ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【催眠クラス WONDERFUL ~女子全員、知らないうちにまた妊娠してました~】感想&紹介 _先生「今日はみんなの前で性行為の実演をしてもらいま~す♪」

  • プレイ時間 12時間
  • ジャンル  抜きゲ―+バカゲー
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 63回
  • えっちアニメーション 14回

f:id:isyky2858:20190217123936p:plain

目次 

 

〇概要

明るい催眠えっち無双

f:id:isyky2858:20190217125139j:plain

 

 

〇よかった点

1)催眠えっち

本作品の目玉である。ライターの火を見せて暗示させるだけで催眠術をかけることができるお手軽催眠術を使って、主人公はかなり好き勝手はっちゃける。この内容がバカゲーらしくて楽しい。具体的には

  • 不純異性交流しているかどうかを判断するためにクラス女子の処女を確かめる=みんなの前で処女をまき散らすシーン
  • 服装持ち物検査と称して、クラス女子のスカート・パンツ・女性器の中まで調べるシーン
  • 身体測定で医師の代わりにクラス女子にドクハラするシーン
  • 授業中に主人公の認識をクラスから消してクラス女子にえっちな悪戯をするシーン
  • 保健の授業で実践を交えてみんなの前で性行為や自慰行為を見せるシーン(授業をエロくする催眠が一番多い

などなどアホっぽいものが多い。よりアホっぽいほど楽しくなるのがバカゲーなのだ

f:id:isyky2858:20190217120631j:plain

催眠はあくまで認識を少しずらすだけのものがほとんどで、心を操るわけではない。だから、ヒロインたちは「これは検査だから、授業だから、普通のことだからと心の中で復唱し、自分がえっちな悪戯を受けているにも関わらず、自分がその悪戯で感じてはいけないと思いこみ快楽を我慢する。このシーンが見どころである。

f:id:isyky2858:20190217124558p:plain

ただ、このような催眠によるえっちな悪戯が中心のため、実際の挿入シーンがえっちシーンの中で少なくなる事態を招いていることは残念だが。

f:id:isyky2858:20190217130143p:plain

 

2)えっちアニメーション

かなりなめらかでクオリティが高い。メインヒロイン7人にそれぞれ2回ずつ、そのうち1回は胸をいじるシーンで、もう1回は挿入シーンに割かれている。特徴的なのは前者の、ヒロインの胸を主人公がいじるシーンだ。このシーンでは

  • おっぱいを揉む
  • 乳首をこねる
  • 男性器を擦りつける
  • パイズリ

の4つが選択可能で、それぞれのアニメーションが素晴らしい。おっぱいがスライムのように形を変え、本当に柔らかそうに見える。メインヒロインそれぞれにあるから相当拘りがあるのだろう。

f:id:isyky2858:20190217124032p:plain

f:id:isyky2858:20190217124029p:plain

公式サイトに3つほどアニメーションサンプルがあるから興味があれば一回見てみると感触がわかる。

 

3)まこと土井ちゃんが魅力的

 まこは色々な部の助っ人にいくTHEスポーツ少女で、主人公にとって話があう女友達の立ち位置にいるキャラで、外面からは女らしさよりも男よりの女みたいに見える。しかし、この娘は内面がとても女らしい。お菓子作りが趣味で料理も得意、見えないところまでちゃんとおしゃれしてかわいいものが好きでかわいく恥ずかしがる。そんな自分の外面と内面とのギャップにコンプレックスを持っている点がさらにグッド

f:id:isyky2858:20190217121626j:plain

f:id:isyky2858:20190217121658j:plain

土井ちゃんも同様に外面と内面のギャップが激しい。外面は尻軽のビッチにしか見えない。しかし、田舎出身で油断すると方言がでてしまったり、小さい弟と妹の世話を懸命にしたり、将来の夢はお嫁さんだったりと、内面はとても純粋で女の子らしい。まこと同様に外面と内面とのギャップにコンプレックスを持っている点がさらにグッド

f:id:isyky2858:20190217121859j:plain

f:id:isyky2858:20190217121926j:plain
土井ちゃんとまこはキャラ像もいいけど、シナリオもそれなりにイケるからなおさらよかった。

なにかしらコンプレックスをもっているキャラは愛おしい。ギャップにきゅんきゅん萌え萌え

 

4)SD絵がかわいい 

 抜きゲーとは思えない。

f:id:isyky2858:20190217121009j:plain

f:id:isyky2858:20190217122532j:plain

f:id:isyky2858:20190217122632j:plain

 

5)黒ギャル・水着肌モード

 最初はこんなのいらねぇと思っていたけど、キャラによってはドはまりしてエロさを引き上げてくれる土井ちゃんを黒ギャルにするともはや別人にしか見えないむしろ黒ギャルのほうがしっくりくる。

f:id:isyky2858:20190217124124p:plain

通常モード

f:id:isyky2858:20190217124150p:plain

黒ギャルモード

f:id:isyky2858:20190217124259p:plain

水着肌モード

 

〇よくなかった点

1)サブタイトル詐欺

女子全員、知らないうちにまた妊娠してました」といいながら、個別ルートで妊娠したメインヒロインは7人中4人であって、個別ルートで妊娠していないヒロインがいる

おまけに、「プレイヤー」の知らないうちにヒロインは妊娠するのであって、「ヒロイン」の知らないうちにヒロインが妊娠するわけではないため、肝心の妊娠のためのえっち描写がほぼない。プレイヤーが置いていかれてどうするんや(一番興奮する部分だろうに)

f:id:isyky2858:20190217124416p:plain

私はてっきり催眠によってヒロインの意識が朦朧としている中で中出しえっちをして、ヒロインはまったくえっちの記憶がなくて処女のつもりなのに、実は妊娠してました~を想像していたからがっかり。こっちのほうが絶対エロいだろ。

f:id:isyky2858:20190217124942j:plain

まぁ全キャラ攻略したあとに開放されるおまけえっちで、申し訳程度にヒロイン全員が妊娠しているCGあるけどそんな取って付けたようなエロで満足する人が多いとは思えない

 

2)個別ルートが薄い

キャラの数でごり押しするタイプの作品あるある。個別ルートはあっという間に終わる。付き合ってからのシーンを描くことはなくすぐにエンディングにいく。

f:id:isyky2858:20190217125636j:plain

幅広くいろいろなタイプのキャラを楽しめるとみるかはプレイヤー次第かな

 

3)卑語と喘ぎが少なめに感じる

原画はとてもエロいのだが、台詞があまりエロくなくかつ喘ぎ声が控えめ、さらにBGVがないため、本作のエロさは原画と一部のアニメーションによって成り立っている。そして個々のえっちシーンがどうにも薄く感じる。挿入して数回擦ってハイ射精みたいな作業の感じがして、ねちっこいエロさというかエロに貪欲さが足りない

f:id:isyky2858:20190217130121p:plain

エロゲーはある意味総合芸術であって、抜きゲ―においてもそれは例外ではないと思う。原画・声・シナリオ・BGM等が合わさって最高のエロさを作り上げることができる。どれか一つでもかけてはならない

 

 

〇総評

いまでは少なくなったキャラの数でごり押しするバカゲー作品。まぁいっか~みたいな明るい催眠モノだから、ダークな催眠を求めている人はやめておくべし。

お粗末なシナリオだが、アニメーションのクオリティは確かであり、絵だけにエロさを求める人ならそれなりに楽しめるだろう。サブタイ詐欺だけが私は不満足だが

f:id:isyky2858:20190217124514p:plain

【Erewhon】感想&紹介 _幸せと普通ってなんだろう

  • プレイ時間 15時間
  • ジャンル  抜きゲ―+シナリオゲー
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 66回
  • バックログからのシーンジャンプあり

f:id:isyky2858:20190215182932j:plain

 

目次

 

〇概要

地図にない村での輪姦と乱交の因習に苦しみながら、主人公が一人の少女を救おうと奮闘するお話。端的に言うとたぶんタイムリープもの。

f:id:isyky2858:20190215220136j:plain

 

〇よかった点

1)主人公の「普通」が侵食されて麻痺していく様子

この作品にでてくる登場人物はだいたい狂っている。村全体が狂っているから。男は女をモノとして扱い、村人たちの共有財産として輪姦の連続が日常茶飯事であったり、奴隷のような旧時代的な厳しい身分制度が残る。村人たちはそのような村の因習について何も思わない。なぜならそれが彼ら彼女らの「普通」だから

f:id:isyky2858:20190215214035j:plain

外からやってきた主人公は当然そのような村の因習に戸惑う。でも周りの人間は一部除いてそれらを「普通」と振る舞うから、主人公もついついそれが「普通」なんじゃないか、自分が以前住んでいた外の世界のほうが「普通」じゃないのかもしれない、そんな風に錯覚し始める

f:id:isyky2858:20190215220546j:plain

f:id:isyky2858:20190215220927j:plain

「普通」というのは非常に曖昧な言葉だと思う。手軽な言葉でついつい日常的に使いたくなるけど、「普通」の基準は人によって、所属する集団によって、土地柄によって異なる。例えばアメリカなら家に入るときは土足だけど、日本では靴を脱ぐ。仮に日本で家に土足で入る人がいるとしたら、日本人はだれもがその人を「普通」じゃないと思うだろう。

f:id:isyky2858:20190215220253j:plain

民主主義ならば多数派が「普通」と、少数派は「普通じゃない」と見なされる。絶対王政ならば支配者のいうことすべてが「普通」となる。本作の村は一人の支配者によって支配されているから、その支配者の定めた因習こそがこの村での「普通」たりえる

f:id:isyky2858:20190215220802j:plain

自らの「普通」を侵食されていった主人公は狂っていく。日本人は集団意識が強いから、周囲が自分と違うことをしていると不安になるのは当然だろう

多数派こそがいつだって強いのだ。自分が「それは赤だ」と思っても、周りのひとがみんな「それは青だ」といえば、次第に自分自分に自信をなくしていき、最後には篭絡されて「それは青なんだ」と自身に暗示をかける。そのようなことが本作では起こっている。

f:id:isyky2858:20190215213758j:plain

このような主人公の「普通」が揺らいでいく様子が非常に特徴的でよかった。村因習モノなら必ずあるんだろうけど、村因習モノやったことなかったから新鮮だった。

 

2)ヒロイン(十子)の幸せのために何をするべきなのかの自問自答(ネタバレ)

本作の主人公は現実世界で疲弊しきって会社を辞めてこの村に迷い込んだ。目的のない抜け殻のような社会人生活を送ってきたのだろう。そんな主人公が村でメインヒロイン十子に出会う。十子は主人公とは違って自分の意志を強く持ち、自らのするべきだと思ったことに突き進む人物である。

f:id:isyky2858:20190215221406j:plain
主人公はそんな自分にないものを持っている、常に気高く輝いている十子に惹かれて好意を寄せる。おそらく十子のそばにいれば何もない抜け殻のような自分を満たしてくれるのではないか、すなわち幸せを与えてくれるのではないかと主人公は十子に「期待」したのだろう。でもその期待は破られ、村の因習に呑まれて十子はもがき苦しんで死ぬ未来しかない

f:id:isyky2858:20190215221557j:plain

主人公は十子に会いたい生き返らせたいけど、そもそも未来を変える必要があるのか悩む。十子は村の幸せを望んだ、主人公が生き永らえることを望んだ、けれど十子自身が死にたくないと望んだわけではないから。また、村自体を変えてしまったら過去改変が起こり、主人公の愛した十子は存在しなくなってしまう

f:id:isyky2858:20190215221843j:plain

自分の欲か、ヒロインの願いか、どの願いをかなえればヒロインは幸せと感じるのか、幸せについてもがき苦しんで考え、最後にエンドが3つに別れるところが印象的だった。

どのエンドも完全なハッピーエンドではなく何かしら譲歩しているビターエンドなところもよかった。

f:id:isyky2858:20190215203500j:plain

欲望は尽きず、願望は限りない。

幸せの意味もわからないまま、幸せを望んだところで何が幸せであるかもわからない。

君が幸せだと言ってくれたら、それが幸福なのか。

君が笑ってくれたら、それが君の幸せなのか。

一つの後悔もなく、君がそれでいいと思えば・・・・・・それが君の幸なのか。

 

__主人公

 

3)黒髪×着物

時代設定上、出てくる女キャラみんな黒髪の点を大いに評価したい。さらに着物っていうのがなおさらエロい。

f:id:isyky2858:20190215223746p:plain

 

4)ジェントル佐々木原画

「愛する妻、真理子の不倫報告」で好きになった原画家さんで、原画目当てで買った。輪姦・乱交は苦手なほうだけど、それ以外の1対1のえっちシーンも割と充実しておりサエとの和姦えっちや美壽々さんに無理やりえっちさせられるシーンを筆頭とした人妻さんとのえっちなど、いくつかぐっとくるエロシーンがあって満足できた。

f:id:isyky2858:20190215223810p:plain

f:id:isyky2858:20190215223814p:plain
プレイ後は輪姦乱交ばっかだったなと思った
けど、冷静に数えたら20シーンと、全体の3分の1しか輪姦乱交はなかったことに驚いた。それでも輪姦乱交のインパクトが強烈なことに変わりはないけど

f:id:isyky2858:20190215223838p:plain

 

5)先が気になる展開

情報が小出しにされた状態で2周はプレイさせられるため、おおよその真実がわかる廻歴編までとても惹き込まれて飽きることなく一気にプレイしたくなる。推理モノではないため真相を自分で解く楽しみはない点に注意。どちらかといえば「ひぐらしのなく頃に」のようにちょっとファンタジー要素が入っているので。

f:id:isyky2858:20190215214145j:plain

共通編→稀世良編・十編→サエ編・取り替え子編→廻歴編

 

 

〇よくなかった点

1)読みにくい漢字

民俗学が元ネタらしいためか、なかなか読みにくい漢字が頻繁に現れる。教養のない私のような人は読むだけで一苦労するでしょう。けっして読みやすいテキストではないと思う。一応フリガナ振られてることもあるけど。特にえっちシーンの描写は本当にくどい。

 

2)心が削られる

グロいシーンを筆頭に、長い尺をとっている輪姦シーンは心にくるものがある。また、サエの回想シーンなどの生理がきていないような幼女を無理やり犯すシーンは心がすりへった女性器にこぶしを入れるなんとも痛々しいシーンも。さすがハードエロゲーというべきか。想像以上にきつかった。

f:id:isyky2858:20190215222640j:plain

 

 

〇総評

プレイし終わったあとにうまく言葉が出てこない作品。完成度の高い作品を終わった後ってたいてい絶句するんだよね。ただ、私には消化しきれなかった部分が多い。考察するとおもしろそう。

f:id:isyky2858:20190215224221j:plain

「エロありきで、じゃあどんな物語にする?じゃなくて、こういう物語であってだからエロが必要なんだっていう感じで 抜きゲーだけど抜きに至るまでの経緯を抜きゲーマーは必要としている」をまさに満たしている作品だった。

黒髪×着物好きならぜひやってほしいけど、内容が内容なだけに覚悟のある人だけがやるべし。

【赤ちゃんほしいな ~今日からはじまる妊活らぶらぶえっち~】感想&紹介 _妊活えっちはエロい

  • プレイ時間 2時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 17回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20190212181219j:plain

目次 

 

〇概要

40代の主人公と19歳のヒロインによる妊活えっちで頑張って子どもをつくろう

f:id:isyky2858:20190212190836j:plain

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190212185543j:plain

合計2回、内訳破き1回脱がし1回とまぁまぁ。文章でも言ってるけど、タイツだからデニール大きめ。描き込みはなかなか良かったから買ってよかった。

 

 

〇よかった点

1)妊活で暴走してあたふたするヒロイン

主人公の精子が少なくその上元気がないため妊娠する可能性がかなり低いと知ったヒロインは、妊活と称して主人公により興奮してもらおうと積極的なえっちアピールをしてくる。

f:id:isyky2858:20190212190046j:plain

  • 裸で主人公の背中を流しにくる

f:id:isyky2858:20190212191814p:plain

  • オナニーを動画にとって主人公に送り付ける(これが一番スゴイ)

f:id:isyky2858:20190212190336j:plain

  • クスコ使って孕ませるイメトレ

f:id:isyky2858:20190212192005p:plain

  • 生徒と教師プレイ

f:id:isyky2858:20190212190506j:plain

それまでは男性器を直視することすらできなかったのに、主人公のために頑張る姿がとてもかわいらしく、かつ頑張った結果空回りしているところが微笑ましくて和んだ。ヒロインがどんどんえっちになっていく感じも良い。

f:id:isyky2858:20190212191749p:plain

 

2)和姦ゲ―の中に潜む無理やりプレイ

もちろん合意の上での無理やりプレイなんだけど、和姦ゲーの中にたまに混ざっている無理やりプレイがスゴイ興奮する

f:id:isyky2858:20190212191839p:plain

 

3)歳の差がある夫婦にありそうなこと

男側はけっこうなおじさんで、若いころに比べれば性欲が弱くなって生殖機能が落ちてきてもおかしくない。女側が若ければ、自分が満足させられているのか、自分でつり合っているのか不安になるし、自分の生殖機能があるうちに早くこどもを作りたいと思うし、おまけに親からも早く孫の顔が見たいと急かされるからどんどん焦る

f:id:isyky2858:20190212191019j:plain

女側は産める歳が決まっていているから、女側が焦るのはありそうだけど、男側が焦る描写はレアだなと思った。

f:id:isyky2858:20190212191042j:plain

歳の差カップルは大変だね。

 

4)別れるとか言い出さない

歳の差で悩むシーンこそあれど、それが苦悩で別れようとは言わない主人公とヒロインは好印象だった。歳の差カップルは世間からの目が辛いからもう少し当たり前になるといいね。まぁ40代おじさん×19歳少女なんて事件が起こりそうな構図にしか見えないけど。

f:id:isyky2858:20190212191349j:plain

 

 

〇よくなかった点

1)短い

えっちシーンの数はロープラとしてはそれなりにあるけど、全体の尺は明らかに短い。1つあたりのえっちシーンが淡泊で、もう少し前戯からしっかり描いて十分な尺を取れば濃厚なえっちシーンになってより楽しめただろう。

 

2)ご来光ファック

山頂雪の中で裸でえっちとか死ぬ気か???

f:id:isyky2858:20190212191901p:plain

 

 

〇総評

短いことを除けばロープラ作品らしくまずまずの出来塗りがいいからなかなかえっち。最近の流行に乗って歳の差がかなり離れている夫婦設定にしたのはよかったと思う。ヒロインが黒髪おしとやかも良い

f:id:isyky2858:20190212191253j:plain

【その日の獣には、】感想&紹介 _才能のない力なき弱者の叫び

  • プレイ時間 10時間
  • ジャンル  抜きゲ―のようなシナリオゲ―のようなキャラゲーのようなナニカ
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 10回
  • バックログからのシーンジャンプなし、というかまともなバックログがないクソ

f:id:isyky2858:20190211233422j:plain

 

 

〇概要

演劇部員の主人公とヒロインたちがチート能力を駆使して力を合わせて(?)演劇をするお話。

f:id:isyky2858:20190212013731j:plain

 

 

〇パンスト

 

f:id:isyky2858:20190212022207p:plain
1キャラ1シーンCG3枚と予想していたよりも酷い。いきなりえっちシーンでノーパンパンストしてきたときにこれはもうだめだなと悟った

 

 

〇よかった点

1)いつものminoriクオリティ

いつものminoriクオリティとは、

  • 背景まで含めた綺麗なCG
  • 魅力的で完成度の高いBGM
  • かわいいキャラデザ
  • みんな巨乳
  • 高い演出力
  • キャラクターとの距離感表現の上手さ

のことを指す。自論だけど。

f:id:isyky2858:20190212021604j:plain

 

2)祈莉がかわいい

満足度が★★★の理由は大方この娘がいたから。

祈莉は病弱で言いたいことはズバっと言ってしまう、ちょっと不思議ちゃんオーラが入った純粋な娘である。

  • 立ち絵がかわいい。

f:id:isyky2858:20190212015533j:plain

  • 滑舌の練習で超かみまくりなのに終わった後にやってやったぜ顔をするところがかわいい

f:id:isyky2858:20190212015417j:plain

  • ><って顔になるところがかわいい。

f:id:isyky2858:20190212015234j:plain

  • ポーズがかわいい。

f:id:isyky2858:20190212015647j:plain

  • がお~とか言ってケモミミえっちするところがかわいい。

f:id:isyky2858:20190212020326j:plain

  • 普段感情表現の乏しい分破壊力のある笑顔がかわいい。

f:id:isyky2858:20190212015752j:plain

  • 非社交的なぼっちヒロイン=依存度が高い

f:id:isyky2858:20190212015017j:plain

とにかく純粋で一生懸命だけどどこか弱弱しくて、そういったところに庇護欲を掻き立てられる女の子だった。ぼっちヒロインは”守護”りたくなる。なでなでしてギュって抱きしめてあげたい。柚子奈ひよ原画最高。

f:id:isyky2858:20190212022243p:plain

そういえば、なんで祈莉はそれまで病弱で学校もいけないほどだったのに急に元気になったのか説明されてなかった気がする。

 

3)タイトルセンス

「その日の獣には、」には続きがあることはおおよそ予測できるけど、「ソノヒ、ノケモノニハ、」とカタカナにすることでまた別の意味を持たせてくるとは思わなかった。この仕掛けは良い。

f:id:isyky2858:20190212020154j:plain
 

 

〇よくなかった点

1)中途半端

シナリオゲーにしてはガツンとくるメッセージがなくキャラゲーにしてはキャラ萌えする暇を十分に与えてくれずシリアス展開にすぐに入ってしまうし、抜きゲ―としてはえっちシーンが少なすぎる。全部取り込んでやろうとした結果、どれにもなり切れていない中途半端な作品が出来上がりました~という感じ。これならどれか一つの要素に全振りしている作品のほうが断然良い。

f:id:isyky2858:20190212021409j:plain

夏空のペルセウス」ではもう少しそれぞれがうまく発揮できていた気がするんだけどなぁ。シナリオとえっちシーンも完全に別々にわかれて繋がりがなくなってしまいminoriにはがっかり。

 

2)肝心の演劇シーンの盛り上がりのなさ

メインヒロインは祈莉なのだが、その祈莉の声優さんがお世辞にもあまり上手とはいえず、最後の演劇シーンで一番盛り上がるはずなのにいまいち盛り上がりにかけると感じた。演劇という内容をチョイスしてしまった以上、声優さんの力は重要だなと実感した。

祈莉以外の2人のルートではそもそも肝心の劇シーンすらない始末。そこ省いちゃだめでしょ。

f:id:isyky2858:20190212021229j:plain

 

3)チート能力

本作は部活モノでありながら、みんなで協力してやるということよりも、力のない弱者=ヒロインと主人公たちが個々の才能と実力のなさに苦悩する話が中心になっている。才能がないのに、力不足なのに、夢を、理想を、欲望を必死に追い求める結果、ヒロインたちはチート能力に手を伸ばして素晴らしい演技をする。引き換えに大事なものをなくして。

f:id:isyky2858:20190212014525j:plain

偽りの力を使って得たものは所詮偽りで、それは本当に自分の望んだものではなくて自分のことなのに自分のことのように素直に喜べないことにそれぞれが気づいていく、簡単にいえばどの個別ルートもそのような内容になっているが、それ部活モノとしてどうなんだと甚だ疑問である

f:id:isyky2858:20190212014559j:plain

上のような内容から、力のない弱者はチートせずに自分たちの足で歩んでいけという結論にたどりつく。それは当たり前のことじゃないのか???わざわざ作品を通して語るべきことではない。

f:id:isyky2858:20190212014711j:plain

プロならわかるけど、たかが高校の部活の演劇、しかもまだ主人公たち一年生なのにチート能力に手を出してまでせっぱ詰まって上手い演劇をしたい気持ちが理解できない

f:id:isyky2858:20190212014742j:plain

部活モノの人物成長も清々しさも感じられない。

 

4)最初のえっち相手が選べない

よくわからんうちに共通ルートで童貞喪失する主人公。ほんとになんでこいつとえっちしたん???といまだに疑問が残る。いつものminoriといえばそうだけど。

f:id:isyky2858:20190212020717j:plain

まぁこいつのことなんだけど。メインヒロインでもないのになぜなのか。
 

5)演劇というトピックに惹かれない

 演劇の豆知識があるかなと思ったら「もっとキャラになりきって」とか「行間を読め」だの抽象的なことしか描かれないため、ごっこ遊びの延長上にしか思えないからいまいち演劇に興味がわかない

f:id:isyky2858:20190212015841j:plain

 

〇総評

無駄に話が暗く惹き込まれるところがなくて退屈だった作品。BGMと演出とCGでなんとか成り立っている感じ。人に薦めたいとは思えない。

minoriは一回騙されたと思ってままれみたいな抜きゲ―作ってみたほうがいいと思う。絶対売れるから。

「十分なはずだった」???いや、「とても不十分だった」

f:id:isyky2858:20190212014231j:plain

f:id:isyky2858:20190212021720j:plain

「物語としての面白さを描けば、エンターテイメント性は失われない」

エンターテイメント性失われてませんかminoriさん?

【牝堕ち巨乳妻は俺のモノ】感想&紹介 _数少ない寝取りモノの良作

  • プレイ時間 10時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 61回
  • えっちアニメーション 12回
  • バックログからのシーンジャンプあり

f:id:isyky2858:20190210213629j:plain

 

目次

 

 

〇概要

負け組主人公が、かつていじめられていたやつらから妻を寝取って復讐しようとするお話。

f:id:isyky2858:20190210234109p:plain

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20190210230407j:plain

f:id:isyky2858:20190210232320p:plain

1キャラ、だいたい5回くらいある。すべて破き。色はベージュっぽかったり黒ぽかったり。志乃さんかわいいからパンストキャラでほんとよかった

 

 

〇よかった点

1)寝取る過程

本作の主人公はかなり慎重であって、寝取りを実行に移す前に盗聴器を仕掛けて十分に情報収集してつけ入る隙をみつけようとしたり、基本的に初対面の人妻たちと自然と距離を縮めるために、早朝ランニングに付き合ったり、資格の勉強を教えてもらったり、子供と遊んだり、愚痴を聴いたり、バレーの試合の応援にいったりというように、かなりマメな努力をして印象が良い。外堀を固めるのが上手い

f:id:isyky2858:20190210233644j:plain

f:id:isyky2858:20190210233914j:plain

そうやって人妻と仲良くなって味方になりつつ、基本的に無理やり犯すことはしないで、あくまで綿密な情報収集による弱点を突くことで合意に持っていく過程が上手い。寝取るためにひたすら押すのではなく、いったん引く勇気のある主人公はなかなかいないと思う。

f:id:isyky2858:20190210233800j:plain

いきなり強姦まがいのことをして女さんが感じてすぐ堕ちる展開はない。ちゃんと堕ちる過程を楽しめる作品になっている。

 

2)人妻の葛藤

ヒロイン視点の描写がわりとあり、主人公と肉体関係を持ってしまったことで「女」が目覚めてしまったことと、夫を愛する「妻」でありたいことで葛藤する描写が良い。徐々に「女」になっていく様子がいい。

f:id:isyky2858:20190210225943j:plain

志乃さんは人妻なのに初々しくてかわいい

f:id:isyky2858:20190210230203j:plain

どのヒロインの夫も多かれ少なかれどこかに問題があって、それに関して妻が悩んでいる構図を見ると結婚生活を続けていくことは大変だと実感させられる。

 

3)機能が充実してる

シーンジャンプ・立ち絵鑑賞モード・えっちアニメーション素晴らしい。

 

4)ハーレムエンド

人妻ヒロイン3人お尻並べたり横1列に並んで股開いたりは至高。しかもマタニティ状態であるからスゴイ。

f:id:isyky2858:20190210232733p:plain

 

5)ヒロインの夫にえっちを見せつけて寝取ったダメージを与える場面

完全にヒロインを夫から奪うルートにおいて、夫にヒロインとえっちしているところを見せつけてショックを与えようとするシーンがある。夫の前でわざと結婚指輪を外して主人公とえっちするシーンで寝取り興奮が高まりまくった絶望に染まる夫をあざ笑うのが快感すぎる

f:id:isyky2858:20190210233136p:plain

 

6)キャラのギャップによるエロエロ

志乃は普段は知的で理性的で、咲弥は普段は清楚な感じだけど、「女」に目覚めると超エロエロに淫れて喘ぐ。このギャップがエロさを上げる。真琴はクソ。

f:id:isyky2858:20190210233204p:plain

 

7)心理戦

志乃ルートと咲弥ルートで顕著に表れる。

  • どのタイミングでヒロインに手を出すべきなのか
  • どのタイミングでヒロインからいったん手を引くべきなのか
  • どの程度強引にいっても許容されるのか
  • 夫の仕掛けた罠ではないのか

ヒロインの様子や周りの状況から主人公はそれらを必死に考え判断しようとする。そういった主人公の葛藤描写が上手で、寝取る緊張感を味わえる

f:id:isyky2858:20190210233446j:plain

強引に行き過ぎたり、アプローチが足りなかったり、焦りすぎて目の前の誘惑に負けてしまったりするとバッドエンドになる。

f:id:isyky2858:20190210234024j:plain

 

 

〇よくなかった点

1)複数原画による弊害

おそらく一人の原画家さんがそれぞれ独立して一枚のハーレムCGを担当したのだろう、ハーレムCGによってキャラの顔が変わってしまっている。もはや別人なんじゃね。

f:id:isyky2858:20190210232521p:plain

f:id:isyky2858:20190210232543p:plain

原画家によってこうも変わるもんなんか…

 

2)真琴ルート

明らかに他2人のルートに劣る、圧倒的に劣る。2つあるエンドの両方で主人公はヒロイン寝取りきれていな。ヒロインの葛藤が少なく、最初からヒロインがえっちに積極的すぎで堕ちる過程が面白くない。そして、しまいには夫も主人公もどっちも愛しているから選べないとか言い出すヒロイン。人妻ではないんじゃねと焦るほどの倫理観である。

f:id:isyky2858:20190210233032j:plain

さらに夫も寝取らせ性癖に目覚めたとか言い出して、これ寝取り作品じゃなかったのかと裏切られた気持ちに。寝取らせ性癖の夫から寝取ってもそれ復讐になってないやん

f:id:isyky2858:20190210232818p:plain

寝取らせはクソなんだって…

本当にこの作品の足を引っ張りまくっているクソルート。これがなければ満足度★★★★★だったのに。

 

3)CGの使いまわし

ミドルプライスだから仕方ないけど。

 

 

〇総評

かなり気合の入っているコスパの良いミドルプライス作品。寝取られ作品ばっかり増えるなかで、これだけ質の高い寝取りゲ―があってうれしい。

絵がTHE人妻っぽく癖があるけど、絵が好みならば寝取りモノとしてやる価値は十分にある。中古価格4000円するだけはある。

f:id:isyky2858:20190210233529p:plain

寝バックくっそエロい