ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちなげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【湯けむり人妻慕情旅 ~ゆきずりの関係を結ぶ女たち~】感想&紹介__托卵最高!(n回目)

  • プレイ時間 4時間
  • ジャンル  抜きゲ―・人妻・寝取り
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 32回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190818213250j:plain

目次

 

〇概要

旅行先で出会った子持ち人妻たちを托卵させる。

 

〇よかったところ

静香さんルート・一晩中えっち

主人公が最初に手をだした人妻。静香さんは夫が相手をしてくれなくなり、さらに子供が成人してしまっているため、完全に他人から必要とされなくなってしまった存在で寂しい思いをしていた。そんなときに旅先で主人公と出会って意気投合し、女として見て必要としてくれる主人公に惹かれてしまい、主人公の強い押しもあって旅先だけ、つまり一晩だけの関係なら・・・と身体を許す。押しに弱いという女性らしさが出ている

f:id:isyky2858:20190818204702j:plain

女として見られて嬉しがる38歳

f:id:isyky2858:20190818204629j:plain

地味な色の下着が人妻らしい

主人公が静香さんに自分を忘れないようにほんとうにしつこく静香さんの身体に自分を刻み付けようと、一晩で20回くらい射精するほど一晩中ずっと静香さんとぐちゃぐちゃになるまでえっちするシーンがとてもシコい。

f:id:isyky2858:20190818213507j:plain

背景暗め、夜

f:id:isyky2858:20190818213528j:plain

背景明るめ、朝

その一晩限定えっちで、静香さんは当然最初は「中に出さないで」と拒絶するも主人公はそれを無視して中出しし、最後のほうは主人公は当たり前のように人妻に中出しし、そして静香さんはその中出しを受け入れるようになるのもまた良い。

f:id:isyky2858:20190818213348j:plain

最初はゴムあり

f:id:isyky2858:20190818213432j:plain

次第に生えっち

主人公も静香さんも別れるのが寂しいと思いながらも連絡先も交換せず本当に旅先の一晩だけの関係でケジメをつけようとするところがこのルートの良いところである。ふつうならそのままずるずる不倫関係だろうに。

f:id:isyky2858:20190818205933j:plain

それでも主人公との気持ちの良いえっちが忘れられなくて、3年後に主人公と静香さんは偶然再開して正式な不倫関係になるばかりか、最初の旅行で静香さんは妊娠していて独断で主人公の子どもを産んでいた托卵展開がまたシコい。しかもしれっと独断で主人公の名前の一部を使って子どもの名前をつけているところがちゃっかりしている。どんだけ主人公(間男)のこと好きなんだ、この人妻さんは?結局ケジメをつけるときっぱり別れたけど、主人公を忘れることなんてできないほど、主人公を好きになってしまったということ。夫に対する優越感が大きい。

f:id:isyky2858:20190818210553j:plain

こどもの名前に間男の名前の一部をつけるところが托卵の魅力

f:id:isyky2858:20190818211406j:plain

しゃっかり夫の精子をはじいている

夫と旅行にきていながらも、再会のうれしさに夫を置き去りにして主人公と密会して朝から晩までえっちしてしまうところがエロい。背景の明るさをうまく使い一日中えっちしていることを表現しているところが好き。

f:id:isyky2858:20190818213616j:plain

昼、服あり

f:id:isyky2858:20190818213657j:plain

夕方くらい、服なし

f:id:isyky2858:20190818213755j:plain

夜、服なし

念願の不倫関係になってからは夫に見せたことのない、主人公に見せるためのエロい下着をつけて、夫と電話しながらばれないようにえっちする、背徳感と優越感全開の寝取りえっちが楽しめた。きっと2人目も托卵するだろうなぁ。

f:id:isyky2858:20190818212936j:plain

もとが地味な下着をつけていただけに黒下着が際立つ

f:id:isyky2858:20190818213837j:plain

寝取りシチュの鉄板、電話

f:id:isyky2858:20190818211914j:plain

夫に対する優越感⤴⤴⤴

 

友子さんルート・自宅えっち

主人公が最後に手を出したロケットおっぱい人妻。細かいことを気にせずさばさばしていてエロに積極的な人で、頼めばヤらせてくれそうオーラを出しながらも、意外と夫を溺愛していて身が固く、主人公との挿入えっちは拒む。

f:id:isyky2858:20190818221024j:plain

f:id:isyky2858:20190818221152j:plain

男性器を押し付けられ揺れる人妻

しかし主人公と一回えっちしてしまったら主人公の虜になり、主人公と不倫関係になった後は主人公(間男)を堂々と自宅に連れ込んでえっちする。間男をいきなり家に連れ込める精神がスゴイの一言、バレるかもとは思わないのか、いやバレるかもしれない背徳感を楽しんでいるのだろうか。しかも「今日は安全日なの・・・」と主人公を誘惑し、夫のいない間に夫婦の寝室で一晩中種付けするところが夫に対する優越感が大きい。静香さんルート同様、背景の明るさを利用して一晩中えっちを表現しているところが良い。

f:id:isyky2858:20190818221100j:plain

昼間、脚はまだ絡ませていない

f:id:isyky2858:20190818220815j:plain

夜、脚を絡ませているところがグッド

f:id:isyky2858:20190818220901j:plain

朝、カーテンから差し込む光

下着は不倫前後で赤統一と色の変化はないものの、不倫後はTバックをはくようになる。身の固さが表れ色気の欠片もないジーパンの下にこんなエロい下着をつけているというギャップが最高

f:id:isyky2858:20190818215747j:plain

普段が色気のないジーパンだからエロ下着が際立つ

f:id:isyky2858:20190818215137j:plain

 

佑香さんルート・緩急のある主人公の責め方

自称ぽっちゃり、セッ久レスで乳輪デカい人妻。こちらはわかりやすく身が固めで主人公との不倫に対して3人の中で一番抵抗があり堕とすのに時間がかかった分だけ、3人の中で堕ちたあとの主人公への溺愛っぷりが一番大きいギャップが楽しめた

f:id:isyky2858:20190818223115j:plain

ぽっちゃり(?)

f:id:isyky2858:20190818223103j:plain

最初は酒に酔っているところを主人公が押し倒してえっちと強引に責める。そこからの責めは比較的緩やかにして、メールで徐々に好感度を上げていく戦法に切り替えながら主人公に対するガードを緩くさせていく。二人きりでデートするような間柄になってから、デートの帰りにホテルに強引に連れ込んでえっちと再び責めを強引に切り替える、緩急のある責めがよかった

f:id:isyky2858:20190818225327j:plain

最初は酔っているところを強引に

f:id:isyky2858:20190818224149j:plain

夫の誕生日プレゼントを間男に選んでもらうって・・・

f:id:isyky2858:20190818224358j:plain

デート帰りに無理やりラブホに連れ込み押し倒す。下着のデルタゾーンがえっち

主人公とのえっちが気持ちいいと認めつつも、やはり家族への罪悪感が最後まで残る佑香さんを完全に堕とすために、その罪悪感を忘れるほどえっちでイかせるという、間男の強引さが出ているところもよかった。散乱するゴムの表現はやはりエロい、何回えっちしたか視覚的にわかるからね。

f:id:isyky2858:20190818225418j:plain

f:id:isyky2858:20190818225435j:plain

散乱する使用済ゴム

佑香さんも友子さん同様に、主人公を家に連れ込んでえっちするようになり、夫とはしなかったあなるえっちをして、人妻のあなるを間男のち〇この形に変えるシチュが独占欲が満たされてエロい

f:id:isyky2858:20190818225516j:plain

下着は不倫前から黒色と欲求不満全開で、主人公と不倫するようになってからは欲求不満が収まってきたのか、紫色と少し落ち着いた色の下着になり、人妻の心境が変化していることが視覚的にわかって良い。

f:id:isyky2858:20190818223809j:plain

不倫前、黒

f:id:isyky2858:20190818224057j:plain

不倫後、紫

 

お酒に酔って淫れていく人妻

最初は友子さんと佑香さんの二人の人妻とふつうに酒を飲んでいたのに、だんだんと酔って頬が赤くなり、浴衣が乱れる。そして友子さんがつぶれてしまい、赤い下着を見せたまま主人公の前で眠ってしまい、残った佑香さんの愚痴を聞く。おなじ視点のCGで段階的に変わっていく様が良い。まぁ人妻さんたちはそんなつもりないんだろうけど、本人にその気がなくても無意識に男を誘惑してしまっているところがエロゲー人妻の怖いところ。

f:id:isyky2858:20190818230130j:plain

まだ酔ってない

f:id:isyky2858:20190818230305j:plain

浴衣がはだける

f:id:isyky2858:20190818230350j:plain

友子さん、酒につぶれる

 

結果として3人の子持ち人妻と不倫関係を持ち托卵させる強者主人公

妊娠した子持ち人妻2人を3pとか最高すぎないか。それぞれの人妻はちゃんと夫が好きで、その上で主人公との不倫関係を続けているからエロいと感じる。人妻ハーレムを目指すなら托卵しかない。

f:id:isyky2858:20190818230605j:plain

 

お尻

主人公もすごい発言しているけど、むっちりとしてお尻にすごいしか言葉が出ない。

f:id:isyky2858:20190818231314j:plain

 

前作「叔母寝取り」の不満点を改善

  • メッセージウィンドウの透過率が変更できるようになった
  • 乳首の存在感が増した

 

 

〇総評

子持ち人妻托卵祭り。寝取りの優越感をかなり感じられる。選択肢なしの一本道はちと微妙な気がして各キャラごとに個別エンドがほしいけれど、人妻を描かせれば右に出るものはいないスタジオポークさんの同人とは思えないクオリティに性癖が合う人なら間違いなく惚れるでしょう。

【メス堕ち! 巨乳妻との癒され愛温泉 ~巨乳妻たちと身も心もふれあうラブエロ性活~】感想&紹介__托卵最高!

  • プレイ時間 10時間
  • ジャンル  抜きゲ―・人妻・寝取り・純愛
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 47回
  • Hアニメメーション 12回
  • バックログからのシーンジャンプあり
  • 立ち絵鑑賞モードあり

f:id:isyky2858:20190814232434j:plain

目次

 

〇概要

傷心旅行先で人妻さんといけない遊びをする

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190815005602j:plain

夫の墓の前で喪服えっち

f:id:isyky2858:20190815004850j:plain

バニーコスプレえっち

バニーガールコスプレ網タイツ破きえっち亡くなった夫の墓の前で喪服パンスト破きえっちの計2回、どちらも同じキャラ。特に後者のシチュの破壊力が凄まじい。未亡人しかできないレアものである。

 

〇シナリオに関して

香澄ルート

人生に疲れた主人公が傷心旅行でたまたま行った旅館で、中学生くらいの頃に遠くに引っ越してしまった幼馴染かつ主人公の初恋の人と偶然再会する。初恋幼馴染は旅館の女将かつ人妻になっていたけれど、運命的な再会に心を躍らせ、何となく雰囲気にのまれて主人公と肉体関係を持ってしまう。

f:id:isyky2858:20190814235432j:plain

偏見だけど、女の人は運命的な出会いに弱いのかなぁと思う。あと、主人公との肉体関係にあくまで主人公が旅館に滞在している間という期間を設けることで、夫への罪悪感を薄めている期間限定ならまぁいいかな!みたいな主人公が旅館からいなくなれば、自分の不倫がバレる証拠は残らないから気軽にできるのだろう。

f:id:isyky2858:20190814235931j:plain

夫とは正常位しかしたことなくてえっちにそこまで積極的ではなかったヒロインが、騎乗位・バック・ア〇ルえっちなど夫とはしたことないえっちを主人公と体験して、最後のほうはヒロインのほうから主人公にえっちを求めるようなエロエロになるヒロインの変化が良い。

f:id:isyky2858:20190815002837j:plain

主人公のためにエロ下着買ってくるシチュもグッド。

f:id:isyky2858:20190815000304j:plain

f:id:isyky2858:20190815000932j:plain

このルートでヤバいと思うのは、ヒロインには夫がいて夫のことを依然として愛しているにも関わらず、主人公が初恋のまっすぐな想いを告白すると、それを拒まずに主人公を恋人として受け入れるヒロインである。

f:id:isyky2858:20190814235915j:plain

f:id:isyky2858:20190815000158j:plain

ずるすぎやろ

求められたら断りにくいのはわかるけれど、だからといって夫と主人公のどっちも取るっていうのはさすがに欲張りすぎなのでは?おそらくは、ヒロインも幼いころから主人公のことが好きだったけど、その気持ちを打ち明けられずに別れてしまったことにどこか後悔の念があったのかもしれませんね。

f:id:isyky2858:20190815000511j:plain

キリッとした顔で怖いことしれっと言わないでほしい

f:id:isyky2858:20190815001159j:plain

本当に申し訳ないと思ってなさそう

夫とともに経営している旅館をやめるわけにもいかず夫とも別れたくないから、取った選択は夫にばれないように主人公に種付けしてもらって托卵すること。何も粗相をしていないのに托卵されてしまう夫がかわいそうすぎる。

f:id:isyky2858:20190815003136j:plain

f:id:isyky2858:20190815000433j:plain

左手の薬指に夫との結婚指輪をつけて、主人公からもらった二人のイニシャル入りのネックレスをつける。どういう神経してんだ。そして、主人公とえっちするときは結っている髪をおろした=主人公とともにすごした学生時代の状態にして、使い分けているところがさらに悪女感を加速させる。最高ですね。

f:id:isyky2858:20190815003243j:plain

左手の結婚指輪は夫のもの、首のネックレスは主人公のもの。しかも2回目の托卵を狙っている

髪を結っている状態で主人公とえっちすると、旅館の女将=夫の妻としての自分でえっちすることになるから、それは夫に対して罪悪感が大きいということでしょう。逆に、髪を結っていない状態は主人公専用ということ。ほんま悪女ですね。主人公側からすると、夫に隠れたところでヒロインを独占できている実感がわいてとても良い。

f:id:isyky2858:20190815000237j:plain

f:id:isyky2858:20190815000849j:plain

 

みちるルート

傷心旅行先で知り合い仲良くなった未亡人子持ち人妻。主人公が買い物帰りに荷物を持ってあげてたら、帰り道に突然の雨に降られて雨に濡れたままじゃ・・・とヒロインの家にあがった流れで肉体関係を持つ。その後すぐに主人公が告白して恋人関係になる。

f:id:isyky2858:20190815003705j:plain

このルートでは、ヒロインが未亡人かつ主人公とヒロインの交際が娘公認ということで、背徳感も罪悪感もほとんどなく人妻といちゃらぶできる。

f:id:isyky2858:20190815004447j:plain

えっち後に、空腹でお腹が鳴ったら「ハハハ」と笑い合って一緒に丼もの食べるくらい、主人公とヒロインが打ち解けている雰囲気が良い。

f:id:isyky2858:20190815004040j:plain

※えっち後

あと、ヒロインが主人公と恋人になると、自分がはいている下着を気になり始めて、主人公のために可愛い下着に変えてくるところも良い。

f:id:isyky2858:20190815003906j:plain

f:id:isyky2858:20190815003947j:plain

 

莉緒ルート

夫が仕事で忙しくて相手にしてくれなくなったため、寂しさを他の男で埋めようとする、人妻あるあるルート。選択肢で身体だけの割り切った関係のまま終わるのか不倫ルートと、不倫にガチになって夫と離婚し主人公と結ばれる寝取りルートに分岐する。

f:id:isyky2858:20190815010435j:plain

どちらのルートも身体だけの関係だと割り切っていたヒロインが主人公とえっちを重ねるたびにのめり込んでしまい、えっちのあとの態度がそっけない冷たい態度から余韻を楽しむらぶらぶに変化していくのが良い。

f:id:isyky2858:20190815012019j:plain

個人的には不倫ルートのほうが好みで、ある日ヒロインと主人公が泊っている旅館に夫が迎えにきてヒロインはうれしそうにするんだけど、主人公との気持ちのよいえっちが忘れられなくて快楽に負けて主人公の部屋に行ってしまうところが良い。

f:id:isyky2858:20190815011045j:plain

また夫と仲直りし一緒に夏祭りにいくも、夫を置き去りにして主人公と密会しえっちしてしまうところも良い。

f:id:isyky2858:20190815012206j:plain

寝取りルートとは異なり、ヒロインの中では主人公≒夫らしく、身体は主人公に堕ちているけど心はまだ夫にあるようだが、そういうふうに心は夫にあるのに快楽に負けて夫を裏切って主人公のところに来てしまうのがエロさをあげている。やっぱり人妻は夫がいてこそ輝く。

f:id:isyky2858:20190815011206j:plain

主人公とはその後一時的に別れるけどやっぱり主人公とのえっちが忘れられなくて、夫と仲が良いにも関わらず1年後にまた旅館にいって主人公とえっちを貪るヒロインがエロい。

f:id:isyky2858:20190815011441j:plain

 

 

〇エロシーンに関して

基本は和姦、寝取り要素は薄く、タイトル通り人妻とらぶらぶえっちがメイン。人妻とらぶらぶしたら普通はまずいんだけどね。アニメーションのクオリティはいつも通り。あまり期待しすぎないほうが良い。

温泉旅館が舞台のため、着物や浴衣でのえっちや温泉でのえっちが目立つ。あとは海や林の中でのえっち、つまり青姦もそれなりにある。

以下気にいったえっちシーン。

着物えっちで周りに散乱するゴム

f:id:isyky2858:20190815002907j:plain

制服コスプレえっち

f:id:isyky2858:20190815002926j:plain

温泉の中で対面座位

f:id:isyky2858:20190815002944j:plain

メイドコスプレえっち

f:id:isyky2858:20190815003158j:plain

授乳手コキ

f:id:isyky2858:20190815003219j:plain

カーセ〇クス

f:id:isyky2858:20190815004234j:plain

パジャマ姿バック

f:id:isyky2858:20190815004341j:plain

主人公とえっちするようになってから欲求不満でそれまでほとんどやらなかった自慰行為に耽る

f:id:isyky2858:20190815005347j:plain

浴衣えっち

f:id:isyky2858:20190815010016j:plain

出産後にエロ下着まんぐり返し

f:id:isyky2858:20190815010036j:plain

授乳手コキ

f:id:isyky2858:20190815010152j:plain

雨の中で青姦股コキ

f:id:isyky2858:20190815011926j:plain

ウェディングドレスえっち

f:id:isyky2858:20190815012106j:plain

露天風呂で髪コキ

f:id:isyky2858:20190815012123j:plain

 

 

〇総評

ヒロイン全員人妻なのに寝取りや不倫の印象よりも純愛しているように感じる不思議な作品。香澄さんルートの托卵やみちるさんルートの未亡人純愛あたりは他と別格で刺さったけど、莉緒さんルートはよくあるタイプすぎてあまり心に残らならなかったというように、ヒロインによって出来の差が激しい。

【部下の妻と妹を寝取る上司】感想&紹介__「他人から女を奪うのに、何か理由が必要なのかね?」(本編より)

  • プレイ時間 3時間
  • ジャンル  抜きゲ―・寝取り・人妻・妹
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 24回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190812222233j:plain

目次

 

〇概要

部下の妻と妹を脅して寝取って孕ませる。

f:id:isyky2858:20190813001716j:plain

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190813001756j:plain

泥酔させてる状態で破きえっちの計1回。間男が狙っている人妻の夫の妹。OLのせいかパンスト装備らしい。だいたいのえっちではパンストぬいだ後からスタートが標準のためあまり期待はできない。あくまでおまけ程度にラッキー。

 

〇よかったところ

最初は脅されて仕方なく犯されるから脅されていることを言い訳にえっちに積極的になる

部下の人妻には言うこときかないと夫をクビにすると、部下の妹には兄=部下のことが一人の女として大好きであることをばらすと、主人公は両方ともまぁけっこう無理のある脅しをする。それらの内容は置いておいて、最初はヒロインたちは脅されて仕方なくえっちを受け入れていたのに、主人公の巨根によって快楽堕ちするようになって主人公とえっちする言い訳として脅されていることを使っているところがエロい。

f:id:isyky2858:20190812234234j:plain

要は身体と心は完全に主人公に堕ちているのに、部下の人妻なら一応人妻として夫以外とえっちしてはいけない体裁を守ろうとしたい気持ちはある、でもえっちによる快楽はほしいと相反していて、脅されているという理由なら夫以外とえっちしても仕方ないよね♪といった感じだろう。快楽には勝てない人妻好き。

f:id:isyky2858:20190813001654j:plain

妹ならば兄を好きな気持ちは変わらないはずなのに主人公とのえっちの快楽に負けていることを認めたくないから言い訳しているところだろう。

 

ゴムに穴をあける

人妻さんルートのほうで主人公が人妻さんと初挿入するシーンがあるのだが、そこではまだ人妻さんはあまり快楽堕ちしていなくて当然挿入を拒む。しかし抜きゲ―あるあるの「ゴムをしていれば浮気としてはノーカン」理論が発動し、主人公はゴムをするから大丈夫という謎理論で人妻さんを言いくるめて、ついでに人妻さんもそれまでに前戯で散々感じさせられていたため、ゴムありならまぁいいかなと許してしまう。

f:id:isyky2858:20190813001324j:plain

主人公の巨根が想像以上であっけなく感じさせられて、最後はゴムに開けられた穴を通し越して中出しさせられてしまう予想外の事態になんで?と困惑しつつも、中出しにまんざらでもなく気持ちよさそうにする人妻さんがよかった。その後は抜きゲ―あるある「1回中に出したら2回目も3回目も同じだよね」理論が発動し、ゴムなし生えっちの快楽に負けて何回も中出しされてしまうところもよかった。

f:id:isyky2858:20190813001354j:plain

 

夫とのデート中に間男とえっち

間男の命令で仕事で疲れている夫をデートに誘う人妻さん。しかしデートにいく電車の中で間男にお尻を痴漢されローターを仕込まれてしまう。

f:id:isyky2858:20190812225601j:plain

このむちむちお尻たまらん

人妻さんはローターを仕込まれた状態で夫とデートするも、もどかしい快楽を与えられて夫とのデートに集中しなくなってデートの間はひたすらイキたいことだけを考える。間男の命令とは言え、自分からデートに誘ったのにデート中に間男のことばかり考える人妻さんがえっちすぎる。

f:id:isyky2858:20190812225823j:plain

ついにもどかしい快楽に我慢できなくなった人妻さんは夫とのデート中に隙を見て間男とおちあって貪るように間男のち〇こを求めて淫れるところがシコい。デート中の夫を見捨ててまで快楽を選んでしまう点がポイント高い

f:id:isyky2858:20190813001419j:plain

f:id:isyky2858:20190812230235j:plain

 

 

夫が出張中に夫婦のベッドで間男とえっち

主人公は夫の上司だから自由に部下を出張に出せるところが強い。夫が人妻さんのために一生懸命働いている間に、乳首とクリにキャップをしている状態で、しかも夫婦のベッドで間男をえっちしてしまう、もう人妻ではなく快楽を求める一匹のメスになった構図が良い。

f:id:isyky2858:20190813001503j:plain

f:id:isyky2858:20190813001439j:plain

 

職場にデスクの下で人妻さんにフェラさせる

フェラだけならまだしもおしっこさせてるから、これはもうどう頑張っても匂いでバレるだろと常識的には突っ込みたいけど、夫が一生懸命働いている職場で人妻さんにフェラしてもらう優越感は大きい、人妻さんのほうからフェラさせてくださいとお願いしてくるからなおさら。

f:id:isyky2858:20190813001519j:plain

 

間男のち〇こを覚えさせた状態で夫とえっちさせる

これまた人妻さんルートで、間男が人妻さんを孕ませてから夫とえっちするように命令される。この段階ではまだ間男のこどもを孕んでしまったことに罪悪感を覚えているけれど、間男の巨根で快楽堕ちしている人妻さんにとって夫のち〇こは物足りなくなってしまう

f:id:isyky2858:20190813001547j:plain

より強い快楽を求めて激しいえっちをしていると、夫のほうから「おまえどうしてしまったんだ」と夫にひかれるシーンが強烈だった。また間男の調教によって肥大化してしまった乳首を夫にさらして「そんなに乳首大きかったっけ?」と突っ込まれるシーンも、お前が知らない間に別の男に調教されていたんだよと優越感に浸れて好き。

f:id:isyky2858:20190813001605j:plain

夫とのえっちの後に物足りなさを感じた人妻さんが完全に夫を見限って、より強い快楽を与えてくれる間男のところに通って「夫のち〇こではダメ」と言いながら間男のち〇こに完全に堕ちるシーンがシコい。

f:id:isyky2858:20190813001622j:plain

 

ローターを入れられた状態で接客させられる

部下の妹は人妻と違って間男に対して敵意むき出しで好戦的のため、あなる責めで屈服させていく流れになる。人妻さんはどちらかというと子宮責めがメイン。バレないように必死に快楽を我慢するところがえっち。パンスト装備をいう点もポイント高い

f:id:isyky2858:20190812232605j:plain

パンストえっちすぎる

あなる調教が進んでいくうちに好戦的な態度とあなるが共に緩くなって間男を睨まなくなる変化が良い。

f:id:isyky2858:20190813002408j:plain

 

兄と念願のえっちをするも開発された妹には物足りない

人妻さん同様、間男の調教がある程度進んだ状態で兄とえっちするように命令されるが、間男の巨根の快楽に堕ちている妹にとっては、好きでたまらなかった念願の兄とえっちが全然気持ちよくなくて満足できないことに気づかされる。その後は兄とのえっちの物足りなさを埋めるように貪るように間男とえっちするところがシコい。完全に間男に身体も心も堕ちたシーンである。

f:id:isyky2858:20190813002236j:plain

 

夫と電話しながら間男とえっち実況

寝取り寝取られでよくあるのはヒロインは間男とえっちしながら電話していて、夫や彼氏にえっちしていることがバレないように、感じているけど声を押し殺すシチュエーションである。対して、夫や彼氏に間男とのえっちを報告する際にはビデオや動画が多い気がする。つまり、電話で間男とえっちしていることを大々的に暴露するタイプは珍しい気がする。突然の寝取られ宣言に頭がついていけず、夫が心をやんでしまうのも仕方がない。動画やビデオとは異なり、夫目線では姿が見えない状態で間男とのえっちに喘ぐ妻の声だけが聞こえているところがまたいやらしい

f:id:isyky2858:20190813002307j:plain

 

 

〇総評

間男役の上司の考え方に共感できればハマる寝取りゲ―。ヒロインの夫を寝取られショックで植物状態まで追い込むほど間男が容赦ないところが特徴。安いからなんとなく買っただけで期待値が低かった分想像以上に楽しめた。

以下、間男の考え方。

f:id:isyky2858:20190812235750j:plain

「俺のことを嫌っている女が、無理やり犯されてるうちに甘えたような声でおねだりしはじめる姿なんて、何度拝んでも最高だ」

 

f:id:isyky2858:20190813000110j:plain

「他人の女を奪った方が、奪われた男の間抜け面が拝めて最高じゃないか」

 

f:id:isyky2858:20190813000306j:plain

結婚なんてしたら、自由に女を犯せなくなるっていうのに、したがる奴らの気がしれん

【母感 ~義母さんの子宮は誰のモノ?~】感想&紹介__未亡人なら寝取られてもしゃーない

  • プレイ時間 2時間
  • ジャンル  抜きゲ―・母親・寝取られ
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★+
  • えっち回想 18回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190811223635j:plain

目次

 

〇概要

義母が祖父・ショタ・夫の部下によって寝取られる。

 

 

〇よかったところ

義母を孕ませたい欲が強すぎる間男たち

本作の間男は祖父・ショタ・亡き夫の部下の3人登場するのだが、みんな義母を孕ませたい一心で強引すぎるくらい必死なところがよかった。妊娠させることは自分の女であることを証明する最も効果的な手法で独占欲が満たされるため孕ませフェチの私には大変合っていた。

f:id:isyky2858:20190811224322j:plain

「孕め!」「妊娠しろ!」「俺の女になれ」と連呼して義母を堕とそうとする間男たち、そして最初は「夫以外の子供を産みたくない」と嫌がっていた義母が間男たちの逞しい牡っぷりに屈してしまい、「間男のこどもを産ませてください」と豹変するところがよかった。

f:id:isyky2858:20190811224027j:plain

堕ち前

f:id:isyky2858:20190811224048j:plain

堕ち後

f:id:isyky2858:20190811224132j:plain

堕ち後

各ルートの最後には必ず義母は妊娠していて、間男は義母が自分の女になったことを誇示するために、息子である主人公の目の前で義母とボテ腹えっちして見せつけるところがシコい。

f:id:isyky2858:20190811223707j:plain

息子=主人公の目の前で

 

即堕ち、でもしょうがないところはある

義母は現在32歳の設定で5年前に主人公の父親と再婚、3年前に夫を亡くして未亡人になったことから、27歳で再婚、29歳で夫を亡くして息子と二人暮らしするようになったということである。29歳といえば女の全盛期であり、そろそろ子どもがほしくなるころだろう。

f:id:isyky2858:20190811223930j:plain

欲求不満

そんな時期に夫に先立たれてしまい、歳とともに高まる性欲をどこに吐き出せばいいのか、女としてまだ盛っている時期に男をつくることを諦める=女の部分を捨て、妊娠したことがないのに母親として血のつながっていない夫の息子の世話に明け暮れなければいけない、そんな生活に不満を持っても仕方ないと私は思う。

f:id:isyky2858:20190811222923j:plain

f:id:isyky2858:20190811223832j:plain

間男たちの強引な責めでも堕ちてしまうのは、それだけこれまでの抑制された生活に心のどこかで嫌気がさしていて、女として見られたい、求められたい、こどもを産みたいと考える義母の気持ちはなんとなくわかる

f:id:isyky2858:20190811222617j:plain

口では嫌がってるけど顔はめっちゃうれしそう

 

女+母親として寝取られるショタルート

祖父と夫の部下ルートはだいたい同じで義母の女の部分を目覚めさせて寝取られる感じなのだが、ショタルートでは女としてだけでなく、母親としても寝取られる。義母は欲求不満に加えて、血のつながっていない夫の息子との距離感に悩んでいたため、女としてだけでなく母親としても満たされていなかった

f:id:isyky2858:20190811222807j:plain

主人公とは正反対に甘えてくるショタに義母の母性本能が刺激されてしまい、男としても息子としてもショタが主人公に優り、主人公の居場所のなさが絶望的でよかった

f:id:isyky2858:20190811223745j:plain

悔しそうに唇噛んでいるのが主人公=息子

ショタものなら定番だけど最初は精通してしておらず、義母によって精通させてもらったり授乳手コキしてもらったりと義母優位だったけど、えっちのテクニックを吸収し始めて余裕のあった義母がショタに責められる、構図の変化がよかった。体格さがあって小さいけど牡としては強い、というのがショタルートの良いところだと思う。

f:id:isyky2858:20190811224606j:plain

体格差


 

〇よくなかったところ

展開の雑さ

プレイ時間2時間でありながら間男が3人もいる時点で察してほしい。明らかにボリューム不足で省略していて不自然なところが多く、間男の責め方、義母の堕ち方が強引に見えてしまうのも仕方ない。

 

システム面

2017年の作品なのだが、BVGなし・射精音なしの影響で射精シーンがしょぼすぎ。せっかくの人妻への種付けなのに。

 

男の顔に気合入りすぎ

特に祖父の顔がやりすぎってぐらい、えっちシーンでは義母ではなく祖父の顔ばっかりに気がいってしまった。

 

 

〇総評

絵以外の雑さが目立つ。このエロ過ぎる義母と間男3人いれば余裕でミドルプライス、うまく作ればフルプライスの作品まで展開を膨らませることができるのにいろいろともったいない。孕ませフェチの人はおすすめ。

【粘獄のリーゼ】感想&紹介__画面いっぱいヌルヌルのグチョグチョのベタベタ

  • プレイ時間 5時間
  • ジャンル  抜きゲ―・触手・陵辱
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 23回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190810224817j:plain

目次

 

〇概要

シスターと巫女が淫魔に陵辱される。

f:id:isyky2858:20190811003759j:plain

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190811003205j:plain

バニーコスプレ網タイツ破きえっちの計1回。ヒロインは敵淫魔に身体を操られ、心だけは正常なままで娼婦のように淫魔たちとえっちするシーン。心は正常なままだから、ヒロインが心にもないえっちなことを言わされて恥ずかしがっているのが良い。ところでなんでバニーのコスプレって網タイツなのだろうか。

 

 

〇よかったところ

強気なヒロインが敗北えっちで堕ちる

本作のメインヒロインのシスターはシスターでありながらおしとやかな雰囲気はなく、神をまったく信じていなくて、「アーメン」と祈って笑いながら淫魔を殺戮していくような、非常に好戦的なヒロインである。そして力があるせいかやけに「この私が~」とよく発言するほどプライドが高い。自分のことを綺麗とか言ってるしイタイ女(あと独り言が多すぎ)。

f:id:isyky2858:20190811001931j:plain

そのため淫魔に犯されているときに強制的に感じさせられてアヘアヘしているところが普段とのギャップがあってシコい。犯される前に「屈するもんですか!」とか「ふん!」みたいな強気な態度をとるところがまた敗北えっちを盛り上げている。定番だけど、快楽づけにされてイキたくないのにイカされて屈辱感を味わっているヒロインの顔がそそる

f:id:isyky2858:20190810235627j:plain

f:id:isyky2858:20190810235702j:plain

サブヒロインの巫女さんのほうはメインヒロインのシスターほど強気ではないものの、登場時に「なんかできる女」オーラを纏っており、巫女というエロとはアンバランスな清楚な格好をしていることもあって、淫魔とのえっちでアヘ顔さらしているところは十分エロい。

f:id:isyky2858:20190811003605j:plain

立ち絵の時点でエロ過ぎて困る、戦闘やる気あるのかこの服は。

f:id:isyky2858:20190811003330j:plain

f:id:isyky2858:20190811003342j:plain

 

淫魔を産卵するシーン

シスターが淫魔王(ラスボス)のもとを目指して進んでいる途中で、シスターがあなるを淫魔に犯されなんとか撃退するも、まさか卵を産み付けられているとも知らずに時間差で忘れたころに急にお腹が痛くなって淫魔を産卵しながらアヘ顔さらしてイクシーンが気に入っている。産んだ後にまた卵植え付けられて苗床エンドだったらなおさら最高だったんだけど、そこまでは描写さえていない。本作は基本的に敗北えっちの後はそのままバッドエンド直行でフェードアウトしてしまうため、敗北えっち後が詳しく描かれることはない

f:id:isyky2858:20190811003140j:plain

f:id:isyky2858:20190810231424j:plain

 

敵に捕まって尋問される巫女ヒロイン

巫女が捕まり快楽を与えて敵が情報を聞き出そうとする。「気持ちよくない」と強がるも快楽に負けてイッテしまう巫女がシコい。尋問によって身体は完全に快楽に負けたけど味方の情報については絶対に口を割らないようとする精神的抵抗がまた責めがいがあってなお良い

f:id:isyky2858:20190810233659j:plain

f:id:isyky2858:20190810233728j:plain

 

母乳をふきだすシスター

またもや敵のトラップにハマり(敵が作った料理を食べてしまう)敵に捕まったシスター(アホ)。身体を縛られ、感度が何千倍にもなるように、母乳が噴き出すように肉体改造される。敵も言っているけど、「快楽に逆らえないというのに敵対心剥き出しの表情がそそり」、その敵対心剥き出しの表情が快楽に負けてアヘ顔に変化するのがまた最高なのである。

f:id:isyky2858:20190811003235j:plain

f:id:isyky2858:20190811003255j:plain

 

ラスボスに犯されながら喰われる

巫女とシスターの2人がラスボスの胃の中で同時に犯される。快楽づけにされて頭がおかしくなったヒロインたちがキスし合ってこれから死亡するって時にらぶらぶしているところが好き。

f:id:isyky2858:20190811003414j:plain

 

敵に負けて研究材料になるシスター

戦闘力の強いシスターから淫魔がエネルギーを搾取し続ける。いつものシスター服ではなくキャットスーツ(?)を着ているところが好きなんだけど、これなんで服着てるんだろうか。培養液の中に入っているのに服いるか?着エロ好きだから別にいいですけど。

f:id:isyky2858:20190811003433j:plain

 

大きすぎる触手を前に挿入を怖がるヒロインたち

やっぱり普段の態度がデカいため、彼女らの想像を超える触手ち〇こを目の前にしてそれまでの大きな態度が一変して顔がこわばっていく様子がそそる

f:id:isyky2858:20190811001241j:plain

f:id:isyky2858:20190811001436j:plain

 

 

〇総評

「いやだけど感じちゃう」敗北即落ち異種姦が好きな向け。「異種姦興味あるけどハードすぎるのはちょっと」人向けの比較的ライトなシチュが多くてとっつきやすい。選択肢を間違えると即敗北えっちバッドエンド直行でエロシーン同士の連続性がほしいところだが、ロープライスとしては十分なボリュームがあり、ロープライスなのに惜しみもなく敵のCGや背景CGを何枚も贅沢に使っておりよく作られている。また全裸えっちがほとんどなく、まさに犯してくださいといわんばかりのむちむちボディにぴっちりした戦闘服、シスター服や巫女服が存分に活用されていて大満足だった。

f:id:isyky2858:20190811001620j:plain

このお尻の描き方が上手すぎる