ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

「この作品に興味あるんだけど、実際どんな感じなの?」人向けのエロゲ紹介記事と思考まとめ

プレイ済エロゲリスト。_随時更新

評価は私的満足度に基づく。

★★★★★

→最高の満足度。この作品に出会えてよかった。神作。

★★★★

→満足度高め。光るものがある。秀作。

★★★

→普通に楽しめた。佳作。

★★

→あまり楽しめなかった。駄作。

→楽しめなかった。地雷。

 

目次

 

 

★★★★★級

サナララ
素晴らしき日々-不連続存在-
夏空のペルセウス
媚肉の香り 
へんし~ん!!!パンツになってクンクンペロペロ 
もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界エロ魔法学園! 

 

 ★★★★級

家の彼女
お兄ちゃん、朝までずっとギュってして!

 キミトユメミシ
 キミに迫るオトメのレッスン
ギャングスタ・リパブリカ
ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
魔女こいにっき
歪んだ嘘の恋とレッテル
レコンキスタ 

 

★★★級

堕ちていく新妻~ごめんなさいアナタ…私もう……でも、愛してる~
キスベル
シャムロックの花言葉
少女たちは荒野を目指す
聖騎士Melty☆Lovers
月に寄りそう乙女の作法
ホチキス

 

★★級

俺の彼女がガチ変態すぎる

彼女と俺の恋染同棲

てにおはっ!~女の子だってホントはえっちだよ?~

ももいろクローゼット

【残念な姉との幸福論】感想&紹介 _守りたい家族は、ありますか?大切な家族は、そこにいますか?

  • プレイ時間 8時間
  • ジャンル  ???
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★★

エッチシーン12回・バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20180817212708j:plain

 

 

 

〇概要

父親から突然告げられた家族解散。主人公は2人の姉のどちらについていくのか。

f:id:isyky2858:20180817213108j:plain

 

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20180817213342j:plain

まぁまぁ(*ノωノ)

6個あるエッチシーンのうち3個くらいはパンストありでやってくれたことは評価できる。パンスト脚コキはよかったかな。

 

 

 

〇よかった点

1)共通ルートのコメディ雰囲気

「幸福論」と書いて「ラブコメディ」と読むせいもあって、コメディ感が非常に強く、ノリがいいパロディネタ・メタ表現・ギャグはかなり満載で、読みやすかった。パロディネタに関してはアニメとマンガが多かった気がする。私でも知っている王道なものだったから楽しめた。

f:id:isyky2858:20180817214153j:plain

 

2)アニキ・親父など主要キャラ以外の魅力がある

 題名から姉ゲ―と思いがちだが、本作では姉以外にでも魅力あるキャラがいる。主人公以外の男キャラに魅力を感じる作品はいつも良作な気がする

f:id:isyky2858:20180817214609j:plain

 

3)姉2人の対照的な個別ルート

 上の姉の個別ルートは、どちらかといえば家族ルート、下の姉の個別ルートが真の姉ルートだと私は考える。どちらの姉も間違いなく主人公である弟のことを愛し、幸福を追求したはずなのだ。しかし、結果は対照的なエンドになってしまっている。ここが本作最大の特徴といえる。

 家族ルートは間違いなくいい話である。反対に真の姉ルートはそれはそれは悲惨である。ひたすらに現実のつらさを突きつけてくる。実の姉と付き合うことがどういうことなのかを思い知らされる。

 ただ、両方のルートに共通していることは、父親や母親をはじめとした家族が、家族それぞれのことを心のそこから心配して、大切に想っていることだ。家族の想いがうまく合わさったエンドが上の姉で、家族の想いがすれ違ってしまったゆえのエンドが下の姉なのだろう。

 誰が正しいのか、誰が間違っているのか。それは誰にも分らない。

f:id:isyky2858:20180817221000j:plain

 

4)寧々お姉ちゃん可愛い

 包容力の塊やろこんなん。。。癒し。まぁ愛が重すぎるヤンデレだけども。

f:id:isyky2858:20180817221136j:plain

 

 

 

〇よくなかった点

1)実の姉と弟の交際に関して、親父が、上の姉とは認めたのに、下の姉とは認めなかった理由に納得がいかない

 2人の姉の違いはいったいなんだったのか。上の姉のエンドはそれこそハッピーエンドっぽく終わらせているが、実の弟と交際しているという状況は下の姉となんら変わりない。むしろ教師と生徒の恋愛という上の姉の方がはっきりいってヤバいだろ。なぜ親父は上の姉との交際を認め、下の姉との交際を認めなかったのか。その理由は「上の姉は社会人で、下の姉はまだ学生だから」と作中で述べられている。

 しかし、社会人だからどうだというのだろうか。社会のつらさを、現実の風の強さを、厳しさを知っているからなんだというのだろうか。知っていても耐えられないものは耐えられないつらさだろう。社会のつらさを知ってなお出した結論なら、納得できる?そうじゃない。結局のところ、学生のうちは自分で責任を背負いきれないのだ。社会人になれば、責任はいやでも自分で追わなければならなくなる。つまり、親父的には上の姉が自分で出した結論ならば、俺は口を出さない。なぜなら、おまえはもう社会人で、責任は自分で追うからだ。」というわけだ。

 しかし、さらにモヤっとところがある。この親父なのだが、とてもそんな人物には思えない。ここに矛盾があって納得がいかない。

f:id:isyky2858:20180817221923j:plain

 

2)ゲームを終了するのときに動作が重くなる

 私のPCだけかもしれない。

 

3)「幸福論」とかいて「ラブコメディ」はさすがにまずい

 ラブコメじゃない全然違う。

f:id:isyky2858:20180817223320j:plain

 

 

 

〇総評

 姉ゲ―と見せかけた家族ゲ―かと思いきや、やっぱり姉ゲ―だったという謎の作品。でも挑戦的な作品で、そこは大変評価できる。ふつうに実の妹や姉と付き合ってる作品は多いから、現実はつらいよねって認識させてくれるものがあってもいいなと思う私としては、大変面白い作品だった。

 もはや誰に勧められる作品かわからないけど、光るモノがあった。シナリオゲでも抜きゲでもキャラゲでもないからわけわからない。

f:id:isyky2858:20180817222838j:plain

ちょっと泣いてしもた(´;ω;`)

 

 

 

〇心に残った台詞

f:id:isyky2858:20180817223603j:plain

f:id:isyky2858:20180817223616j:plain

f:id:isyky2858:20180817223621j:plain

f:id:isyky2858:20180817223657j:plain

f:id:isyky2858:20180817223705j:plain

f:id:isyky2858:20180817223713j:plain

 「なんで、わたしたちの気持ちが、自由が、無関係で無責任な他人に間違いだと決めつけられなきゃいけないんですか?」

「多数の意見をもって少数の意見を殺すことが正しさだからですか?」

「でも、わたしはそんなのは正しさだなんて認めません。だって、だってそれは__」

「ただの暴力じゃないですか!」

みんなが言ってるからこうしなさい。みんなが迷惑するからやめなさい。みんながみんながみんなが!

「そうやって、小さい気持ちをどれだけの大人は踏みにじってきたんですか!踏みにじられた気持ちを考えないんですか!」

「多数による少数への悪を正義と呼ぶのなんてまっぴらです。大義名分を得ただけの暴力なんて、わたしは認めません」

「キミのことを思って。あなたのことを考えて。お前の未来のためなんだ。そうするのが一番なのよ」

「ぜんぶぜ~んぶ!余計なお世話です!」

何より、わたしの気持ちを、誰かに『間違ってる』だなんて、土足で踏み入ることを許したつもりはありません!

中略

結局、大人が言うのは『そう決まっているから』『みんながそう言っているから』ばかりじゃないですか

「それは、自分に責任がないから、って言ってるのと同じことじゃないですか!」

「無責任なことならいくらでも言えますよね。無関係なことなら勝手なことを言えますよね」

「でも、なんでそんな意見を、なんでわたしが聞かなきゃいけないんですか?」

自分の発言には責任を持てと言うだけで、自分たちの根拠を示そうとしない!そんなのが大人なんですか!

「それなら、わたしはそんなものにはなりません。子供のままでいいです。夢物語に浮かされた女の子でいいです」

 

__寧々

 THE未成年の主張。大人の世界っていうのはそういうものなんだよな。。。でもみんないつまでも子供のままではいられない。悲しいことや。

f:id:isyky2858:20180817225416j:plain

 「子供の未来を正すのが、親の仕事の一つかもしれない。けど、子供が歩く道を見守るのが、親の一番の役目

 

__梢

 親って大変だなぁ。親になったことないからわからないけど。

f:id:isyky2858:20180817225835j:plain

「みんなに何か言われた時、みんなが誰も助けてくれない時、そんな時でも、何があってもお姉ちゃんが守るから

「例え世界中が敵になったとしても、お姉ちゃんだけは弟くんの味方してあげるから」

「大丈夫、弟くんのために頑張るお姉ちゃんは、最強なんだからっ

 

__寧々 

 これが姉ゲ―や。。。

f:id:isyky2858:20180817230310j:plain

 「子供が理想を、夢を見られない世界なんざ、オレたちが守る価値もねぇ」

子供は夢を見るのが仕事。若者は夢を語るのが仕事。大人は__お前らに夢を見せるのが仕事だ

 

__アニキ

 アニキかっけぇ

【クロノクロック】感想&紹介 _未来は可能性に満ちている

  • プレイ時間 12時間
  • ジャンル  キャラゲ
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★

エッチシーン12回・バックログからのシーンジャンプあり

f:id:isyky2858:20180815161628j:plain

 

 

 

〇概要

5分だけ過去にタイムスリップできる時計を持つ主人公が、自身の考え方を過去から未来へと変えるお話。

f:id:isyky2858:20180815162144j:plain

 

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20180815171450j:plain

ええですなぁ(*'ω'*)

残念ながらエッチシーンではすぐ脱いだけど。いやそもそもパンストキャラいないと思ってたから出会えただけで収穫だけども。

 

 

 

〇よかった点

1)キャラゲらしくキャラの可愛さが際立っている

 みんな可愛く描けている。ヤクザ娘だけどぬいぐるみ好きの真琴・ツンデレのデレが強すぎる美咲・兄様への愛が重すぎる妹の満・金髪メイド許嫁のDD・ろりばばあ時計の神のクロ、というように、キャラづくりは申し分ない。キャラの可愛さがギャップにより生み出されることをよくわかっている。みゆだけはちょっと合わなかった気がするが。

 とくに、クロルートでのクロは本当に可愛かった。パフェ食べているシーンは本当にすき。もういくらでも奢ってあげられる。

f:id:isyky2858:20180815163201j:plain

真琴は「ふぇぇ・・・」って涙目になっているシーンが好き。個別ルートの内容はそんなでもなかったけど。ヤンデレ路線でそのままいってほしかったな。

f:id:isyky2858:20180815163541j:plain

美咲は言動すべてがいちいち露骨すぎるが、それでも憎めない可愛さがよかった。あとポッキーゲームね。

f:id:isyky2858:20180815163903j:plain

満は、もう言うまでもなく好き。個別ルートの内容もろとも。満ルートとは違い、家族ルートかもしれないけど。実妹だから、そういった社会常識と戦うみたいなお話じゃなくて本当によかった。恐ろしいぐらいに、全てのルートに絡んでくるのは笑えないぞおい。

f:id:isyky2858:20180815164412j:plain

DDは正直最初は好きじゃなかったし、個別ルートやるのめんどくさいなぐらいにしか思ってなかったけど、一番重いもの背負ってて、こいつやるなという感想。「ご主人様」と「澪くん」の呼び方の使い分けには驚かされた。いい意味で、期待を裏切られたキャラ。

f:id:isyky2858:20180815164853j:plain

 

2)プロローグと個別ルート、そしてトゥルーエンドへの繋がり方

 真琴・美咲・DD・満、この4人の個別ルートを終えた後に、なんで告白が成功して付き合った後のことが描かれないんだろうと私は不思議に思ってた。キャラゲって、言ってしまえば、告白が成功して、その後の付き合い始めたイチャイチャライフがメインだから、違和感ありまくりだった。しかし、この告白後を描かないことは、しっかりトゥルーエンドへとつながっていて驚いた。作り方がシナリオゲっぽい。

f:id:isyky2858:20180815165716j:plain

 

3)個別ルートがおわった後にエッチシーンの追加

 無理にエッチシーンを個別ルートにねじ込まない姿勢はかなり評価できる。私的好みは、エッチシーンと物語との融合形態だけど、キャラゲなら話は別。いい話だなーというタイミングでエッチシーンなんかいらん

f:id:isyky2858:20180815165931j:plain

 

4)SD絵が可愛い

枚数は少ないが、かなり印象に残る可愛さ。

f:id:isyky2858:20180815170225j:plain

 

5)読みやすい

 短い文で会話が繰り広げられ、また吹き出しのように、台詞がキャラの近くに表示されるため、誰が発言しているかわかりやすく、読みやすい。画面下の方にこまごまと文章表示されても本当に読みにくい。

f:id:isyky2858:20180815171055j:plain

 

 

 

〇よくなかった点

1)告白後、すなわち正式に付き合い始めてからをちゃんと描いてほしかった

 ある程度はエッチシーンで補えてるかもしれないけど、そういうことではなく、せっかく海に近いんだから海水浴にいくイベントやデートイベントみたいに、エッチシーンじゃないけどイチャイチャする話を後日談で入れてもよかったのではないか。全体的な尺が短い原因はおそらくこれ。

 

2)ヒロイン6人も必要だったのか

 4人ぐらいに減らして、一人あたりの濃さを上げた方がよかったのでは。それで、エッチシーンも一人3個で。どうしても、個々が薄い印象が強すぎる。

 

 

〇総評

初purpleだったが、キャラゲとしては予想より楽しめた作品。ムービーや演出面からかなり丁寧に作られたことが窺える。これでフルプライスっていうのはさすがにちょっととは思うけど、中古800円で買った身としては、値段以上に収穫はあったので満足。コンシューマ移植していいんじゃねと個人的には思う。アマツツミよりもこっち移植しろよ。(アマツツミやったことないけど)

f:id:isyky2858:20180815173539j:plain

 

 

〇心に残った台詞

f:id:isyky2858:20180815172622j:plain

「余命幾ばくか?周囲に迷惑をかける?悲しい思いをさせる?」

「__そんなのは、愛の前では些事に過ぎません」

理屈や正論が恋路を邪魔するのなら、私が蹴り飛ばして差し上げます

 

_満

 

f:id:isyky2858:20180815173100j:plain

後悔しないってことは、なにも自分で決めない、選ばないってことじゃないですか

 

_みう

 

f:id:isyky2858:20180815173254j:plain

”未来”を見ている人間にとっては、失敗はあくまで成功までの道行きでしかない

 

_主人公

 

【僕が天使になった理由】感想&紹介 _恋愛至上主義へのアンチテーゼ物語

  • プレイ時間 18時間
  • ジャンル  シナリオ
  • エロ度   ★
  • 満足度   ★★★★

エッチシーン回数17回・バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20180812145313j:plain

 

 

 

〇概要

ある日、主人公の前に天使が降ってくる。天使の仕事は、失ってしまった人々の心の欠片をそれぞれに返却すること。天使の仕事ができなくなってしまった天使の代わりに、主人公が天使業を代行していく。そうやって、恋愛を嫌う主人公が、天使業代行を経て、その考え方を変えていく成長物語

一言でいえば、

主人公が天使になるお話(題名通り)

f:id:isyky2858:20180812150122j:plain

 

 

 

〇よかった点

1)共通ルートの面白さ+共通ルートとトゥルーエンドへの繋がり方がうまい

 シナリオゲ―において、共通ルートが退屈で眠たくなる、そんな現象は多々遭遇する。しかし、本作では、共通ルートからすでに面白い共通ルートでは、主人公の天使業代行の様子が、6話に分けて描かれている。6話それぞれに、異なって恋のカタチが描かれていて、正直共通ルート部分だけでも、そこらへんのキャラゲ―個別ルートより面白いと感じた。さらに、それぞれ短い話でまとまっており、ダレることは恐らくなくテンポがいい。

 また、共通ルートの部分をトゥルーエンドに活かしきれている部分も素晴らしい。伏線とまではいかなくとも、意味のある共通ルートで、繋がりは十分にある。共通ルートなしに、トゥルーエンドは語れない。

f:id:isyky2858:20180812151014j:plain

 

2)すべてがうまくいくエンドなんてありえないというメッセ―ジ

 本作では、一切ハッピーエンドはない。バッドエンドもない。あるのは、ビターエンドのみ。どの恋に関しても必ず何かを犠牲にしたり、あきらめたりしている。何かを手に入れるためには、何かを犠牲にしなければならない。すべてがうまくことなんてことはありえない。そんな世の中の基本原則をとことん表現したことが本作の大きな特徴といえる。

f:id:isyky2858:20180812151939j:plain

 

3)恋はそんなに素敵なものじゃないよ

 エロゲだろうとアニメだろうと、基本的に恋愛というものは素敵なものだと描かれている。少年漫画や少女漫画では特にそうだろう。でも、誰かが誰かを好きになることは、理屈ではないし、好きになりたくてなれるわけじゃない。好きという気持ちから、逃れることはできない

 他人の目、社会常識、他の人の気持ち、相手の気持ち、そういった様々なものが障害となって、人は相手のことを好きだという気持ちに苦しめられる。恋は非常に苦しいものなのだ。本作の登場人物たちは、みな恋に苦しむ。それでも、苦しんだ末に、自分で判断し自分の行動を選択していく、そんな人間としての強さが描かれていて、心打たれる

f:id:isyky2858:20180812153256j:plain

 

4)心の欠片を返すか、返さないか。どっちを選択しても苦しむ人はいる苦悩

 天使業とは、欠けてしまった心の欠片をその人に返してあげること。主人公はその代行をする。しかし、心の欠片を返せばそのひとが無条件で幸せになれるわけではないのが難しいところなのだ。心の欠片を返しても、また同じように傷つくだけかもしれない。かといって、返さなかったら、その人の恋はあきらめなければならない。このどっちを選択してもすべてがうまくいくわけではない二律背反状態がよい。

相手の気持ちに寄り添って、この苦渋の選択を繰り返していくことで、主人公が変わっていくことが大変納得できる。

f:id:isyky2858:20180812154221j:plain

f:id:isyky2858:20180812154306j:plain

f:id:isyky2858:20180812154317j:plain

「他人のためになにをするべきか・・・そんなもの迷って当たり前だ。正解などそうそうわかるわけがない」

中略

「なにをするかではない。どういう気持ちでするのか・・・案外それが正解にも不正解にもなるのかもしれん」

「要は、どれだけ相手のことを思ってしたことか、それが重要だってこともあるかもな」

 

_研造

 

5)心に響く言葉たくさん

f:id:isyky2858:20180812155250j:plain

自分を罰するためだけに生きてるなんて、周りの人間には迷惑なだけなんだよ。だったらせめて1人くらい幸せにしてみせろ」

 

_清人

 

f:id:isyky2858:20180812155514j:plain

「恋というのは、自分以外の存在を自分のものにしたいという究極のエゴ。純粋な恋などありはしない」

 

_ライオス

 

f:id:isyky2858:20180812155834j:plain

「こんなたくさんの人間がいる中で、誰かが自分のことを想ってくれるっていうのは、それは奇跡みたいなものだ」

 

_小次郎

素敵な言葉をありがとう。

 

6)心の欠片を返す弓のシーンがかっこいい

厨二くさいけど。弓っていいよなぁ。

f:id:isyky2858:20180812161146j:plain

 

 

〇よくなかった点

1)アイネ(天使)ルート以外はいらない

 一応天使ルートがトゥルーエンド扱いだが、その他3人のヒロインの個別ルートが存在する。しかし、あまりしっくりこない。天使と幼馴染以外のヒロインだと、主人公が恋をするのに納得がいかないのだ

また、幼馴染ルートにおいては、天使ルートの一部ネタバレに相当する箇所が多く、トゥルーエンドの衝撃さが薄れてしまっている。

共通ルート+天使ルートの一本道で本作をつくれば、かなりよくまとまっているように見えるし、より面白いと感じられるだろう。飽きることも無くなる。

f:id:isyky2858:20180812160607j:plain

 

2)EDごとにボーカルソングつくらなくてもよかったんじゃないかな

 このメーカーのこだわりなのかもしれないが、無駄な出費だと思う。肝心の天使の演奏の迫力がいまいちだったことも悲しい。力を入れる箇所を間違えている。その経費を他の所に回すか、価格を安くすればよかったんじゃないかな。

f:id:isyky2858:20180812161016j:plain

 

3)ずっと身近な話題の話だったなのに、いきなり地球規模の壮大な話になって笑った

 自分は別にいいと思うけど。ちょっといきなりスケール大きくなったなぁと戸惑うかも。

 

4)主人公がかなり癖ありで、気に入らないかもしれない

 過去が原因で、かなり自虐的な言動をする主人公にイラつく可能性あり。主人公とプレイヤーの相性って意外と重要なのよね

 

 

 

〇総評

シナリオゲーの内容に関してはかなり満足だった。作品内で、テーマが一貫していて、メッセ―ジ性の強い力作。ビターエンドだから、人によって感じることが様々ないわゆる「賛否両論」かもしれないが、恋について真剣に描いてくれる作品は貴重だと思う。シナリオゲ―に興味がある人ならおすすめできる深い作品だった。

f:id:isyky2858:20180812162259j:plain

 

【12の月のイヴ(minori)】感想&紹介 _人生をやり直すことなんてできない…えっ、できるんですか?

  • プレイ時間 15時間
  • ジャンル  シナリオ
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★

エロシーン回数10回・シーンジャンプなし・選択肢なしの一本道

f:id:isyky2858:20180808202805j:plain

 

 

 

〇概要

主人公が、一人のヒロインを死のループから救い、自分自身もそのループから脱するために奮闘するお話。

f:id:isyky2858:20180808203145j:plain

 

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20180808203303j:plain

★★★★★最高や

むっちり感がたまらないねんな。エッチでもかなり有効活用してくれて満足。脚にズームしてくれちゃうところも好き。

 

 

 

〇よかった点

1)演出レベルが高い

高い演出技術を活かして、キャラが生き生きしている。立ち絵は頻繁に動くし、瞬きまでする。主人公との距離感を表現することにおいては、このメーカーは本当に素晴らしいと感じる。横顔、後ろ姿は特に印象的。本当に隣歩いているみたい。見ていて飽きない。

f:id:isyky2858:20180808204118j:plain

f:id:isyky2858:20180808204300j:plain

ただ、この演出レベルの高さをえっちシーンに活用しようという気にはならんもんかねぇ。

 

2)CG綺麗

人物CGはもちろん、背景CGも凝っている。背景に人がだれも描かれていないことはない。教室の背景は、実際クラスの人が誰も描かれていない場合がかなりあるが、本作ではそんな心配はない。その他、空や天井、木といった自然のCGもさすがとしか言いようがない。

f:id:isyky2858:20180808204510j:plain

 

3)幼馴染姉妹ルートにおける、姉妹ドロドロ三角関係

幼馴染の姉妹が主人公のことが好きで、でも3人でいる時間を大切にしたいから踏み込めないみたいな設定は好き。3人でいることを望むけど、主人公への気持ちをごまかすことはできない葛藤、たまらないね。あっさり片方が折れてしまう展開が悲しいけど。素材はいいんだけどなぁ。

f:id:isyky2858:20180808211745j:plain

 

 

 

かなりネタバレあり。

〇よくなかった点

1)一本道のくせに、由紀ルートと幼馴染姉妹ルートの間に繋がりがほとんどない

一本道作品ならば、前半の幼馴染姉妹ルートで、トゥルーエンド扱いになる由紀ルートにつながるような内容にするべきだろう。そういったいわば伏線を張り巡らして、最後に回収していくことが、シナリオゲームでよく見るパターンだと思う。

しかし、本作では、由紀ルートと幼馴染姉妹ルートはかなり分離してしまっている。そのため、由紀ルートと幼馴染姉妹ルートの立ち位置が、プレイヤー的には同位置になり、ラストの盛り上がりに欠けるだけでなく、主人公がなぜそこまでして由紀に入れ込むのかに共感できない

由紀が遺伝病で死ぬことは確かに悲しい。だけども、他のヒロインじゃ本当にだめなのか?由紀と過ごした時間は共感するにはあまりにも短すぎるのだ。幼馴染姉妹エンドのほうがすごくしっくり来てしまう。

いくらタイムリープをして、何度も主人公と結ばれたとしても、お互いに記憶は継続していない不連続なものであり、そのタイムリープも何回くり返しているかプレイヤー側は知らない。ループを描くべきは、由紀の3回のタイムリープではなく、主人公と恋してセックスして娘が生まれて、その娘がまたループする、この部分だろう。この部分を繰り返し、プレイヤーが嫌になるほど書きまくれば、主人公が由紀に入れ込む理由がうなづけると私は考える。

f:id:isyky2858:20180808212121j:plain

そして、作品全体のテーマがなく、メッセージ性もない。本作は、この物語を通じていったい何をいいたかったのか、シナリオゲとして決定的なものが欠けている。

 

2)エロとストーリーの絡みが弱い

前作「夏空のペルセウス」をプレイしたときに思ったことは、エロとストーリーがうまく合わさっているなぁということだった。私は本作にもこの点を強く求めていたが、期待は裏切られた。個別ルートの最後に方に一気にぶち込んでいるものがほとんど。エロさはいいんだけどさ…

f:id:isyky2858:20180808212049j:plain

 

3)日常シーンが恐ろしいほどおもしろくない

かなり退屈だった。理由はわからない。

f:id:isyky2858:20180808212300j:plain

 

4)由紀ルートにおける主人公の行動にイラつく

  • 由紀が遺伝病を持っていることを知っていながらなぜに子供をつくるのか。子供にまで同じつらい運命背負わせるかもっていう発想にはならなかったのか。
  • ほぼ寝たきりの由紀とえっちするな。死ぬかもって考えなかったのか。
  • 由紀が生きているときに、父親のダメっぷりを聞いて、そんな父親になりたくないって言っておきながら、なんで由紀が死んでから自暴自棄になり、同じような父親になってんの。子供かわいそうだろうが。それは由紀の望んだことじゃないだろ。

f:id:isyky2858:20180808212337j:plain

 

5)父と娘の近親相姦はさすがにちょっと…

「お父さん」って言われながらせっくすってだれの需要やねん。

f:id:isyky2858:20180808213305j:plain

 

 

〇総評

前作「夏空のペルセウス」が楽しめたから本作も楽しめるだろうと思ったらあまり楽しめなかった。シナリオの完成度がいいとは言えないし、かといってキャラ萌えできるほどでもないし、抜きゲとしてもダメと非常に中途半端な作品。一本道にしなくてよかったんじゃないかな。それで抜きゲか萌えゲでも作ればいいと思うよ。シナリオ凝りたいなら、「夏空のペルセウス」ぐらいのわかりやすさと爽快さがほしい。

f:id:isyky2858:20180808212852j:plain

くり返すが、パンストはめちゃくちゃよきでした。

 

【愛姉妹Ⅳ 悔しくて気持ち良かったなんて言えない】感想&紹介 _セフレ関係になることで家庭が円滑になる?

  • プレイ時間 15時間
  • ジャンル  抜き(和姦)
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★

エロシーン回数多すぎて数えられない・シーンジャンプなし・ハーレムエンドあり・バッドエンドあり

f:id:isyky2858:20180808115122j:plain

 

 

 

〇概要

無職ブサイク主人公が、自慢の絶倫ち〇こでセフレハーレムを形成するお話。f:id:isyky2858:20180808115623j:plain

 

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20180808122001j:plain

f:id:isyky2858:20180808122231j:plain

★★★★神かよ…

すごいすべすべしてそうで、顔をすりすりしたくなる。もう少しむっちり感が欲しくもないけど、これはこれでいい。全裸+パンストのエッチあるし制作側はよくわかっている。

 

 

〇よかった点

1)市川小紗さんの原画とエロさ

あらすじも何も見ないで絵師買いしたため、絵で一番楽しんだ。この人の絵ってなぜか惹きつけられる。パンツの書き方とまつ毛の書き方がとても好き。和姦がほとんどというか全部だけども、エロさの満足度は高く、抜きゲとしては最高。

f:id:isyky2858:20180808120017j:plain

f:id:isyky2858:20180808120310j:plain

 

2)ヒロインたちをセフレにしていくことで、ヒロイン側の悩みが解決し、ヒロインの家庭がうまくいくようになる謎の展開

サブタイトル「悔しくて気持ち良かったなんて言えない」から、勘のいい人なら、主人公が自慢の絶倫ち〇こでヒロインたちを調教して快楽の虜にするんやなと思うであろう。私もそう思ってプレイした。

しかし、本作はほぼ和姦。しかもヒロインがまったく堕ちない。最初こそ無理やり犯している雰囲気なのだが、なぜか途中からヒロインたちが友達のように、親戚のように、ナチュラルに主人公と会話するようになるしセックスだけのセフレ関係を楽しみ出すのだ

f:id:isyky2858:20180808130211j:plain

主人公とせっくすしている写真をネットに流すぞと脅されても、まったく動じないヒロインたち。むしろずっと強気で、主人公に大して服従なんてせず、思いっきり反抗してくるし、意見してくる。抜きゲなのに日常会話が普通に楽しかったもん。

このぎすぎすしていない肉体関係だけの明るい雰囲気が本作の特徴である。

f:id:isyky2858:20180808121839j:plain

そして、主人公がヒロインたち(母親・姉・妹)をセフレ関係にすることで、それまでぎすぎすしていたヒロインたちの家庭がいい方向に向かっていくのも面白い展開だと思う。セフレ関係ってふつうは家庭崩壊の原因になるのではないかと思っていたけど…

f:id:isyky2858:20180808122810j:plain

「話を戻すけど、ようするに私はお兄さんとの出会いでお父さんとの関係が改善した」

「同様にお父さんも明るくなり、姉さんの仲が改善した」

「お父さんが変われた原因は・・・言わなくてもわかるよね?」

「お父さんとお母さんがお互いに必要以上に我慢せず、話し合うって考えを改めたのも・・・お兄さんが切っ掛け」

 

_清美

家族会議のシーンは面白かった。ハーレムエンドがトゥルーエンド扱いってすげーわ

 

3)姉妹エンド・ハーレムエンド

ウハウハすぎて楽しい。抜きゲはこうでないと。このCG大好き。姉妹は特にキャラがたっていて本当に可愛かった。

f:id:isyky2858:20180808130121j:plain

 

 

〇よくなかった点

1)不必要なヒロインがいる

物語の進行上、明らかに個別ルートに違和感を感じるヒロインが2人程いる。これは蛇足。藤村母・姉・妹以外のルートはいらない。抜きゲだから、多くの人の性癖に応えようとしてくれたのかもしれないけどね。

f:id:isyky2858:20180808125136j:plain

f:id:isyky2858:20180808125215j:plain

この2人

 

2)CGの使いまわしの激しさ

調教とはいかなくても、個別ルートに入るためには特定のヒロインとえっちシーンを重ねていかなければいけないことはよくある抜きゲと同じ。この時によく起こる弊害はCGの使いまわしだ。既視感が大きくなればなるほど、人間は面白みを感じなくなる生物だと思うから致命的。私は途中で飽きた。

ただ、本作では、同じ構図のCGでも、背景・ヒロインの髪型・服装を細かに変える努力をしているため、そこは評価できる。多少はマシ。

f:id:isyky2858:20180808125033j:plain

 

3)主人公がヒロインたちになつかれる理由がピンとこない

抜きゲだから多少は見逃せるけど、主人公がここまで急にモテるようになった理由がよくわからない。ヒロインたち曰く、話やすいとか優しいとか気配りができるらしいが、そこまでではない気がする。たしかに、抜きゲの主人公にしては非人道的ではないし、ヒロインの嫌がることをしないという紳士っぷりは良い。ただ、ヒロイン曰く壊滅的なほどブサイクらしいし、やっぱりわからん。人間まずは顔が重要ではなかったのか?

ブサイク無職でも頑張ればこんなウハウハハーレム形成できるぜとでも言いたかったのかこの作品は?犯罪が増えるだけだろ。

f:id:isyky2858:20180808124732j:plain

女の涙関係なしにひどいことしてくる主人公もいるけどな

 

4)攻略難しい

朝昼夜でどのヒロインとえっちするか選択していくのだが、これがけっこう手間になる。もうちょっとわかりやすいと楽で楽しいんだけどなぁ。抜きゲの手間は最大限減らした方がいい。

f:id:isyky2858:20180808124622j:plain

 

 

 

〇総評

抜きゲとしてだけ見れば、絵は大好きで大変えっちだったから満足できた。シナリオはお察しで。つまらなくはないんだけど。市川小紗さんの原画が好みだったら満足できる、というかお腹いっぱいになれるであろう。ヒロインがみんな強気で主人公のほうが弱気のため、女をチカラで屈させたいタイプの人は合わないので注意。

f:id:isyky2858:20180808130501j:plain

眼鏡ヒロインなのになんでこんな可愛いんや…