ユーキャンの憂鬱

ユーキャンの憂鬱

えっちげーむ紹介と感想。CGバレいやな人は回れ右で。

【麻呂の患者はガテン系1】感想&紹介 _ドクターハラスメントと寝取りが楽しくて仕方がない

  • プレイ時間 5時間
  • ジャンル  抜きゲ―???
  • エロ度   ★★★★★
  • 満足度   ★★★★★
  • えっち回想 6回(大きく分けて。うち本番2回)
  • Hアニメーション すべてのえっちシーンで
  • バックログからのシーンジャンプあり
  • 攻略キャラ 1人

f:id:isyky2858:20181214230808j:plain

タイトル画面

 

目次

 

 

〇概要

 気楽な人生と自らを慰めながら、酒と孤独と巨乳を愛し続けてきた、彦麻呂、45歳、独身、闇医者。そんな主人公が初めて(人妻に)恋をするお話。

f:id:isyky2858:20181215001546j:plain

 

 

〇よかった点

1)徐々にヒロインに侵食していくエロ

 本作は、大きく分けて3部に分かれている。序盤はヒロインへのドクターハラスメント、中盤ではヒロインによる通い妻看病生活、終盤で主人公による夜這いが描かれている。

 よくある過程を度外視した抜きゲ―とは異なり、本作は非常に過程を大事にしている。出会ってすぐにヒロインと交わるようなことはない。

f:id:isyky2858:20181215002831j:plain

 序盤のドクターハラスメントでは、主人公は医療行為と託けてヒロインにえっちなことをしていく。はじめは言葉攻めから、ヒロインを侵食していく。しかし、あまりに過激に攻めすぎると、ヒロインに怪しまれて、バッドエンドとなる。言葉や心理を巧みに利用しながら、ギリギリのところを攻めて、ヒロインを辱めるという過程に、私は非常に興奮した

f:id:isyky2858:20181215002650j:plain

 ヒロインへのドクハラが進行していくにしたがって、ヒロインとの信頼関係が形成され、行為は過激化していく。胸もんだりとかマ〇コいじったりとか。

f:id:isyky2858:20181215002725j:plain

f:id:isyky2858:20181215002744j:plain

f:id:isyky2858:20181215002746j:plain
 徐々にエロがレベルアップしていくことで、最後の夜這いにおける本番シーンのエロさが爆発する。素晴らしいの一言に尽きる。

f:id:isyky2858:20181215003132j:plain

 

2)寝取りシチュ

 前作にあたる「ボクの彼女はガテン系」では、プレイヤーは基本的に夫目線であり、寝取られ側だった。しかし、本作では、プレイヤーは寝取り側固定となる。ヒロインの夫の名前が「まーくん」だったり、ヒロインの名前が「咲美」だったりと、明らかに前作を意識している。「ボクの彼女がガテン系」をプレイしたときからずっと「これ寝取り側視点でやったら楽しいだろうなぁ」と思ってた私は歓喜である。

f:id:isyky2858:20181215004434j:plain

 寝取りの内容に関しては、まだ1ということもあって、ヒロインを完全に寝取れたわけではないが、シチュエーションとしては十分満足できるものだろう

夫が知らないけど、主人公とヒロインだけが知っていることがあって、そのことに困惑する夫夫の目の前で、ヒロイン公認のもと、胸をもみまくるシチュエーション。素晴らしい優越感に浸れること間違いなし。

f:id:isyky2858:20181215003002j:plain

 

3)中盤の、心温まるヒロイン通い妻看病生活

 抜きゲ―とは思えないほどの温かい日常が描かれた中盤パート。主人公がヒロインの温かさに触れ、ヒロインへの恋を自覚する部分である。

f:id:isyky2858:20181215003314j:plain

主人公が、ヒロインの魅力にますます惹かれていく様子と、お互いが自覚してないけどいい雰囲気になり始める様子がグッド

f:id:isyky2858:20181215003249j:plain

f:id:isyky2858:20181215003345j:plain

 ヒロインが人妻じゃなければ、たぶん何の問題もなく主人公とヒロインは結ばれたんだろうなぁと感慨深くなる。人妻じゃなければ、寝取りにならないんだけどね。

 

4)クオリティが高すぎるアニメーション

 割とえっちシーンがアニメーションするタイプの作品をあさってきたけど、その中でもトップクラスのクオリティ。こんなにえっちな絵で、ぬるぬる動くなんて、エロアニメには表現できない領域だろう

f:id:isyky2858:20181215003427j:plain

f:id:isyky2858:20181215003551j:plain

 

5)読みやすいテキスト 

 堅苦しい状況説明が非常に少なく、各文が短め、さらに基本は会話文で話を進めるから、非常に手軽。抜きゲ―はこうあるべき。

 

 

〇よくなかった点

1)主人公のキャラ

 なぜおじゃる系???ふつうの性格でいいのでは。それとも何か意味があるのだろうか。実際のところ、主人公の顔としゃべり方から、やっていることは寝取りという最低の行為なのに、まったくヤバいことという実感がなく、すべてがギャグにさえ思えてくる。これがいいのかわるいのか、よくわからない。前作「ボクの彼女はガテン系」がシリアスすぎたから、少しギャグ要素を入れたかったのかもしれない

f:id:isyky2858:20181215003646j:plain

f:id:isyky2858:20181215003808j:plain

いと犯しぃ…これは笑う

 

2)選択肢が多い

 いつものelfといえるけど、やっぱ多いかな。自力攻略はめんどくさそう。素直に攻略サイト見ましょう。

 

3)DMMGAMEPLAYERS

 本作はダウンロード販売のみ。しかも、DMMGAMEPLAYERSとかいうアプリケーションをインストールしなければならない。これが本当に手間。起動まで時間かかりすぎ。 

 

 

 

〇総評

 えっちシーンだけでなく、普通の会話も、すべてが楽しくて仕方がなかった、個人的にドストライクな作品。前作「ボクの彼女はガテン系」ばかり評価されてるけど、私はたぶんこっちの方が好きになりそう。シリーズの第1作目だから、まだなんとも言えないけど。1作目やったらたぶん続きが気になって仕方なくなるでしょう。

f:id:isyky2858:20181215003908j:plain

 ただ、寝取られでも、寝取られでもなく、寝取り好き向けだということを忘れないように

f:id:isyky2858:20181215004035j:plain

個人的にとてもとても気に入ったCG

 

【愛する妻、真理子の不倫報告】感想&紹介 _真理子さんは男をもてあそぶ悪い女だね

  • プレイ時間 2時間
  • ジャンル  抜きゲー
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 8回
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20181202133600j:plain

タイトル画面

目次 

 

 

〇概要

夫とのセックスにマンネリを感じ始めた真理子さんが、夫の寝取られ属性に気づき、それを利用して、自身も不倫セックスを楽しんじゃうお話。

f:id:isyky2858:20181202142830j:plain

自由な真理子さん

 

〇よかった点

1)原画ジェントル佐々木

 本作は絵師買いした。期待に十分応えてくれるえっちな絵で、それだけでもう自分は満足できた。全裸えっちよりも着衣えっち派の自分でも、この人の絵なら全裸えっちのほうがいいと思える。ただ、この人の絵って、若干肌が白すぎてなにか病気を患っているんじゃないかなと心配しちゃうことがある。

f:id:isyky2858:20181202144756j:plain

f:id:isyky2858:20181202144824j:plain

 

2)仰け反り

 真理子さんが不倫セックス時に、イキまくって仰け反る場面が何回かあり、それが大変ドストライクだった。いいぞもっとやれ。

f:id:isyky2858:20181202144840j:plain

f:id:isyky2858:20181202144838j:plain

 

3)タイトル画面でのBGM

 重厚でダークな感じが好き。

 

4)えっち最中の脚だけ見えるCG

 見えない分、大変えっちだった。こういうのもありだな。

f:id:isyky2858:20181202143409j:plain

脚だけでえっちを表現

 

 

〇よくなかった点

1)本当に主人公は寝取らせたかったのか

 真理子さんは公認不倫セックスを楽しみながら、夫のことは変わらず『パートナー』として愛しているようだ。『パートナー』は恋人でもなければ愛人でもない。一緒に暮らしていく同居人みたいなもんだと思う。

f:id:isyky2858:20181202143710j:plain

 近すぎて長い人間関係ってどうしても飽きてくる。それは真理子さんも主人公も然り。何かしらの外部の刺激が欲しくなる。それが、本作では真理子の公認不倫になる。不倫することで、真理子さんは心がドキドキするえっちを楽しめるし、主人公は、えっちに淫れる真理子さんの姿を見てリビドーを得られるという形式的にはwinwinの関係になる

f:id:isyky2858:20181202143650j:plain

 ただ、この公認不倫を持ち掛けたのは真理子さんである点がちょっと気に入らなかった。主人公は、公認不倫中も終始真理子さんを他の男に抱かせていいのかどうかぶれまくりだったし、もし完全に主人公に寝取らせ属性があるなら、主人公のほうから公認不倫の話を持ち掛けるべきなのだ。

f:id:isyky2858:20181202143753j:plain

 よって、おそらく主人公は本当は寝取らせたいわけじゃないできることなら、自分のち〇こで真理子さんをえっちに淫らせたいと思ってるはずだが、長年一緒にいすぎているせいで、感覚がマヒしてしまっているし、自分のち〇こは標準よりも小さいこともあって、それは叶わない。そのタイミングで持ち掛けられた真理子さんの不倫報告。これにより、主人公に最初から選択肢などなく、真理子さんの不倫を半ば強制的に認めるしかないのだ。

f:id:isyky2858:20181202143843j:plain

 さらに、真理子さんは余裕で主人公との不倫時の約束を破るし、平気で主人公に嘘もつく。これはwinwinの関係なんかではない。真理子さんwin、主人公loseの明確な上下関係だ。ここにすごい違和感を持った。事後報告っていう点がもうあざとい

f:id:isyky2858:20181202143903j:plain

 

2)えっちシーンが早すぎる

 もっとゆったりじっくりえっちシーンは描いてほしい。いきなりヤってる最中に飛ばないで。愛撫からしっかりやってくれ。せっかくのえっちな絵がもったいない。

 

3)心まで堕ちてしまうエンドがあってもよかったのでは

 主人公が捨てられて真理子さんが不倫相手のもとにいってもいいわ。むしろいってくれ。本作のトゥルーエンド的には、真理子さんは不倫を続けることになるが、すると今度は夫が公認しているということを知らない不倫側の竿キャラがかわいそうになってくる

f:id:isyky2858:20181202144152j:plain

 不倫側の竿キャラは、真理子さんに本気で恋しているらしいし、既婚済と知っているとはいえ、いつかは寝取ってやると本気で思っているかもしれない。けれど、真理子さん的には刺激的なえっちができればそれで満足であり、不倫側竿キャラだって、年月を長くすれば、いつかはマンネリ化する。そうしたときどうするか?決まっている、真理子さんは不倫側竿キャラをふって、また別の竿キャラを見つけて不倫するだろう。男を終始もてあそんでるだけの悪い女だね真理子さんは。えっちだからいいけど。

f:id:isyky2858:20181202144043j:plain

 

 

〇総評

 なんとも抜きにくい抜きゲー、というかたぶん抜かせる気がない抜きゲ―ジェントル佐々木さんの絵が一番の魅力。不倫側竿キャラに感情移入したほうが楽しい(これは好みの問題)。寝取らせはよくわかんねぇや。あと謎の眼鏡のこだわりはなんだろうか。

f:id:isyky2858:20181202144226j:plain

売れたらいいね

 

【緋奈沢智花の絶対女王政】感想&紹介 _カレシ兼ドレイに逆調教されるシチュエーションが自然と心地よい

  • プレイ時間 6時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★★(かなりマニアック)
  • 満足度   ★★★★
  • えっち回想 21回
  • 攻略キャラ 1人
  • Hアニメーション 3回
  • バックログからのシーンジャンプなし
  • 選択肢なし

f:id:isyky2858:20181201144041j:plain

 

目次 

 

 

 

〇概要

主人公がドSのヒロインに『カレシ兼ドレイ』に逆調教されて、最終的に『旦那兼ドレイ』になるお話。

f:id:isyky2858:20181201144705j:plain

 

 

〇パンスト

f:id:isyky2858:20181201145112j:plain

f:id:isyky2858:20181201145131p:plain

脱帽の素晴らしさ。破きが多め。しょっぱからいきなりパンスト越しの足をなめろ、だもんなぁ強烈(*'ω'*)

 

 

〇よかった点

1)期待にしっかり応えてくれる完成度

 以下のようなことがパッケージの表紙に書いてある。

人気絵師ばん!が描き、人気声優未来羽がメインCVを演じる「女の子に逆調教されちゃうAVG」!!

本作はまさにこれ。原画はすごいむちむちえっちだし、声優さんの演技もキャラクターの造形とマッチしていて非常にえっちだった。途中でヒロインと主人公の関係が逆転する、なんて展開もなく、基本的にヒロインが上、主人公が下、という明確な上下関係?主従関係?を最後まで貫きとおした姿勢が評価できる。たまに関係が逆転しちゃうタイプあるんだよなぁ

 あと、公式HPに書いてあるようなセールスポイントも本当にそのままだった。

f:id:isyky2858:20181202020258j:plain

 

2)一つの愛のカタチ

 逆調教という私的にはあまり目にしないマニアックなジャンルだと捉えている。ドSヒロインがボンテ―ジきて、主人公は全裸で縛られて、鞭でぴしぴしされちゃうみたいなことをパッケージ表紙から想像してたけど、実際は違う。

 ヒロインは、あくまで愛情表現のカタチとして主人公にS的プレイをするのであって、そこにはしっかり愛がある。形式だけのSM関係ではない。だからそこまでひどいことはしない。『奴隷』ではなく、『ドレイ』なのだ

f:id:isyky2858:20181201160402j:plain

 本作の主人公とヒロインは、大多数のカップルがするようないちゃいちゃの代わりに、ヒロインは主人公に愛のあるいじりをして、主人公がそのいじりを積極的に受ける。このSとMのいじり関係が、この2人にとってのいちゃいちゃなのだ

f:id:isyky2858:20181202020402j:plain

 逆にいえば、いじり関係なしに、この2人が愛を育めることはないということになる。だから、主人公とヒロインのSとMの上下関係が逆転することは起こらない。もし起こってしまったら、それは愛情表現ではない、ただの記号的なSM関係にすぎなくなり、そこに愛は育まれない。彼氏彼女らは、記号的SMプレイをしているわけではなく、愛情を育むSMプレイをしているのだ。だからなのか、本作の逆調教はとにかくプレイしていて心地が良かった。陰毛剃られたことも、射精管理されたことも、全て。

f:id:isyky2858:20181202020510j:plain

 ガチのMプレイを望んでいるような人からしたらぬるく感じるかもしれないが、比較的ニュートラルなひとでも楽しめてよいと思う。

f:id:isyky2858:20181201160424j:plain

 

3)えっちシーンの語彙力

 具体的にあげると、

  • 私の赤ちゃん部屋で、あなたの精子の大行列が出来てるわ。さっそく秒刻みで受精抽選会しているみたい。
  • スケベオタマジャクシの赤ちゃんが、ウヨウヨぐるぐる泳いでくるぅっ。ちゃんと一直線にスイスイ泳いで私を孕ませなさいっ。
  • チ〇カスはもともと腐ったチーズ味だけど、今回は腐ったチ〇カス味ね。チ〇カス放置し過ぎてチ〇カス発酵されているもの。

なんというか、読んでいて笑ってしまった。よくこんな語彙を引き出せるなぁ 

 

4)魅力的なサブキャラ

 ローミドルプライスとは思えないほど、キャラづくりが熱心だと感じた。1キャラしか攻略できないのが本当に残念で仕方がない。特に保健の先生。立ち絵がえっちすぎる

f:id:isyky2858:20181201160555j:plain

 

5)えっちシーンのバリエーション

 主人公がMでヒロインがSだからこそできる、比較的穏やかなSMプレイが目白押し。印象的だったのは、浣腸プレイ・あ〇るバイブ・貞操帯の3つ。特に貞操帯は、貞操帯つけたまま挿入してきやがったから本当に驚いた。そんなことできたんかと。もちろん普通っぽいシチュエーションも半分くらいはある。

f:id:isyky2858:20181202020600j:plain

 また、『カレシ兼ドレイ』から『旦那兼ドレイ』になってからの赤ちゃんプレイやウエディングドレスプレイも最高だった。

f:id:isyky2858:20181202020626j:plain

f:id:isyky2858:20181202020653j:plain

 

6)主人公の成長度合い

  抜きゲでありながら、えっちシーン以外の場面も丁寧に描いている本作。初期段階の主人公は、高校生でありながら精通すらしていない。そこから始まって、ヒロインに逆調教されつつ、生徒会のメンバーとなり、ヒロインのそばにいながら、様々な経験をつんでいく。物語最終的には夫になるまでなる、という躍進ぷり。

 逆調教という普通ではないカタチではあるけど、ちゃんと恋をして人として成長していく主人公の姿はよかった。

f:id:isyky2858:20181202021056j:plain

ちょっと主人公の態度が白々しい気がしなくもないけど。精通から描くことで、主人公が完全にヒロインに管理され、支配され、独占される様を表現したかったのかもしれない。 

 

 

 

〇よくなかった点

1)アニメーションで動作が重い

 ノートパソコンのスペックだと足りてないかもしれない。もうちょうアニメーションの数あるかと思ったけど、序盤にほとんど消費されちゃってがっかり。アニメーションのクオリティ自体はなかなか

 

2)チ〇カス描写が多すぎる

 少なくとも本編中で100回くらいはこのワードを聞いた気がする。そんなに拘りあるんだろうか?主人公が包茎オナ禁を命じられている以上、当然の帰結なのかもしれないけど。一応設定でオフにできる。最初に設定画面でチ〇カス描写をオフにするかを見たとき、てっきり自分のチ〇カスを食べさせられるのかと思ったけど、それは杞憂でよかった。

f:id:isyky2858:20181202021316j:plain

 

3)エッチシーンが割と少なめに感じる

 本作は『てにおは』みたいにエッチシーンの連続ということはなく、ちゃんと日常シーンも描かれている抜きゲである。エッチシーンで主人公の逆調教が進んでいく様子を見ながら、日常シーンでは、ヒロインがお金持ちのお嬢様おぼっちゃん学校を、『自主性』のある学校に変えていこうとする様子が展開される。この日常シーンがわりかし丁寧に描かれるため、えっちシーンのほうが少な目に感じてしまう

f:id:isyky2858:20181202021508j:plain

 日常シーンもそれなりに楽しいのだが、そういったタイプの抜きゲを求めている人には退屈に感じられるだろう。実際は、エッチシーンでの逆調教の成果が日常シーンでの主人公の態度に垣間見れる程度の位置づけだと感じた。読んでいて苦痛ではない

f:id:isyky2858:20181202021646j:plain

 

 

 

〇総評

期待通りのクオリティで大変満足だった作品。特に絵は本当に素晴らしい。これは勝てない。公式HPのセールスポイントみてビビっと来た人は100%楽しめる良作プレイしていて非常に心地よい逆調教モノだった。4500円でこのクオリティなら文句ないしむしろおつりがでるわ。

f:id:isyky2858:20181202021818j:plain

 

【痴漢電車 巨乳オトリ捜査官 ~狙われた熟れた肉体~】感想&紹介 _ガバガバのゆるゆるを楽しむ

  • プレイ時間 3時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 19回
  • 攻略キャラ 1人
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20181030234427p:plain

 

目次

 

 

 

〇概要

 オトリになって痴漢を捕まえようとするヒロインが、逆に痴漢師たちに捕まってえっちに開発されちゃうお話。

f:id:isyky2858:20181030234546j:plain

 

 

 

〇よかった点

1)監禁

 本作は、タイトルに「痴漢電車」と入っていることから、痴漢が中心なんだろうなと誰もが思ったことだろう。しかし、実際は全えっちシーンのうち、痴漢は半分以下しかない。ヒロインが痴漢されてるシーンよりも、監禁されてるシーンのほうが多く感じる。

f:id:isyky2858:20181030235344p:plain

 計算違いはあったものの、その監禁に関しては満足度がまずまず。ガチで監禁してくるような「夏ノ鎖」とは異なり、本作はライトな監禁を描いている。鉄格子の部屋・手足を縛られる・逆さ宙づりや三角木馬や蝋燭による拷問など、監禁モノとしての雰囲気はよかったと感じた。

f:id:isyky2858:20181030235408p:plain

 ただ、本作はとにかく展開がガバガバであり、ついでにヒロインもMですぐに感じるようなガバガバなため、監禁における悲しみや苦しさはいっさい感じられない

 すべてがネタで扱えるような軽さが本作の一番良い点かもしれない。

f:id:isyky2858:20181031000056j:plain

 

2)豚による獣姦プレイ

 ヒロインの調教の過程で、豚とのせっくすがある。この場面における、豚の性行為に関する詳しい説明が大変印象に残った。むしろこれしか覚えてないまである。

「これが豚のドリルチ〇ポだ。マ〇コに挿れたら大して動かさず、チ〇ポ自体を伸縮させてピストンする交尾をするんだぜ。」

「ドリルチ〇ポを思いっきり突き上げて卵子が待ってる子宮への侵入を試みる。」

「そして・・・人間の数ミリグラムの精液とは比べ物にならない量の精液を直接子宮に注ぎ込むんだ。」

350ミリリットルの缶ジュース。一発でこれ一本分、溜まってりゃ、それ以上射精するんだぜ?」

8分間かけてたっぷり・・・とな。」

「人間の一回の射精で放たれる健全な精子の量は約一億匹と言われているが・・・その440倍以上

「最後に射精したのはな、膠様物っていう精液だ。

「確実に子宮に精液を残留させる。つまり精液のフローバックを防ぐ術として・・・豚チ〇ポは引き抜くときに膠様精液を搾り出す。」

豚の性行為を知ろうなんて思う機会ないだろうなぁ

f:id:isyky2858:20181030234841j:plain

 

 

 

〇よくなかった点

1)痴漢描写がお粗末

 ヒロインの体質がMだからすぐに乱れて感じ始める。最初は「女の敵痴漢捕まえてやったぜ(`・ω・´)キリッ」みたいな感じだけど、あっさり「この痴漢、テクニックすごい!!アヘアヘ」みたいな感じに堕ちる。オトリ捜査官がMで処女とかただの人選ミスだろ。上司なに考えてんだ。

f:id:isyky2858:20181030235451p:plain

 痴漢って最初は服の上からお尻を、それで女側の反応を見ながらじわじわときわどい部分を責めていく緊張感やら過程やらを楽しむものだと思っていたけど、本作はそれがない。残念。

 

2)ヒロインの思考についていけない

 ヒロインがなぜか痴漢したとある男のことを好きになる描写がある。その男、立ち絵すらないしその後すぐに他の仲間に✖✖されちゃうようなモブである。ここまではまだいい(よくないけど)。その男の死亡後、ヒロインが本気で悲しむ描写があるのだ

f:id:isyky2858:20181030235708j:plain

 これには、ストーリーに大したこだわりがない抜きゲーマーさんみんなビックリ!!申し訳ないけど、もはやネタである

f:id:isyky2858:20181030235521p:plain

 

3)つっこみどころしかない

  • 痴漢側、もとい監禁する側で仲間割れ・連帯性がない
  • そのため、一回目の監禁からあっさりヒロインが逃亡→マヌケ???
  • ヒロインさん、お友達のところに逃げ込む→は???
  • ヒロインさん、お友達をたてにとられてあっさりまた捕まる→おい
  • お友達さん、何も悪いことしてないのにひたすらえっちなことをされて心が壊れちゃう→こんな人とお友達になっちゃダメ!!

なんかもう、うん。。。もはやすべてがネタである。

f:id:isyky2858:20181030235836j:plain

え、なんでこんな上から目線なの???

 

 

4)コンフィグ画面のアニメーションは???

アニメーションなんてどこにもなかったよ。

f:id:isyky2858:20181030235246j:plain

 

 

 

〇総評

 普段とは違うベクトルで楽しめた作品。絵と塗りが好みだったからそれで万事オーケー。ストーリーは退屈はしないという点ではよかった。強気な女性が屈服していくのはいいね。タイトルが痴漢電車じゃないほうがいいかと。

f:id:isyky2858:20181030235549j:plain

なんだこのエセ外人

【はらかつ! ~気になるあの子と子作りエッチ~】感想&紹介 _寝取りでも不倫でもない、何だかおかしいぞ、この空間。

  • プレイ時間 8時間
  • ジャンル  抜きゲ―
  • エロ度   ★★★★
  • 満足度   ★★★
  • えっち回想 51回
  • 攻略キャラ 6人
  • Hアニメーション 13回
  • ハーレムエンドあり
  • バックログからのシーンジャンプなし

f:id:isyky2858:20181022215146p:plain

 

目次

 

 

 

〇概要

 何らかの理由でこどもを欲しているヒロインたちのために、主人公が種馬になって妊娠させてあげようとするうちに、お互いに惹かれ合っていくお話。

f:id:isyky2858:20181022215312j:plain

 

 

 

〇よかった点

1)ちょっと変わった設定

 本作では、ヒロイン6人中4人が人妻であり、主人公はそれら人妻ヒロインズと中出しせっくすをする。合意の上で、なおかつ主人公とヒロインたちの間に愛がないとはいえ、この構図だけ見れば、不倫モノだったり寝取りモノとして本作は分類されるだろう。

f:id:isyky2858:20181022215448j:plain

 しかし、本作はなる不倫モノや寝取りモノとは異なり、一口に区別できない。なぜなら、ヒロインたちは、主人公との中出しせっくすを許容している(むしろ望んでいる)が、決して主人公のことが好きなわけではなく、あくまで愛している人は旦那さんだったり彼氏だったり婚約者だったりする。定番の不倫モノや寝取りモノならば、最初からヒロインたちが主人公との中出しせっくすに積極的なわけがない。

f:id:isyky2858:20181022215734j:plain

 また、主人公は、ヒロインたちを旦那さんから奪ってやろう、とか、家庭を壊してやろう、とか、そういったことは一切考えておらず、あくまで綺麗な人と中出しせっくすできればいいかな程度の消極的な態度を取っている。

f:id:isyky2858:20181022220009j:plain

 このように、ヒロインと主人公の関係に背徳感や暗い雰囲気を感じさせず、それぞれの態度が定番の寝取りモノや不倫モノとは一味違う点が本作最大の特徴である。

 

2)捨てヒロインなし

 サブキャラ2人を除くメイン4人は外れなし。それぞれよくすみわけできているし、特徴が表れている。

  • ゆかりさん→隣に住む人妻。とにかくTHE人妻を体現してる人。めちゃくちゃ優しいこんなん惚れてまうやん。

f:id:isyky2858:20181022221730j:plain

  • 美咲さん→ロリ容姿の人妻。ガードが堅いけど、無垢な感じがグッド。

f:id:isyky2858:20181022221819j:plain

  • 紀梨香さん→性格きっついけど、実はかなり義理堅くて優しく面倒見がいい。このギャップがたまらん

f:id:isyky2858:20181022221344j:plain

  • れんちゃん→唯一のJD。ゆるくてぽわぽわした感じがグッド。

f:id:isyky2858:20181022222007j:plain

 

3)なぜ子供が欲しいのか

 それぞれのヒロインごとに、主人公と中出しせっくすして子供をつくりたい事情は明確に分かれているけど、どのヒロインもこどもが欲しい真の理由は「一人だと寂しいから」と共通している点が面白いと思う。

f:id:isyky2858:20181022220546j:plain

 どのヒロインも夫なり彼氏なり婚約者なりがいる状況だが、ヒロインたちはことごとく男側から飽きられてほったらかしにされている。家に一人でいるのは寂しい。でも、別に夫や彼氏が嫌いになったわけではないから別れる気にはなれない。そこでこどもがほしいと思うわけよ。

f:id:isyky2858:20181022220231j:plain

f:id:isyky2858:20181022220640j:plain

f:id:isyky2858:20181022220723j:plain

 こどもができれば、夫や彼氏が構ってくれなくても、こどもを構ってればいい。自分の遺伝子を継いだ子はさぞかしかわいいでしょう。きっと本作のヒロインたちはみなそう思ったのだろう。

f:id:isyky2858:20181022220811j:plain

 以上の理由により、本作のヒロインたちが、夫や彼氏ではない人の遺伝子をついだこどもでも嫌悪しないで驚くほど素直受け入れている、なんだかおかしい空間を形成出来ている。

 

4)ヒロインと主人公がお互いに惹かれ合っていく様子

 1)で言及したとおり、主人公はあくまで綺麗な女性と中出しせっくすできるからラッキー程度に思っていて、ヒロイン側は、妊娠させてくれればあとはどうでもいいと思っている。ここから、ヒロインと主人公が身体と時間を重ねるごとに、お互いに気持ちが少しずつ変わっていく

f:id:isyky2858:20181022220858j:plain

 3)で言及したとおり、ヒロインたちは子供が欲しいという気持ちよりも、あくまで「寂しい」という気持ちが非常に強いため、「かわいい」「綺麗」と言ってくれたり、自分の興味のあることに関心をもって構ってくれる主人公のことに惹かれていくことはうなづける。

f:id:isyky2858:20181022220936j:plain

 また、主人公は、ぼろいアパートに一人暮らし自炊もせずに毎日会社と家を往復するだけという味気ない生活をおくっていたため、身近に綺麗な女性ができて、食事を作ってくれたりお出かけしたりして優しくされれば、そりゃヒロインに惹かれるわ

f:id:isyky2858:20181022220037j:plain

 そんな過程を経て、お互いの気持ちがぶつかり合い、ヒロインから想いを告げられるシーンはくるものがあった。初々しんだよね。人妻なのに。

 

5)Hシーンにアニメーション

 クオリティはそこそこ。なめらかとはいかず、若干カクカクするけど、量は大したもの。

f:id:isyky2858:20181022221220p:plain

f:id:isyky2858:20181022221238p:plain

f:id:isyky2858:20181022221241p:plain

 

〇よくなかった点

1)BVGなし

 2016年の抜きゲ―でこれはヤバい。

 

2)CGにおける主人公の透明化

 黒い影で主人公が表現されて、透過してる分、ヒロインたちの身体が全体よく見える点は良い。ただ、ち〇こまで透過させたからシコリティ下がった

f:id:isyky2858:20181022221159j:plain

 

3)美咲さんルート

 この人の個別ルートだけ、主人公がヒロインを脅してせっくすを迫。強引さがなくあくまで合意の点が本作のいい点なのに。エンド一個しかないしメインヒロインの中で不遇扱いは納得いかない。

f:id:isyky2858:20181022221141j:plain

 

4)修羅場シーンを描いてほしかった

 最終的にヒロインたちと主人公は、身体だけの関係を続けるか、離婚までいくかの2択を迎える。そのうち、離婚ルートは、夫に主人公とヒロインのことをばらす肝心のシーンが省かれ、全て後日談として語られる分、盛り上がりに欠けた。この部分をしっかり描いてくれたら満足度★★★★になれた。

f:id:isyky2858:20181022221051j:plain

 

 

 

〇総評

 設定にセンスを感じるが、もうひと頑張りほしかった作品。えっちシーンの詰め合わせだろうな程度に思ってたから、割と面白い設定&しっかりしたキャラづくりで、想像以上に楽しめた。「孕ませる」「中出し」「種付け」「妊娠」あたりのワードが好きなひとは合いそう。外出しという概念がほぼない。