plain

  • 主人公とのデートの前後最中に店長とえっち

f:id:isyky2858:20190429023446j:plain

  • 騎乗位お尻

f:id:isyky2858:20190429023653j:plain

  • 陵辱後のぐったり

f:id:isyky2858:20190429030605j:plain

  • バック聖水

f:id:isyky2858:20190429030744j:plain

  • 拘束玩具

f:id:isyky2858:20190429030819j:plain

 

〇総評

フルプライスにふさわしい、貴重な「読める」抜きゲ―。制作者の魂が入っているのがよくわかる。最初は風俗嬢で寝取られゲ―って不安だったけど、風俗をよく活かしつつ子どもが大人になるという青春要素と寝取られ要素をうまく配合し、救いのない最高に胸糞悪く後味の悪い作品になっている。終わった後はうまく言葉がでてこない喪失感と虚無感に襲われる、この感覚は良作の証なのである。

寝取られの金字塔「ボクの彼女はガテン系」にもひけをとらないと思う(あっちのほうが終わり方が好きだけど)。むしろ本作はガテン系と違ってヒロイン目線がメインで、何を考えているのかわかるからガテン系より良いまである。ただ、本作は5割は寝取られ、あとの5割は寝取られじゃないところに注意。あと各キャラの心理描写内の謎ポエムが読みにくい、まぁこれは自分の読解力がないだけかもしれないけど

本作のライターさんはこれが初めてらしいが、初めてでよくこんなの作り上げたなぁと感心する。読んでて精神的にかなり辛いので覚悟のあるひとだけがやりましょう

 

教訓

いかなる理由があっても風俗嬢にはガチになってはいけない。

f:id:isyky2858:20190429024833j:plain

負けてるんだよなぁ