ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

「この作品に興味あるんだけど、実際どんな感じなの?」人向けのエロゲ紹介記事と思考まとめ

【キミに迫るオトメのレッスン(MONAKO)】感想&紹介 _オトメのレッスンが楽しすぎる

  • プレイ時間 12時間
  • ジャンル  抜き
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • おすすめ  ★★★★

 エロシーン回数・日菜乃12回・琴音12回・里穂11回・葵11回。複数えっちあり。ハーレムエンドあり。射精カウンターあり。

f:id:isyky2858:20180624191910j:plain

 

 

 

〇概要

 社会に出てから女子校出身者が困らないよう、女子に男の免疫をつけさせるため、突如、女子校に転校することになった主人公。そこでは恋愛の練習という名のえっちなオトメのレッスンが待ち構えていたのだった。。。

f:id:isyky2858:20180624192802j:plain

 

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20180624195436j:plain

★★★★おおむね満足

えっちの内容でパンストを十分に使ってきた構図が多いため満足ではある。もう少しハリというかムチムチ感と質感があったら満点。

 

 

 

〇よかった点

1)可愛さとエロさは満点レベル

 キャラの可愛さとエロさはとてもよくできている。風紀委員でえっちなことはダメと言っているが実はムッツリだったり、見た目はギャルですぐおっぱいをくっつけてくるが、実は恥ずかしがり屋で攻めに弱かったり、普段は毒舌でSっ気が強いのに実は泣き虫だったり、最初から好感度MAXの幼馴染だったりと、キャラ作りは本当に素晴らしい。嫌いなキャラがいない。

f:id:isyky2858:20180624200416j:plain

キミの胸のほうがエッチすぎだよ・・・

エロさに関しては、文句のつけようもなく、多彩なシチュで楽しませてもらった。基本は攻められる構図が多いが、主人公が攻めの構図もあって素晴らしい。個別ルートのイチャラブ度は頭がおかしくなる。ほぼすべてのCGはエッチシーンだからかなり徹底してる。

 

2)共通ルートでの、オトメのレッスンのノリが楽しい

 えっちなことに夢中なオトメたちが迫ってくる。これだけでもう最高。男の体のことを知るためという体裁で、主人公が貞操帯つけて射精管理されたり、ア〇ルにローター入れられたりしたあたりは面白すぎた。よくこんなの思いついたなぁ

f:id:isyky2858:20180624201549j:plain

f:id:isyky2858:20180624201611j:plain

 「んんんぉーーーっ!!」

終わった・・・・・・。クラスメイトの居る中で、尻でイッてしまった。

 

_主人公(共通ルート)

 

3)女子校に男のまま通う設定

 女装ものは最近ほんとに多くなってきた気がする。ただ、男のまま女子校に行く作品は案外なかったように感じた。私自身、男子校に通っていたため、女子校に通うという夢のような設定はとても楽しめた。また、主人公の挙動に関してはかなり共感できる節がある点も評価できる。男はこういうもんやねん。イケメン主人公で気取ってるやつはダメ。 

f:id:isyky2858:20180624202831j:plain

至って普通に登校するけど、回りがすべて性的なものに見える。

 

_主人公(共通ルート)

 

4)卑語修正なしでエロ実況の頑張りようがすごい

 卑語修正なしはあまり出会ったことなかったので新鮮だった。エロ実況は頑張りすぎてもはや笑ってしまうレベルだったけど。なんだよワキマ〇コって。。。

 

5)会話のノリが楽しい

f:id:isyky2858:20180624204547j:plain

「嘘を言わないで、男は大きい方がいいんでしょう。いつもりした里穂の谷間ばっかり見て」

「それは気にし過ぎです。先輩の谷間が見たいです」

「私にはないのよ!」

「絶対ありますって、俺が見つけてあげます」

 

_主人公・琴音(琴音ルート)

f:id:isyky2858:20180624204850j:plain

「格好よすぎてお股がびしょびしょになっちゃった」

「替えの下着はないんだから、ほどほどにしておけよ」

「もう好きな気持ちが止まらないよ。今すぐ結婚して」

 

_主人公・日菜乃(日菜乃ルート)

f:id:isyky2858:20180624205255j:plain

「はいこれ。脱ぎたてのパンツだよ」

 

_日菜乃(日菜乃ルート)

 

〇よくなかった点

1)共通ルートから個別ルートに入る流れが急すぎる

 共通ルートはとても楽しかったのだが、あまりにも脈絡なさすぎなルート分岐にはさすがに違和感が大きい。葵ルートにそのままいくなら納得なのだが、それ以外のキャラは明らかにおかしい。

f:id:isyky2858:20180624203617j:plain

 

2)個別ルート間で、構図が似ている

 初えっち→デート→ラブホえっち→ヒロインが手作り弁当→野外えっちみたいな感じでデジャブがすごい。もう少し個別ルート間でバリエーションがあったらよかったかな。えっちだったから満足だけど。

f:id:isyky2858:20180624204313j:plain

 

3)背景の使いまわし

キミトユメミシと同じ背景があった。フリ素なのだろうか。

f:id:isyky2858:20180624211807j:plain

f:id:isyky2858:20180624212003j:plain

 

 

 

 

〇個別ルート

  • 琴音:イチャラブエッチして終わり
  • 日菜乃:同上
  • 里穂:同上
  • 葵:真の恋人関係とはないかについて説いてくる素晴らしい内容。葵ルートだけやっておけばおk。

f:id:isyky2858:20180624210037j:plain

f:id:isyky2858:20180624211554j:plain

葵ママ~^^

 

 

 

〇総評

可愛くて、えっちな女の子たちに迫られる、なんと素晴らしい作品なのだろうか。物語性はないが、抜きゲ―としては満点。中古価格が高い理由に納得がいった。

【歪んだ嘘の恋とレッテル(studioオルカ)】感想&紹介 _ただの抜きゲ―かと思いきや…

  • プレイ時間 10時間
  • ジャンル  抜き(+シナリオ)
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • おすすめ  ★★★

エロシーン回数・冴子10回・有紀10回・ゆにあ8回・いくみ7回・あさみ6回、他複数えっりあり。ハーレムエンドあり。バッドエンドあり。シーンジャンプあり。

f:id:isyky2858:20180615234513j:plain

 

 

 

〇概要

幼い頃の過ちが原因で、変態ヤリチン野郎のレッテルを貼り続けられた主人公。レッテルに抗うことをやめ、レッテルどおりのふるまいをする自暴自棄な生活を送っていた。そんなある日、自分のレッテルの原因となった幼馴染が突然学校に転校してきた。そして、主人公に向かってこう言った。「私を穢して」と。主人公は、長年のレッテルの恨みをはらすのか、それとも…?

f:id:isyky2858:20180615235413j:plain

 

 

 

〇タイツ

f:id:isyky2858:20180616010626j:plain

うーん、微妙!!

タイツ穿いたままエッチがあっただけましだけども。存在感がなさすぎる(´・ω・`)

 

 

〇よかった点

1)エロシーンで始じまり、エロシーンで終わるスタイル

開始数分でエロシーンという気合の入り様。さらに、OPに入るまでに、ヒロインすべてに一回ずつエロシーンがあるという優遇っぷり。しかも、個別ルートの最後はヒロインとの和姦えっちで終わる。抜きゲーとしては満点です。また、緊縛玩具などの特殊なプレイもあります。

ここまでだと、どうみてもただの抜きゲ―にしか見えない。しかし、中身はしっかりしたシナリオがあるというね(ダメな個別ルートもあるけど)…完全に騙された。

f:id:isyky2858:20180615235932j:plain

 

2)シナリオとエロの絡み

 抜きゲ―といっても、一口には言えなくて、「もっと!孕ませ!炎のおっぱい異世界エロ魔法学園」みたいにストーリーを度外視して、完全な抜き特化タイプもあれば、「媚肉の香り」のように、上質なエロさを保ちつつ、シナリオに上手に絡ませてくるタイプもあります。本作は後者でした。エロに意味を持たせてくるタイプです。

エロシーンで始まり、中盤は、いろいろ特殊なシチュが混ざっていてエロシーンまみれなのに、気づいたらシリアスな話になってて、最後はいい話に帰結し、和姦エッチで終わる。神かよ。

f:id:isyky2858:20180616000738j:plain

「あなたに穢し続けてもらえる限り、私は『私』でいることができるのよ。ーーきっと、あの子たちもね」

 

_冴子(共通ルート)

 

3) 扱っている題材「レッテル」が心に響く

 作品名にもある通り、本作では「レッテル」を中心とした物語です。「レッテル」とはすなわち、他人によって押し付けられた「偽りの人物像」であり、きっと誰しもが持っているものでしょう。現代の人付き合いの傾向にある「キャラづくり」に通じているものがあります。自分はほんとうはこんな行動はしたくないのに、他人から求められる「人物像」にそって行動してしまうということです。

主人公もレッテル通りに行動します。なぜなら、それは本当の自分ではないから。本当の自分ではないから、気持ちが楽なのです。レッテルという殻に閉じこもることで、自分を守っているのです。

f:id:isyky2858:20180616003505j:plain

f:id:isyky2858:20180616003515j:plain

自分の意思や真実に背いて広がる『噂』は、圧倒的な力を持つ闇となってこちらへ押し寄せて、抗うことすら許さない。

割り切って受け入れでもしない限り、心を深くえぐられるばかりなのだ。

 

_主人公(共通ルート)

そんな主人公とヒロインたちが、ともに身体と時を重ねていくことで、恋をして、お互いを支え合い、レッテル=殻を打ち破っていく。そんな物語です。

f:id:isyky2858:20180616003830j:plain

「完全に誤解が消えてなくなるなんて思わないけど、あんたと一緒ならどんな噂でも笑って流せる気がするの」

 

_いくみ(いくみルート) 

 

4)幼馴染2の有紀ルートが私好みだった

本作ではヒロインが5人いますが、私的には一番気合入ってたなと思うし、私好みのルートが幼馴染2の有紀です。

f:id:isyky2858:20180616004207j:plain

眼鏡巨乳さん。

ネタバレになるのであまり強く言えませんが、とにかく愛が重い。本作で「歪んだ愛」に一番ふさわしいキャラです。女の嫉妬とかドロドロした感じを味わえます。あとエロい。

また、眼鏡・服装・癖のしぐさ・全てに意味を持たせて個別ルートに活かしてきたところはかなり好印象です。純粋によくできてると思う。まじめに。

f:id:isyky2858:20180616004822j:plain

水着になってもパーカーを脱がないのは、巨乳がコンプレックスで胸を見せたくないだけかと思ってた私の煩悩を許して(´・ω・`)

 

5)ピアノBGMがよい

 抜き分類の作品はそうじてBGMが記憶に残らない傾向にある私ですが、何曲か心に残る曲がありました。「有紀」と「胸の痛み」です。良曲ピアノBGMは聴くだけで心にしんみりと響いて好きです。

 

 

 

〇よくなかった点

1)先生のボイスがなくて終盤の盛り上がりに欠ける

うざったるほどよく出てくるこの先生キャラ。個別ルートの8割にかかわってくるのですが、ノーボイスという…うーん。

f:id:isyky2858:20180616005528j:plain

 

2)既読かどうかの判断がしにくい

文章の色が変化する、などのよく他のメーカーさんがされている工夫がないため、まったくわかりません。新規メーカーなので仕方ないですが、既読スキップがやりにくかった。

 

あとは特になし

 

 

〇総評

原画満足・ストーリーおおむね満足(2人ほどは手抜きっぽかったけど)・音楽良し・エロさ良しという、処女作にしては良く出来すぎている作品。

ストーリーとエロの混ざった作品がやりたい人はぜひ。私はかなり満足できた話なのに、特殊なシチュのエロが多いため、あまり勧めにくいのが難点です…

このメーカーさんの第二作がとても楽しみ♪

 

【キスベル(戯画)】感想&紹介 _イベント準備を通して、JKと仲良くなって恋人になってえっちするADV

  • _プレイ時間 16時間
  • ジャンル  キャラゲー
  • エロ度   ★★★
  • 満足度   ★★★
  • おすすめ  ★★★

エロシーン回数は各キャラ3回の計12回。キスシリーズ第2作。

f:id:isyky2858:20180610210519j:plain

 

 

〇概要

 クリスマスイベントの実行委員となった主人公が、同じ実行委員のヒロインたちと、準備を通して仲を深め、恋人になって、えっちする。一言でいえばそれだけのお話。

f:id:isyky2858:20180610211240j:plain

 

 

 

〇登場人物

f:id:isyky2858:20180610211407j:plain

高幡ちはる

新生徒会長。2年生。天然ですぐに調子に乗ってやらかす残念系ヒロイン。ヒロインの中では、バストが2番目に小さいようだが、どう見ても長津田ちゃんよりも大きい(確信)

 

f:id:isyky2858:20180610212141j:plain

長津田夕美

2年生。高幡ちはるの親友。りけじょ。長津田ちゃんポーズがかわいい。個別ルート入ったら、ものすっっっっっっごく甘やかしてくれるよ。CVあじ秋刀魚

 

f:id:isyky2858:20180610212406j:plain

梶谷彩乃

3年生。主人公のお姉さんみたいな存在。やんちゃで悪戯好き。巨乳。実はチキンで気が弱い。

 

f:id:isyky2858:20180610212920j:plain

宮前エリ

1年生。風紀委員。個別ルート入るとものすっっっっっっっっっごく甘えてくるよ。なぜ名前がカタカナなのだろう。。。本作で私のお気に入りキャラ。

 みんなかわいい!(いつも言ってる)

 

 

 

〇よかった点

1)原画がとびぬけて良い

 キスシリーズ第1作「ホチキス」でも書きましたが、前作よりもさらに原画のキレが増していると感じました。「女の子」というよりは「女性」を描いています。リアルJKみたい。(筆者は男子高出身のため、リアルJKと接したことはありませんが(^^;)

f:id:isyky2858:20180610213845j:plain

みんな良き脚や(*'ω'*)

 

2)安心して読めるシナリオ

 会話を通してほんとにヒロインたちとお話しているだけの印象が残りました。人が死ぬ・難しい設定・複雑な人間関係、そんなものどこにもありません。盛り上がりに欠けるシナリオといえばそれまでですが。キスシリーズはこれでいいんです。一定の需要が必ずあります。日常会話は楽しく、共通ルートのほうが楽しかったくらいです。

f:id:isyky2858:20180610214826j:plain

 

3)チャプター式・シーンジャンプなどシステム面の快適さ

相変わらずの戯画クオリティ。完成されたシステムです。チャプター式は、前作「ホチキス」でも同様でした。今、全体のどこらへんのシナリオを読んでいるのかわかりやすく、とても助かります。

あと、立ち絵がコロコロ動くため、見ている分には飽きません。文章読むのにはうっとうしいけど。

f:id:isyky2858:20180610215333j:plain

恋の相対性理論(笑)

 

4)主人公を介さないヒロイン同士の絡み

  親友同士のちはる×夕美とか、彩乃×朋子とか。全体的に、恋の相談をするシーンが多いため、そういったシーンが多く見られます。なんか主人公を介さないヒロイン同士のやり取りって私好きなんですよ。リアル女の子っぽい。

f:id:isyky2858:20180610220159j:plain

 

5)長津田ちゃんの恋の葛藤(ややネタバレ)

 私がシナリオ的に一番恋愛してたなーと思うキャラが長津田夕美ちゃんです。もともと親友の高幡ちはるを主人公から守るために実行委員になり、最初は主人公に攻撃的なのです。ただ、主人公と準備をすすめ、時間をともに過ごすにしたがって、主人公への心境が変化していきます。そして、その変化に自分自身が気づいていない。

 個別ルートで自分の気持ちに気づき始めますが、認めようとしません。だって、親友の高幡ちはるも主人公のことが好きだと思っているから。親友と主人公との気持ちの間で葛藤するシーンはなかなかくるものがありました。長津田ちゃんが泣いたシーンはとても印象的でした。

f:id:isyky2858:20180610221203j:plain

 

 

 

〇よくなかった点

1)エロが少ない

 各キャラもう1回ずつくらいはほしいなぁ。内容に関しては満足だからあとは数。

 

2)「キスベル」の空気感

前作の「ホチキス」同様、あまりにも扱いが雑すぎる。ゲームの最初にもってくるCGにしては、あまりにも存在感がないです。もっと別の作品名でもよかったのでは。

f:id:isyky2858:20180610221839j:plain

 

3)デートシーンが少ない(というかほぼ皆無)

クリスマスイベントの準備に忙しいのはわかったから(いうほど忙しそうには見えないけど)、デートしてくれ。なんで付き合ってからセッ久しかしないの?サルなの?初詣とか行こうよ。えっちはないけど、もっとキャッキャうふふできるイベントを増やそうよ。

f:id:isyky2858:20180610222400j:plain

このシーンはとても、とてもよかった

 

4)冬に花火ってどうよ…

意外性はある。逆に意外性しかない。ここだけ邪道を進んでどこへ行くつもりや

f:id:isyky2858:20180610222722j:plain

 

 

 

〇総評

作品の主旨を理解し、楽しみ方を知っていれば、楽しめる作品。シナリオだけ抜き取ってしまえば、つまんないなぁと誰もが思うだろう。しかし、キスシリーズとはそういった類の作品ではないのだ。制服を着たリアル風JKと日常会話を楽しみ、選択肢を選び、ヒロインとえっちする、そういった作品だ。

その主旨に興味がなければやらなければいいし、興味があればぜひやってみましょう。

シナリオがつまんないなんて感想は本作ではナンセンスなのです。

 

 

追記

安西先生スラムダンク)に似てるらしいです…

f:id:isyky2858:20180610224036j:plain

【彼女と俺の恋染同棲(とこはな)】感想&紹介 _幼馴染と同棲する、それ以上でもそれ以下でもないお話

  • プレイ時間 2時間
  • ジャンル  抜きゲ―(?)
  • エロ度   ★★
  • 満足度   ★★
  • おすすめ度 ★

エロシーン6回。選択肢なし。攻略ヒロイン1人。

「とこはな」は「ensemble」のサブメーカーのようです(買った後に知りました)。

f:id:isyky2858:20180606192029j:plain

 

 

 

〇概要

ある日、幼馴染が主人公の家に引っ越してきた!!今日から同棲するよ~!!

以上、あらすじです。 題名のまま、ヒロインとの同棲生活を描いています。

f:id:isyky2858:20180606192719j:plain

 

 

 

〇よかった点

1)OPあり

ロープライスなので、ないだろうと思っていたらありました。しかし、OPをつくる余裕があるならもう少し話のボリュームを盛るべきでしょうに。

 

2)王道なえっちは完備している

6シーンしかなく、数は不満がありますが、内容的には王道なものを揃えており、よかったです。パ〇ズリやフェ〇チオ、お風呂、自慰行為など、まぁたいていのエロゲにはあるよねというシチュはありました。ア〇ルセッ久がないのは本当によかった。

f:id:isyky2858:20180606202646j:plain

 

3)変わったシステム

キーボードに割り当てるタイプはみたことありましたが、マウスで割り当てるタイプは初めて見ました。特に使いませんでしたが、これはこれで便利かもしれません。

f:id:isyky2858:20180606202533j:plain

 

 

 

〇よくなかった点

辛口になります。

1)幼馴染という設定を活かしきれていない

ヒロインは幼馴染で、主人公とは10年近く会っていないという設定です。当然ながら、幼馴染なら小さいころに結婚の約束をするわけですよ。そして、ヒロインは覚えているのに、主人公は約束を覚えていない。つまり、ヒロインは最初から主人公大好きモードで、主人公は冷めているわけです。ここまではいいです。

ただ、尺のせいなのかはわかりませんが、主人公がヒロインとの昔のエピソードを思い出すシーンがほとんどないのです(皆無ではないです)。幼馴染といえば、主人公との回想シーンでしょうが!

「幼馴染」という設定を、恋するまでの過程を省くためにしか使っていない。

可愛い女の子が家に引っ越してきて、自分のことを好き好き状態だったから、なんとなく好きになった、そのようにしか私には見えませんでした。

f:id:isyky2858:20180606203638j:plain

 

2)物語エンドの前に挟む「妊娠したかもしれない」

f:id:isyky2858:20180606203917j:plain

 「実は、私・・・わりと生理が重いほうで、お医者さんから薬を処方してもらっているんです」

 

_みやび

f:id:isyky2858:20180606204340j:plain

「妊娠、したかもしれません・・・」

 

_みやび

オクスリ飲んでいるんじゃなかったのか…最初から妊娠エンドに持っていくなら、生理が重い描写も最後の一回以外は外出しに徹底することも理由がないでしょう。しかもこの時の妊娠は嘘です。(ネタバレ)だからなおさらタチが悪い。蛇足。

 

3)「結婚」を描きたかったのか、「同棲」を描きたかったのか

f:id:isyky2858:20180606204739j:plain

「結婚って、思っていたより、本質的じゃないなってことでした」

中略

「さっきも言ったように、結婚しなくても好きな人と一緒にいることはできるし、こどもを持つことだってできます」

「本当の意味で大切なのは、当人同士の気持ちだなって」

 

_みやび

 私は、上の台詞を読んだとき、この作品は「結婚」に対してアンチテーゼを唱えるために「同棲」を描いていくんだなと思ったのですが、的外れでした。結局最後は結婚エンドです。結婚しなくても~なんて言ってる割にですからね。

むしろ妊娠しようが何だろうが、結婚しないでも幸せになれます!証明でもしてほしかった。

 

4)なんとも言えない背景

f:id:isyky2858:20180606210121j:plain

ロープライスなんで、あまり強くは言いません。が、なんだろう、このモブ感。すくなくともリッチな感じはしない。

f:id:isyky2858:20180606210306j:plain

あと、同棲なんですから、ヒロインの手作り料理のCGはほしかった。

 

 

 

〇総評

全体的に、何をしたかったのかわからない作品。ヒロインに無限に甘えさせてくれるわけでもなく、恋が成就するまでの過程を楽しむタイプでもない。恋のドキドキ感を味わえるわけでもなく、エロ特化でもない。「同棲」ってこういう感じだっけ???と思いたくなる。

そしてなによりプレイしてておもしろいと思ったりワクワクもドキドキもできませんでした。あまりにもありきたりすぎて真新しいものがなにもなかった。

ヒロインを公式サイトで見て、ビビッときたらやってみてもよいと思います。逆にそれ以外は回れ右でがよいでしょう。

 

【お兄ちゃん、朝までずっとギュってして!(Tinkle Position)】感想&紹介 _常識を超えろ。妹とハグしてえっちして添い寝するADV、略して添いイモ

  • プレイ時間 15時間
  • ジャンル  前半萌えゲー+後半抜きゲ―(和姦)
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • おすすめ  ★★★★★(性癖の合う人だけ)

エロシーン各キャラ7回ずつ、総回数35回。ハーレムルートあり。

f:id:isyky2858:20180602113743j:plain

 

 

 

〇概要

 喘息を患っていた主人公は、研究者である両親の研究対象となっていた。ある日、ハグに関する論文が発表され、ハグ効果がどれだけ現れるかを調べるために、両親から「毎日妹たちとハグしなさい!」と言われる。小さいころとは異なり、成長期にさしかかった妹たち。こんなん意識しないわけないだろおおおおおおおおおおおおお(心の叫び)

以上、あらすじ。妹によるお兄ちゃんのための妹ゲ―

f:id:isyky2858:20180602115221j:plain

 

 

 

〇登場人物紹介

f:id:isyky2858:20180602115403j:plain

女未そら

長女。映画スキー。若干天然でぬけているところがあるが、精神面ママで包容力の塊。

 

f:id:isyky2858:20180602115751j:plain

女未あかね

次女。臭いフェチ。極度の寒がり。天才少女。唯一の「兄さん」呼び

 

f:id:isyky2858:20180602120003j:plain

女未こはく

三女。家事をすべてこなす仕事面ママ。うれしいとおしっこもらしちゃう。ゲームオタク。

 

f:id:isyky2858:20180602120251j:plain

女未すみ

四女。実は眼鏡キャラ。ひたすら癒しを与えてくれる精神面ママ2。

 

みんなかわいすぎだろおおおお!!

 

 

 

〇よかった点

1)妹

 4人も妹キャラがいますが、みんなしっかり分けてキャラづけされています。逆に言えば、妹たちは各々が自分の役割を探して重ならないようにしています(そういう描写がある)。姉妹がたくさんいるということをよくわかって描写していて素晴らしいと感じました。自分の居場所を探すことに必死なんですよね。みんな違っているからみんな好きになれます。

f:id:isyky2858:20180602133600j:plain

しかももれなくみんな貧乳です。リアリティあります。ロリ巨乳なんて現実味がなさすぎて妹ゲ―にはNGです。

 

2)添い寝がとても印象的

 ゲームのウリとして、ハグシステムというものがピックアップされていますが、私はハグシーンより添い寝シーンのほうが印象的でした。「おやすみ」から「おはよう」まで、妹たちが添い寝してくれる。なんて素晴らしいんだ。添い寝して他愛ない話をするシーンが私は大好きです。

f:id:isyky2858:20180602133751j:plain

f:id:isyky2858:20180602133805j:plain

おやすみからおはようまで。こだわりを感じる

 

3)妹⇔お兄ちゃん、だけでなく、妹⇔妹のやり取り

 妹ゲ―を他にやったことがないので、あまり強くは言えません。しかし、主人公と妹のやり取りだけでなく、妹同士のやり取りがしっかり描写されている点が大変好印象でした。

別に妹ゲ―だけではなく、普通のエロゲーにもあることなのですが、ヒロイン同士のやり取りがあまり描写されない作品が多い気がします。主人公を介在しない妹同士の絡みが本作ではよかったです。もちろん、妹⇔お兄ちゃんの絡みも素晴らしかったですよ。

f:id:isyky2858:20180602134340j:plain

 

4)萌える、悶える、死ねる、真の萌えゲ―はこれ

 原画+テキスト+ボイスで脳を溶かしてくる。いままでの萌えゲ―だと思ってた作品はニセモノだったのです…シナリオがどうこうというレベルではないですね。ずっと顔がにやけてました。※もちろん個人差あります

f:id:isyky2858:20180602134440j:plain

ああああああああ!

 

5)立ち絵鑑賞モード・シーンジャンプ

立ち絵鑑賞モードとシーンジャンプは、すべてのエロゲーメーカーさんが実装してくれる日がくるといいな。

f:id:isyky2858:20180602134531j:plain

 

6)ア〇ルセッ久なし

最近エロゲをやるごとにどこにでもある気がするア〇ルセッ久。現実味ないし、プレイヤー側からしたらどっちも体位は変わらないから、大してうれしくないだろうに。

 

 

 

〇よくなかった点

1)タイツキャラが2人もいるのに、タイツえっちが1回しかなかった

死活問題ですよ、ええ、本当に頭おかしい。満足度が★★★★★にいかなかった原因はこれです。

f:id:isyky2858:20180602134510j:plain

こんなにすばらしいのに…(´・ω・`)
 

 

2)前半の雰囲気はよかったのに、後半から一気にエロシーンの連続でいつのまにか終わってた

 前半の、妹たちと過ごす日常描写は本当に私好みで、大変楽しかったです。ただ、後半=個別ルートに入ったとたん、急にエロシーンエロシーンのごり押しになってきて、かなり萎えました。だったら最初からエロシーンを全体にばらまく感じの方がよかったと私は思いました。

 人並な言葉になってしまいますが、「エロシーンなんてなくてよかった」。妹たちとハグして添い寝して、他愛ない話をして、時々えっちなハプニングが起こって、みたいな日常系アニメのノリをずっと続けていればよかったのではないでしょうか。

f:id:isyky2858:20180602134651j:plain

 

3)ハグシステムの作業感

 製作者側が一番に推していたものですが、私はあまりヒットしませんでした。ただマウスクリックするだけって今の時代どうなんだ…VRとかつかって実際にハグしてる感覚を味わえるぐらいしてくれないと。

設定を変えると、ハグクリックではなく、選択肢に変えることができます。私は選択肢でやりました。

f:id:isyky2858:20180602125936j:plain

f:id:isyky2858:20180602125943j:plain

 しかも、物語の中で、ハグを自己否定してるシーンがありますし、結局製作者側は何をやりたかったのかわからない。

f:id:isyky2858:20180602125715j:plain

ハグは沢山の事を相手に伝える事が出来るけれどーーー

ーだけど、伝えられない事だって沢山あるんだって事を。

 

_主人公(そらルート)

 

4)「妹だから」「好きだから」という単調な理由で片づけるシナリオ

もともとシナリオを楽しみタイプのゲームではないことはわかっています。しかし、主人公の考えが浅いというか軽すぎることが目立ちました。

妹たち(すみを除く)は学校に通っている=社会に接する機会があるため、当然ながら兄と愛し合うことに対して「常識」というブレーキがかかり、兄に対する気持ちに悩みます。しかし、肝心の兄の方は、与えられた環境に居座ていて、社会に接する機会のないひきこもり=「常識」がないため、ほとんど妹への愛に関して悩みません。ずっと妹ラブラブ状態です。

本作では、この「常識」と「幸せ」に焦点を当てています。「常識」の範囲内で「幸せ」を探すか、「常識」の範囲を超えて「幸せ」を探すか。主人公は「常識」を超えました。

f:id:isyky2858:20180602132141j:plain

f:id:isyky2858:20180602132202j:plain

「ヒキコモリの何が悪い!」

「自分たちの幸せの概念を他人に押しつけないでくれ!」

 

_主人公(すみルート)

もちろん、ゲームだと割り切ってプレイする分にはなにも問題はないし、妹とセッ久するための背徳感から脱出するには、社会との接触を断つしかないことは事実です。プレイヤー側に、その背徳感を味わわせずに、幸福感だけを与えるためには必要な設定です。

しかし、私はどうにもこの主人公との乖離を感じられずにはいられませんでした。もっと妹との関係に苦悩する描写があってもいい気がします。言及し続ければ、ドロドロとしたシナリオになってしまうだけですけどね…

f:id:isyky2858:20180602132432j:plain

f:id:isyky2858:20180602132439j:plain

f:id:isyky2858:20180602132443j:plain

f:id:isyky2858:20180602132447j:plain

世の中で大切なことは社会の役に立ち、その中でお金を稼ぐこと・・・

だから、ヒキコモリでニートは悪いことだって言われる。

それを否定するつもりもない。

でも俺は幸い生きているだけで、生体データが社会の役に立って、お金を稼ぐことができている。

そんな俺があえて外に出て、社会に参加するならば、それはただの自分の名誉欲や金銭欲にほかならないだろう。

だったら、俺はずっとヒキコモリのニートでいい。

俺たち兄妹が幸せになるために、常識なんて必要ないのだから!

 

_主人公(ハーレムルート) 

 なんやこいつ…努力せずに生まれた環境に甘えているだけなのになぜこんな堂々と言い切れるのだろうか…

このゲームはヒキコモリを生産したかったのだろうか。

 

5)妹の部屋に行きたかった

主人公の部屋にいつも妹たちがくるので、妹たちの部屋のCGがないのです。かなしい。着替えハプニングとかほしかったなぁ

f:id:isyky2858:20180602134734j:plain

 

6)たぶん発売する月を間違えてる

5月に発売された本作ですが、物語内では12月の話です。当然ヒロインは厚着ですし、こたつもある。プレイしてて、かなり暑い気持ちになりました(^^;

f:id:isyky2858:20180602135651j:plain

かわいいから許すけどね!

 

7)💛マークの乱用

「ももいろクローゼット」でも書きました。エロゲには合わないと感じます。もし使うなら要所を見極めてつかってほしい。あまりにも多すぎ。

f:id:isyky2858:20180603122838j:plain

 

 

 

〇総評

いろいろと文句をたらたら言ってきましたが、楽しめたか楽しめなかったかと訊かれると、とても楽しめました。とにかくかわいい。この一言に尽きる。現実逃避するのに最適です。貧乳妹好きなら絶対にやって後悔はしません。

f:id:isyky2858:20180602135103j:plain

「たぶん名作にはなれないんじゃないかな・・・このままいって、ギリギリ良作ってトコかな」

 

_こはく(共通ルート)

 普遍的な評価をしろと言われると、皮肉ですが、物語内で出てきた上の台詞のようになります。好きな人はとことん好きなタイプ作品ですので、自分がビビッときたら安心してプレイしていいと思います。

むしろ、こういったニッチな性癖を叶えてくれるエロゲは貴重なので、これからもぜひ頑張って生き残ってほしいものです。

f:id:isyky2858:20180602140013j:plain

FDでないかなー